バサースト島 (カナダ)

バサースト島(Bathurst Island)は、カナダクイーンエリザベス諸島にあるヌナブト準州に属する。面積は16,042km2無人島

バサースト島の衛星写真(写真中央)

西暦1000年頃の島は現在よりも暖かかったと考えられており、チューレ人が居住していた。1819年にイギリスの探検家ウィリアム・パリーがこの島を「発見」した。名前の由来は、当時イギリスの 戦争・植民地相 であった第3代バサースト伯爵ヘンリー・バサーストから[1]

バサースト島には1960年代から1970年代にかけて北磁極があった。北磁極は絶えず移動しており、2005年時点では北緯83度付近にあって北上を続けている。[2]

参考文献編集

  1. ^ Finlayson, Doug. "Bathurst Island". In James H. Marsh (ed.). The Canadian Encyclopedia. The Historica Dominion Institute. 2010年12月4日閲覧 不明な引数|month=が空白で指定されています。 (説明)
  2. ^ 京都大学大学院理学研究科附属地磁気世界資料解析センター

関連項目編集

外部リンク編集