バジュランギおじさんと、小さな迷子

バジュランギおじさんと、小さな迷子』(バジュランギおじさんと、ちいさなまいご、原題:Bajrangi Bhaijaan)は、2015年に公開されたインドドラマ映画英語版[5]。監督はカビール・カーン、脚本はK・V・ヴィジャエーンドラ・プラサード、プロデューサーはサルマン・カーンロックライン・ヴェンカテーシュ英語版が務め、サルマン・カーン、ハルシャーリー・マルホートラナワーズッディーン・シッディーキーカリーナ・カプール英語版が出演している。映画は9憶ルピーの製作費をかけて製作され、2014年11月から主要撮影が行われた。

バジュランギおじさんと、
小さな迷子
Bajrangi Bhaijaan
Salman, Kareena at Bajrangi trailer launch.jpg
予告編発表会見に出席するカリーナ・カプール、サルマン・カーン、カビール・カーン
監督 カビール・カーン
脚本 カビール・カーン
パルヴィーズ・シャイク
K・V・ヴィジャエーンドラ・プラサード
カウサル・ムニール英語版
原案 K・V・ヴィジャエーンドラ・プラサード
製作 ロックライン・ヴェンカテーシュ英語版
サルマン・カーン
カビール・カーン
出演者 サルマン・カーン
ハルシャーリー・マルホートラ
ナワーズッディーン・シッディーキー
カリーナ・カプール英語版
音楽 プリータム英語版
ジュリアス・パッキャム英語版
撮影 アセーム・ミシュラー英語版
編集 ラメーシュワル・S・バガト
製作会社 サルマン・カーン・フィルムズ英語版
カビール・カーン・フィルムズ
配給 インドの旗 エロス・インターナショナル英語版、ロックライン・プロダクション
日本の旗 SPACEBOX
公開 インドの旗 2015年7月17日
日本の旗 2019年1月18日
上映時間 159分[1]
製作国 インドの旗 インド
言語 ヒンディー語
ウルドゥー語[2]
製作費 ₹900,000,000[3]
興行収入 ₹9,181,800,000[4]
テンプレートを表示

映画は第63回ナショナル・フィルム・アワード英語版健全な娯楽を提供する最優秀大衆映画賞英語版を受賞した[6]第61回フィルムフェア賞英語版では最優秀脚色賞英語版を受賞し、最優秀作品賞英語版最優秀主演男優賞英語版にノミネートされた。中国の第5回豆瓣映画賞では最優秀外国語映画賞にノミネートされている[7]Rotten Tomatoesでは100%の支持率を記録している[8]

あらすじ編集

パキスタンのスルターンプリ村に住む少女シャヒーダーは生まれつき言葉を発することができず、村の長老の勧めでインドデリーニザームッディーン廟に参拝することになった。兵役経験があるためビザの取得が困難な父に代わり、母がシャヒーダーと共にデリーに向かい、娘が言葉を話せるように祈願する。その帰路、印パ国境検問所ワーガ付近で列車が停車中にシャヒーダーが列車を降りてしまい、動き出した列車に置き去りにされてしまう。シャヒーダーがいないことに気付いた母は娘を探そうとするが、列車はすでに国境を越えていたため探しに向かうことができなかった。一方、インドに取り残されたシャヒーダーは貨物列車に乗り込みハリヤーナー州クルクシェートラに辿り着き、そこでハヌマーンを信仰するインド人のパワンと出会う。パワンはクルクシェートラ警察にシャヒーダーを預けようとするが断られてしまい、彼女を連れて自身が暮らすデリーに向かう。

