ハンブルク大学

ドイツの大学

ハンブルク大学英語: University of Hamburg、公用語表記: Universität Hamburg)は、ハンブルクに本部を置くドイツ国立大学1613年創立、1919年大学設置。

ハンブルク大学
ハンブルク大学の印章
大学設置 1919年
創立 1613年
学校種別 国立
設置者 ヴィルヘルム・シュテルン
本部所在地 ハンブルク
学生数 43,957
キャンパス ロッターバウム
ウェブサイト http://www.uni-hamburg.de
テンプレートを表示

2021年時点で、ドイツ研究振興協会の研究助成プログラム「エクセレンス・イニシアチブ」により、ドイツにおける「エクセレンス大学(Exzellente Universitäten)」と呼ばれるエリート大学の1つに指定されている。

沿革 編集

1919年4月1日ヴィルヘルム・シュテルンらによって設立された。元々はハンブルク市長ヴェルナー・フォン・メレがハンブルクの既存の教育機関を大学に統合したのがその始まりである。1907年にハンブルク科学財団が設立された。大学の本館は1911年、ハンブルクの資産家エドマンド・ジーメルにより建設、寄贈された。現在、本館には人文科学部(学部長室、歴史学研究所、アジア・アフリカ学研究所など)がある。

第一次世界大戦後、1919年にヴェルナー・フォン・メレが市長、大学学長に選出され、ハンブルク大学に関する暫定的な法律が可決された。正教授の数は19人から39人に増え、州立研究所、植民地研究所などが大学として統合された。ハンブルク市内のエッペンドルフ総合病院は、1934年に大学病院となった。第二次世界大戦前はナチスの台頭によって支配され、ユダヤ系だったシュテルンら創業者はオランダに逃れ、アメリカ合衆国に移住した。現在、ハンブルク大学は40,000人の学生と共に、北ドイツ最大の学術機関となっている。

国際的評価 編集

※2021年時点

学部 編集

ハンブルクの中心部であるローターバウムRotherbaum)にキャンパスがある。8学部あわせて27の学科と研究センターを持つ。

  • 法学部
    • 公法
    • 刑法・犯罪学
    • 市民法
  • ビジネス・経済・社会科学部
    • 社会科学
    • 経済学
    • 社会経済学
  • 医学部
  • 教育科学・心理学・スポーツ科学部
    • 一般・多文化・国際比較教育学
    • 初等中等教育・社会教育・特別支援教育学、教育指導向け心理学
    • 専門教育学、生涯学習
    • 言語・美的分野教育学
    • 社会科学、数学、自然科学教育学
  • 人文科学部
    • プロテスタント神学
    • カトリック神学
    • 言語文学メディア学I
    • 言語文学メディア学II
    • 歴史学
    • 哲学
    • 文化芸術研究
    • アジアアフリカ学
  • 数学・情報科学・自然科学部
    • 生物学
    • 化学
    • 地球システム科学
    • 情報学
    • 数学
    • 物理学
  • 心理学部・人間運動学部
    • 心理学
    • 人間運動科学
  • 経営学部(ハンブルクビジネススクール)

関係者 編集

出身者 編集

教員その他 編集

外部リンク 編集

0