バイアム・ショー

バイアム・ショーとして知られるジョン・バイアム・リストン・ショー(John Byam Liston Shaw、1872年11月13日 - 1919年1月26日)は、イギリス画家イラストレーターである。ラファエル前派のスタイルの作品を描いた。風景画家のレクス・ヴァイキャット・コールと共に、美術学校(Byam Shaw and Vicat Cole School of Art)を設立した。この学校はショーの没後も2003年にロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズに統合されるまでバイアム・ショー美術学校(Byam Shaw School of Art)として活動を続けた。

バイアム・ショー
Byam Shaw
Mr-Byam-Shaw-criticising-a-student-s-work-in-the-costume.jpg
着衣モデルを描く女子学生を指導するショー
生誕1872年11月13日
イギリス領インド帝国の旗 英領インドチェンナイ
死没1919年1月26日
イギリスの旗 イギリスロンドン
ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティの詩“The Blessed Damozel”(「天つ乙女」)をモチーフにしたショーの絵画

略歴編集

インドのチェンナイ(マドラス)で名門一族出身の植民地政府高官の息子に生まれた[1]。1878年に家族とイギリスに帰国した。芸術的才能を示し、15歳になった時に作品を見てもらった画家のジョン・エヴァレット・ミレーに勧められて、ロンドンの私立の美術学校、St John's Wood Art Schoolに入学した[2]。美術学校ではジェラルド・フェンウィック・メトカルフェ(Gerald Fenwick Metcalfe)やレクス・ヴァイキャット・コール(Rex Vicat Cole)といった画家たちと友人になり、後に結婚することになるエブリン・パイク=ノット(Evelyn Pyke-Nott)とも知り合った。1890年からはロイヤル・アカデミー・オブ・アーツの美術学校で学び、アミテージ賞を受賞した[3]。1899年にエブリン・パイク=ノットと結婚した[4]

ラファエル前派の影響を受けた作品を描き、ロセッティの詩などを題材に作品を描き[5] 、ロンドンの画廊で何度か個展を開いた[5]エドガー・アラン・ポーの小説や少年向けの書籍などの挿絵も描いた。1904年からキングス・カレッジ・ロンドンで絵を教え始め[3]、1910年に友人のレクス・ヴァイキャット・コールとともに美術学校(Byam Shaw and Vicat Cole School of Art)を設立した[6]。後にこの学校はバイアム・ショー美術学校(Byam Shaw School of Art)と呼ばれ、2003年にロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズに統合されるまで活動した。この学校では妻のエブリンや、友人の画家、イラストレーターのエリナー・フォーテスキュー=ブリックデイルも教えた[7]

第一次世界大戦中は芸術家の戦争協力部隊「Artists Rifles」に参加した。1919年にスペインかぜの流行の犠牲となり、46歳で没した[2]

作品編集

油絵編集

グラフィック・アート編集

脚注編集

  1. ^ The Art and Life of Byam Shaw by Rex Vicat Cole, Seeley Service and Co. Ltd, London, 1932
  2. ^ a b Shaw, Artmagick, オリジナルの28 October 2007時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20071028015418/http://www.artmagick.com/archive/artists/artist.aspx?artist=shaw# 2007年12月19日閲覧。 .
  3. ^ a b Tim Barringer (2000). 'Not a "modern" as the word is now understood'? Byam Shaw, imperialism and the poetics of professional society, in: David Peters Corbett, Lara Perry (eds.) English Art, 1860–1914: Modern Artists and Identity. Manchester University Press. ISBN 07190 55199
  4. ^ “Byam Shaw family”, OUP Art Encyclopedia, Answers, http://www.answers.com/topic/byam-shaw .
  5. ^ a b A Victorian Salon: Paintings from the Russell-Cotes Art Gallery and Museum. Russell-Cotes Art Gallery, Lundl Humphries. (1999). p. 84. ISBN 0-85331-748-8 
  6. ^ Byam Shaw School of Art, Central St Martins, オリジナルの18 December 2007時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20071218095257/http://courses.csm.arts.ac.uk/byamshaw/area.asp?area=1 .
  7. ^ Crozier, Gladys Beattie (1910), “Where To Study Art – The Byam Shaw and Vicat Cole School of Art”, Every Woman's Encyclopaedia, Chest of books, http://chestofbooks.com/food/household/Woman-Encyclopaedia-2/Where-To-Study-Art-The-Byam-Shaw-And-Vicat-Cole-School-Of-Art.html .

参考文献編集