メインメニューを開く
バサースト島の衛星写真(写真中央)

バサースト島(Bathurst Island)は、カナダクイーンエリザベス諸島にあるヌナブト準州に属する。面積は16,042km2無人島

西暦1000年頃の島は現在よりも暖かかったと考えられており、チューレ人が居住していた。1819年にイギリスの探検家ウィリアム・パリーがこの島を「発見」した。名前の由来は、当時イギリスの 戦争・植民地相 であった第3代バサースト伯爵ヘンリー・バサーストから[1]

バサースト島には1960年代から1970年代にかけて北磁極があった。北磁極は絶えず移動しており、2005年時点では北緯83度付近にあって北上を続けている。[2]

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集