パワンは婚約者ラスィカーの自宅にシャヒーダーを住まわせて彼女の故郷を探そうとするが、ラスィカーの父ダーヤナンドは難色を示す。ダーヤナンドはラスィカーが縁談を反故にしてパワンと婚約したことを快く思っておらず、パワンに「半年の間に自分の力で家の購入費を稼ぐこと」を結婚の条件として提示しており、シャヒーダーの故郷探しよりも約束を優先するように迫っていた。ある日、街中ではぐれたシャヒーダーがモスクに入りサラートを行っている姿を目撃したパワンは、彼女がムスリムであることを知る。さらにクリケットのテレビ中継でシャヒーダーがパキスタン選手団を応援していたことから、彼女がパキスタン人であることが判明する。パキスタンを嫌悪するダーヤナンドは激怒し、シャヒーダーをパキスタン大使館経由でパキスタンに追い返すようにパワンに促すが、大使館は反パキスタン暴動の影響で閉鎖されてしまう。困り果てたパワンはダーヤナンドの知り合いの旅行代理店に助けを求め、シャヒーダーを預けて帰ろうとする。しかし、思い直して旅行代理店の男を追うと、彼はシャヒーダーを売春宿に売り飛ばそうとしており、激怒したパワンは男や売春宿の人間からシャヒーダーを取り戻し、自分の力で彼女を両親のもとに送り届けようと決意する。

パワンとシャヒーダーは事情を知った密入国業者ボー・アリや国境警備隊の協力でパキスタンに入国するが、途中で警察にスパイ容疑で逮捕されてしまう。警察署を脱走したパワンは、警察署にあったカレンダーの写真が故郷の場所だと示すシャヒーダーに促され、その場所を探そうとする。特ダネ目的で2人を追ってきたTVリポーターのナワーブも、事情を知って2人に協力を申し出る。途中、モスクで一夜を明かした3人は宗教学者アサドの協力で写真の場所を探し、シャヒーダーの故郷がアザド・カシミール付近らしいと聞かされる。アザド・カシミールに向かう途中、ナワーブは社長のシャムシェール・アリに自身が撮影した映像を放送してシャヒーダーの両親を探そうとするが、「話題性がない」という理由で拒否されてしまう。翌朝、ナワーブは2人が聖廟に巡礼に行っている間にYouTubeに映像をアップロードしてシャヒーダーの両親を探そうとする。彼がアップロードした映像にシャヒーダーの母が映り込んでいることを知ったパワンとナワーブは、彼女が乗っていたバスを見付け出し、シャヒーダーの故郷がスルターンプリであることを突き止める。しかし、途中で警察の検問に遭遇したため、パワンが囮になって警察を引き付け、ナワーブはシャヒーダーを連れてスルターンプリに到着し、彼女は母と再会する。

パワンは警察に逮捕され拷問を受けるが、ナワーブの映像を観た印パの人々は彼の釈放を求め、同時にクルクシェートラ警察の証言からパワンのスパイ容疑が事実無根であることが判明する。しかし、パキスタン当局はパワンをスパイと決め付け「自白」させるように命令する。警察幹部のハーミド・カーンは当局の命令に反発してパワンを釈放し、ナワーブに協力を依頼する。ナワーブは再び映像をアップロードし、両国の人々にパワンのインド帰国を訴えるため国境検問所に集まるように訴える。映像を見たラスィカー一家や他の人々は国境検問所に集結し、国境ゲートを開放してパワンを称える。ハーミドに連れられ国境検問所に到着したパワンはナワーブたちと別れを交わしてインド領内に向かうが、両親と共に来ていたシャヒーダーが人々を掻き分けフェンス越しに「mama(おじさん)」「Jai Shri Ram(ラーマ万歳)」と言葉を発する。パワンとシャヒーダーは互いに駆け寄り、パワンはシャヒーダーを抱きしめる。

