ハーディング・ブリッジ

バングラデシュ・パクシーのパドマ川に架かる鉄道橋

ハーディング・ブリッジベンガル語: হার্ডিঞ্জ ব্রিজ: Hardinge Bridge)は、バングラデシュ人民共和国西部のパブナ県英語版パクシー英語版にある、ガンジス川水系パドマ川英語版に架かる鋼製鉄道橋である。

ハーディング・ブリッジ
হার্ডিঞ্জ ব্রিজ
Hardinge Bridge
ハーディング・ブリッジ
基本情報
バングラデシュの旗 バングラデシュ
所在地 パクシー英語版 - Bheramara Upazila英語版
交差物件 パドマ川英語版
建設 1910 - 1912年
座標 北緯24度04分04秒
東経89度01分45秒
座標: 北緯24度04分04秒 東経89度01分45秒
構造諸元
形式 15径間トラス橋
材料
全長 1,798.32メートル (5,900 ft)
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

当橋梁は、1910年から1916年までのインド帝国(現・インド共和国副王であった、ハーディング卿にちなんで命名されている。 当橋梁の延長は、1.8キロメートル (1.1 mi)である[1]

建設編集

1910年からスルー・トラス橋の建設が開始されているが[1]、少なくとも20年前には架橋が計画されていた。 当橋梁は1912年に完成し[1]、列車運行のために1915年より供用開始されている[2]

歴史編集

 
建設中のハーディング・ブリッジ(1910年)

パドマ川に架かる鉄道橋の建設は、カルカッタ(現・コルカタ)、当時のベンガル東部英語版およびアッサム間でより楽な交流が行えるように、1889年にイースタン・ベンガル鉄道によって計画された。 1902年に、Sir FJE Springは当橋梁についての報告書を作成している。 技術委員会は、クルナからParbatipur Upazila英語版までの広軌鉄道において、パクシーとBheramara Upazila英語版間にある、流れの弱いガンジス川が横断しているサラで、当橋梁を建設することができると報告している。 当橋梁の建設は、1910年に起工し、2年後の1912年に竣工した[3]。 当橋梁は、15連の鋼製トラス桁から成っている。 主桁は、「小さい」型に変更されている。

運行上で最も困難な課題は、堤浸食を防ぐために、橋梁の下で永久に川を流れさせることであった。 このために、J・R・ベルにちなんで名付けられた「ベル=バンド[要リンク修正]」型の2つのガイド堤がいずれかの側に建設されており、当橋梁の上流が910メートル (3,000 ft)、下流が300メートル (1,000 ft)とそれぞれ拡張されている[2]。 川岸の端部は内側に湾曲しており、大量に石が積まれている[2]

ハーディング・ブリッジは、1971年バングラデシュの独立戦争時にひどく損傷を受けている[4]。 それが起きたのは、同年12月13日に、パクシー側から4連目の桁橋にインド空軍の飛行機が爆弾を落としたときである。 パキスタン陸軍[要リンク修正]が、ジョソール(彼らの最後の砦)に向かって後退していたため、ハーディング・ブリッジは戦略的に非常に重要であった。 同盟軍も当橋梁に損傷を与えている。 日本政府は、当橋梁の再建時に援助している。

当橋梁は、バングラデシュ人民共和国内で2番目に大きい鉄道橋である。 最近になって、ラロン・シャー橋英語版という名の別の道路橋が、ハーディング・ブリッジの下流側に建設されている。

ギャラリー編集

脚注編集

外部リンク編集