ハート形土偶

土偶 群馬県吾妻郡東吾妻町郷原出土(個人蔵、重要文化財)

ハート形土偶 (ハートがたどぐう)は、縄文時代に制作された人物土偶の一つ。顔面がハート形を呈することからこの通称がある。

目次

概要編集

縄文時代後期の前半の関東地方及び東北地方南部で多く造られた。ハート形の顔については、仮面をかぶった姿とも、顔そのものをデフォルメしたものとも考えられているが、いずれであるかは判明していない[1]

群馬県郷原出土土偶編集

縄文時代後期の作と思われる土偶。高さは約30.5cm。第二次世界大戦中の1941年群馬県吾妻郡岩島村(現在の東吾妻町)大字郷原で行われた国鉄長野原線郷原駅(現在のJR吾妻線郷原駅)建設工事に際し、調査を行ったところ発見された(郷原古墳)。戦後の1951年に公式発表され、一大センセーションを巻き起こした[要出典]

女性像であるといわれ、妊娠線産道が表現されている。ハート形の顔は考古学界のみならず美術界でも評価が高い。1965年重要文化財に指定されている。個人蔵で、東京国立博物館に寄託されている。1981年に発行された90円普通切手のデザインにもなった。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

  • 土偶 国指定文化財等データベース