キャスト編集

サルマン・カーン
ハルシャーリー・マルホートラ
ナワーズッディーン・シッディーキー
カリーナ・カプール

製作編集

撮影編集

2014年11月3日からニューデリー主要撮影が始まり、サルマン・カーンカリーナ・カプール英語版が参加した。次の撮影はNDスタジオ英語版で行われた後、ラージャスターン州マンダワ英語版でも行われた。2015年1月7日にサルマン・カーンがマンダワ砦で少年とクリケットをするシーンが撮影され[9]、10日にはジュンジュヌ県英語版で学生たちと撮影を行った[10]。撮影は5月20日に終了し、いくつかのシーンはサルマン・カーンの所有する農場で撮影された[11]。撮影はカシミール渓谷ソンマルグ英語版ゾージ・ラ英語版に似た場所でも行われ[12][13][14][15]、クライマックスシーンはソンマルグ近くのタージワース氷河で7,000人のエキストラを動員して撮影された[16][17][18]ナワーズッディーン・シッディーキーが演じたキャラクターはインダス・ニュース英語版チャーンド・ナワーブ英語版からインスピレーションを得ている[19][20][21][22]。脚本家のK・V・ヴィジャエーンドラ・プラサードによると、脚本は『Poovizhi Vasalile』からインスピレーションを得ているという[23][24]

音楽編集

作曲はプリータム英語版が担当し、マユール・プリ英語版アミターブ・バッタチャールヤ英語版ニーレシュ・ミスラ英語版サビール・アフメド英語版カウサル・ムニール英語版が作詞しており、サウンドトラックは11トラックで構成されている[25]。「Tu Jo Mila」はシドニーで収録し、スーパーヒットを記録した。映画に登場するカッワーリー「Bhardo Jholi Meri Ya Muhammad」はサビール兄弟英語版が歌ったものだが、アドナン・サミー英語版の声に修正されている。これに対し、兄弟の権利所有者であるEMIパキスタンとアムジャド・サブリ・クァワーリは製作会社に対して訴訟を起こしている[26][27]

公開編集

映画はイド・アル=フィトルの前日である2015年7月17日にインド4,500スクリーン、海外1,000スクリーンで公開された[28][29]。海外市場では50か国で公開されている[30]。10月6日には釜山国際映画祭で上映された[31]

2017年11月に『ダンガル きっと、つよくなる』の興行的成功を受けて中国での公開が決定し、12月に公開日が2018年となることが発表された[32][33]。中国では公開前の時点で映画批評サイト豆瓣英語版の平均評価が8.6/10、投票数が7万を超えていた[32][34][33]。同サイトでは2015年の海外映画ランキング第4位に選ばれている[35]。中国では「小萝莉的猴神大叔」のタイトルで140分のカット版が公開された[33][34]。同年1月、『ダンガル きっと、つよくなる』『シークレット・スーパースター』の興行的成功と口コミによる人気の高さから、映画が8,000スクリーンで公開されることが発表された[36]。2月6日に29都市で公開され、観客から高い評価を得た[37]。2月25日には限定上映も行われた[38]。同月27日のプレミア上映にはカビール・カーンとハルシャーリーが出席し、元宵節の3月2日に一般公開された[39][40]。日本では2019年1月18日に「バジュランギおじさんと、小さな迷子」のタイトルで公開される[41]

評価編集

興行収入編集

公開初週の興行収入は33憶3,000万ルピーを記録した[42]。公開31日の興行収入はインド42憶6,000万ルピー[43][44][45]、海外市場17憶9,200万ルピーとなった[43][46]。インド国内では興行収入10億ルピー及び20ルピーを達成した映画として『PK』『チェイス!』の記録を抜き、最短記録を更新した[47][48]。2015年8月にエロス・インターナショナル英語版は興行収入が50憶ルピー、国内純利益が30憶ルピーになったことを発表した[49][50]

