バクテリア・ウォーズ

バクテリア・ウォーズ』(Osmosis Jones) は、ピーター・ファレリーボビー・ファレリーが監督を務めた、ワーナー・ブラザースによる2001年公開の長編アニメーション映画。後に『オジー&ドリックス』というタイトルでテレビアニメ化され、2002年から2004年まで放送された。

バクテリア・ウォーズ
Osmosis Jones
監督 ピーター・ファレリー
ボビー・ファレリー
脚本 マーク・ハイマン
製作 デニス・エドワーズ
ボビー・ファレリー
ピーター・ファレリー
ザック・ペン
ブラッドリー・トーマス
クリス・マッケイ
音楽 ランディ・エデルマン
主題歌 ブランディ・ノーウッド
ダイアン・ウォーレン
撮影 マーク・アーウィン
製作会社 ワーナー・ブラザース・アニメーション
ファレリー兄弟
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年8月10日
日本の旗 2002年12月5日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $70,000,000
興行収入 $14,000,000
テンプレートを表示

あらすじ編集

動物園に勤務するフランクは妻を失ってからだらしない生活を送り続けていた。娘のシェーンは身体に良いことは何もしない父親の世話をするものの、完全に呆れていた。

そんな彼の身体の内部、通称“フランク・シティ”と呼ばれる彼の体内には自堕落なフランクを容認する市長が町を仕切っており、凶暴な炭疽菌のスラックスが街全体を破壊へ追い込もうと計画していた。そんな町の悪性ウイルスを一掃しようと“フランク警察”は懸命に働いていた。

そこで働くはみ出し刑事の白血球、オスモシス・ジョーンズはフランクが飲んだ風邪薬ドリックスと力を合わせ、“フランク・シティ”を侵略するウィルス退治に立ち上がる。だが、スラックスを退治するには、市長を避け、助手リーの協力を求めねばならない。

キャスト編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集