観客動員数は5週間で3,520万人を記録し、『Gadar: Ek Prem Katha』『PK』『きっと、うまくいく』『チェイス!』『家族の四季 -愛すれど遠く離れて-』の記録を更新した[43][51][52]。公開第7週の興行収入は62憶6,000万ルピーとなった[53]。インド国内の興行収入は2015年8月時点で43憶3,000万ルピー、海外市場は2017年時点で3,090万ドルとなっている[54][55][56]。この時点では『PK』に次ぐ第2位の歴代興行成績を記録していた[57]。2018年2月27日時点の興行収入は62憶6,000万ルピーだった[58]。中国での公開22日後には興行収入が90憶ルピーを超え、『ダンガル きっと、つよくなる』『バーフバリ 王の凱旋』『シークレット・スーパースター』に次ぐ第4位の興行成績を記録した[59][60]。2018年3月30日時点では『シークレット・スーパースター』を抜き第3位となっている[61]

インド編集

 
第46回インド国際映画祭英語版に出席するカビール・カーン(右から2人目)

インド国内では公開1週間の興行収入が『PK』『Happy New Year』を抜いており、公開初日の興行収入は2憶7,000万ルピーを記録した[62]。公開2・3日目の興行収入は3憶5,000万ルピーを記録した[63]。公開初週の日曜日の興行収入は3憶8,500万ルピーとなり、公開初週末の累計興行収入は10憶500万ルピーを記録した[47][64]。映画は最初の月曜日に2憶5,500万ルピーの興行収入を記録しており[65][66]、火曜日2憶1,250万ルピー、水曜日2憶ルピー、木曜日1憶6,000万ルピーとなり公開第1週の累計興行収入は18憶3,520万ルピーを記録し、『PK』の記録を更新した[67]

公開2回目の金曜日の興行収入は1憶3,500万ルピーとなり[68][69][70]、土曜日2憶50万ルピー、日曜日2憶4,050万ルピーとなり、公開10日目の累計興行収入は24憶720万ルピーを記録した[71]。公開2回目の月曜日には1憶ルピーの興行収入を記録し、火曜日9,300万ルピー、水曜日9,100万ルピー、木曜日9,300万ルピーとなり、公開第2週の累計興行収入は27憶500万ルピーを記録した[72]。公開3回目の金曜日の興行収入は4,000万ルピーとなり、土曜日6,080万ルピー、日曜日9,080万ルピーを記録した。公開第3週の興行収入は2憶ルピーとなり、公開17日目の累計興行収入は29憶2,000万ルピーを記録し、『チェイス!』の記録を更新した[73]。公開第3週末の興行収入は7,500万ルピーを記録している[74]。公開19日目の累計興行収入は30憶600万ルピーとなり[75]、公開第3週の興行収入は3憶ルピーを記録した[76][77]。公開第4週末の興行収入は7,250万ルピーを記録している[78]

海外編集

 
第63回ナショナル・フィルム・アワード授賞式で健全な娯楽を提供する最優秀大衆映画賞を受賞するカビール・カーン(右から2人目)

公開初週末の興行収入は810万ドルを記録した[79][80]。北米では公開初週末の興行収入は245万ドルを記録した[81]。パキスタンでは公開3日間で4,500万ルピーを記録しており[82]、公開第1週の興行収入は6,000万ルピーを記録した[83][84][85]。公開10日目の海外累計興行収入は1,700万ドルを記録している[86][87]。公開第2週末の興行収入は2,000万ドルを記録し、公開17日目には2,350万ドルを記録している[88][89]湾岸諸国では『Happy New Year』『チェイス!』の記録を抜いて4憶7,900万ルピーの興行収入を記録しており[90]、同地域公開のサルマン・カーン主演映画としては最高額となる410万ドルの興行収入を記録している[90]。海外主要4市場では『PK』の興行記録を抜いている[91]。イギリスでは266万2,115ポンド、湾岸諸国では945万ドル、オーストラリアでは170万1,000ドルの興行収入を記録している[92][91]。北米では公開第6週末までの興行収入は818万ドルとなっており、最終的な興行収入は818万7,000ドルを記録した[91][93]。香港では2016年に136万4,088ドルの興行収入を記録しており[92]、2017年の海外累計興行収入は3,090万ドルとなっている[55][56]

中国では公開初日の興行収入は229万ドルを記録した[94]。この記録は中国で公開されたインド映画として『シークレット・スーパースター』(697万ドル)、『ヒンディー・ミディアム』(368万ドル)、『ダンガル きっと、つよくなる』(255万ドル)に次ぐ第4位の成績を収めた[95]。公開2日目の興行収入は311万ドルを記録した[96]。公開3日目の興行収入は313万ドルとなり[97]、公開初週末の興行収入は900万ドルに迫った[98]。この記録は『シークレット・スーパースター』『ダンガル きっと、つよくなる』に次ぐ第3位の成績となった[99]。映画の興行的成功は豆瓣やmaoyan.comでの好意的なレビュー(それぞれ8.6/10、9.7/10)などの口コミが挙げられている[99][100]。公開14日目の興行収入は113万ドルを記録し、中国でアーミル・カーン主演映画以外で初めて20憶ルピーの興行収入を記録したインド映画となった[59]。公開31日目には累計興行収入は4,800万ドルを記録した[59]。観客の割合は男性40%、女性60%であり、20-34歳の年齢層が中心だった[101]

受賞・ノミネート編集

映画賞 部門 対象 結果
第63回ナショナル・フィルム・アワード英語版 健全な娯楽を提供する最優秀大衆映画賞英語版[6] バジュランギおじさんと、小さな迷子 受賞
第61回フィルムフェア賞英語版 最優秀作品賞英語版 ノミネート
最優秀監督賞英語版 カビール・カーン
最優秀主演男優賞英語版 サルマン・カーン
最優秀脚色賞英語版 K・V・ヴィジャエーンドラ・プラサード 受賞
スターダスト・アワード英語版 ベストフィルム・オブ・ザ・イヤー バジュランギおじさんと、小さな迷子
ベストディレクター・オブ・ザ・イヤー カビール・カーン
最優秀子役賞 ハルシャーリー・マルホートラ
ビッグスター・エンターテインメント・アワード英語版 社会派部門エンターテインメント男優賞 サルマン・カーン
エンターテインメント監督賞 カビール・カーン
エンターテインメント子役賞 ハルシャーリー・マルホートラ
インド・テレビ・アワード英語版 Gary Binder Award for the Young Successful Director of the Year カビール・カーン
インド・テレビ・アカデミー賞英語版 最優秀大衆監督賞
最優秀子役賞 ハルシャーリー・マルホートラ
タイムズ・オブ・インディア映画賞英語版 最優秀作品賞 バジュランギおじさんと、小さな迷子
最優秀脚色賞 K・V・ヴィジャエーンドラ・プラサード
第17回国際インド映画アカデミー賞英語版 最優秀作品賞英語版 バジュランギおじさんと、小さな迷子
最優秀脚本賞英語版 カビール・カーン
プロデューサー・ギルド・フィルム・アワード英語版 最優秀作品賞 バジュランギおじさんと、小さな迷子
最優秀脚色賞 K・V・ヴィジャエーンドラ・プラサード
最優秀脚本賞 カビール・カーン
スター・スクリーン・アワード 最優秀作品賞 バジュランギおじさんと、小さな迷子
最優秀監督賞 カビール・カーン
最優秀助演男優賞 ナワーズッディーン・シッディーキー
最優秀脚色賞 K・V・ヴィジャエーンドラ・プラサード
最優秀子役賞 ハルシャーリー・マルホートラ
最優秀バックグラウンドスコア賞 ジュリアス・パッキャム
ジー・シネ・アワード 最優秀作品賞 バジュランギおじさんと、小さな迷子
最優秀主演男優賞 サルマン・カーン
最優秀コメディアン賞 ナワーズッディーン・シッディーキー
最優秀新人女優賞 ハルシャーリー・マルホートラ[102]
第8回ミルチ・ミュージック・アワード英語版 アップカミング男性ヴォーカリスト・オブ・ザ・イヤー ジュビン・ナウティヤル英語版(「Zindagi Kuch Toh Bata (Reprise)」)
最優秀音楽プロデューサー賞 ループ・マハンタ、ドゥルバジョーティ・プーカン英語版サニー・M・R英語版ニキール・ポール・ジョージ英語版(「Selfie Le Le Re」)[103] ノミネート
第6回豆瓣映画賞 最優秀外国語映画賞 バジュランギおじさんと、小さな迷子[7][35]

出典編集

  1. ^ BAJRANGI BHAIJAAN (12A) - British Board of Film Classification”. British Board of Film Classification. 2015年10月3日閲覧。
  2. ^ Shetty, Akshata (2015年6月18日). “Bajrangi Bhaijaan: Which poster of Salman Khan’s next is your favourite?” (英語). India.com. http://www.india.com/showbiz/bajrangi-bhaijaan-which-poster-of-salman-khans-next-is-your-favourite-427392/ 2018年2月8日閲覧。 
  3. ^ Mehta, Ankita. “'Bajrangi Bhaijaan' 31-Day Worldwide Box Office Collection: Salman Starrer Makes 252% Profit; Set to Take Net Total to Rs 500 Crore Mark”. 2018年10月28日閲覧。
  4. ^ Bajrangi Bhaijaan Box Office Collection”. Bollywood Hungama. 2019年1月14日閲覧。
  5. ^ Ahead of Bajrangi Bhaijaan, Salman Khan Reveals Hit Film 'Strategy'”. NDTV (2016年7月17日). 2018年10月26日閲覧。
  6. ^ a b “63rd National Film Awards” (PDF) (プレスリリース), Directorate of Film Festivals, (2016年3月28日), http://dff.nic.in/writereaddata/Winners_of_63rd_NFA_2015.pdf 2016年3月28日閲覧。 
  7. ^ a b 小萝莉的猴神大叔 Bajrangi Bhaijaan 获奖情况” (中国語). Douban. 2018年1月20日閲覧。
  8. ^ Bajrangi Bhaijaan” (英語). Rotten Tomatoes. 2018年3月5日閲覧。
  9. ^ “Salman Khan enjoys the view from Mandwa castle during 'Bajrangi Bhaijaan' shoot”. Deccan Chronicle. (2015年1月8日). http://www.deccanchronicle.com/150108/entertainment-bollywood/article/salman-khan-enjoys-view-mandwa-castle-during-bajrani-bhaijaan 2015年7月1日閲覧。 
  10. ^ Salman Khan Surprises School Children on the Sidelines of Bajrangi Bhaijaan Shoot – NDTV Movies. Movies.ndtv.com (10 January 2015). Retrieved on 19 July 2015.
  11. ^ Kabir Khan shoots Bajrangi Bhaijaan scenes at Salman Khan's Panvel farmhouse”. The Indian Express (2015年6月5日). 2018年10月26日閲覧。
  12. ^ Kashmir Connection: Salman Khan Tells Twitter Hes Reminded of Katrina Kaif – NDTV Movies. Movies.ndtv.com (19 May 2015). Retrieved on 19 July 2015.
  13. ^ PHOTOS: Salman Khan, Kareena Kapoor back from Kashmir after wrapping up ‘Bajrangi Bhaijaan’. The Indian Express (20 May 2015). Retrieved on 19 July 2015.
  14. ^ Salman Khan: Press conference in Kashmir wasn’t to promote ‘Bajrangi Bhaijaan’. The Indian Express (21 May 2015). Retrieved on 19 July 2015.
  15. ^ Salman Khan Wraps Bajrangi Bhaijaan in Kashmir, Flies to Mumbai – NDTV Movies. Movies.ndtv.com. Retrieved on July 19, 2015.
  16. ^ Salman Khan leaves Sonamarg fans disappointed : Bollywood, News – India Today. Indiatoday.intoday.in (15 May 2015). Retrieved on 19 July 2015.
  17. ^ Bajrangi Bhaijaan climax was shot at 10,000 ft above sea level. Hindustantimes.com (23 June 2015). Retrieved on 19 July 2015.
  18. ^ Salaam Bhaijaan. Telegraphindia.com (14 July 2015). Retrieved on 19 July 2015.
  19. ^ Meet Chand Nawab: Nawazuddin's inspiration in Bajrangi Bhaijaan. Hindustantimes.com. Retrieved on July 20, 2015.
  20. ^ Desk, Entertainment. (12 July 2015) Pakistani reporter Chaand Nawab inspires a rendition in Bajrangi Bhaijaan – The Express Tribune. Tribune.com.pk. Retrieved on 2015-07-20.
  21. ^ The real Chand Nawab is a hit in Pakistan, thanks Bajrangi Bhaijaan”. Hindustan Times. 2018年10月26日閲覧。
  22. ^ Thanks to Bajrangi Bhaijaan, I've been offered roles in TV ads: Chand Nawab”. hindustantimes.com. 2018年10月26日閲覧。
  23. ^ MY STORY IS BIGGER THAN SALMAN KHAN!" - VIJAYENDRA PRASAD”. behindwoods.com. 2018年10月26日閲覧。
  24. ^ 80s' Tamil Film Inspires Script for Bajrangi Bhaijaan: K V Vijayendra Prasad”. NewIndian Express. 2018年10月26日閲覧。
  25. ^ Bajrangi Bhaijaan (Original Motion Picture Soundtrack)”. iTunes. 2015年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月19日閲覧。
  26. ^ EMI, Amjad Sabri to sue Bajrangi Bhaijan makers over 'Bhar do jholi'”. The Express Tribune. 2018年10月26日閲覧。
  27. ^ Amjad Sabri to visit India to resolve Bhar Do Jholi controversy”. The Express Tribune. 2018年10月26日閲覧。
  28. ^ ‘Bajrangi Bhaijaan’ storms the box office on opening day. Livemint (14 July 2015). Retrieved on July 19, 2015.
  29. ^ Bollywood's 300 Crore Club” (2015年8月8日). 2018年10月27日閲覧。
  30. ^ Salman Khan's 'Bajrangi Bhaijaan' to release in 50 countries - Latest News & Updates at Daily News & Analysis” (2015年7月16日). 2018年10月27日閲覧。
  31. ^ Team, Koimoi.com. “Standing Ovation For Salman Khan’s ‘Bajrangi Bhaijaan’ At Busan Film Festival - Koimoi”. 2018年10月27日閲覧。
  32. ^ a b “《小萝莉的猴神大叔》有望引进 继《摔爸》后又一印度高分神作 - 中国日报网”. China Daily. (2017年11月24日). http://ent.chinadaily.com.cn/2017-11/24/content_34937940.htm 
  33. ^ a b c “This is the title under which Salman Khan’s Bajrangi Bhaijaan will release in China!” (英語). Filmfare. (2017年12月6日). https://www.filmfare.com/news/bollywood/this-is-the-title-under-which-salman-khans-bajrangi-bhaijaan-will-release-in-china-25455.html 2018年10月27日閲覧。 
  34. ^ a b 小萝莉的猴神大叔 (豆瓣)” (中国語). Douban. 2017年12月8日閲覧。
  35. ^ a b 豆瓣电影 2015年度榜单” (英語). Douban. 2018年1月7日閲覧。
  36. ^ Frater, Patrick (2018年1月22日). “Eros Confirms Wide Release in China for Salman Khan’s ‘Bajrangi Bhaijaan’”. Variety. https://variety.com/2018/film/news/wide-release-for-salman-khan-bajrangi-in-china-1202672044/ 2018年10月27日閲覧。 
  37. ^ “印度高分电影《小萝莉的猴神大叔》中国29城点映获好评”. ent.people.com.cn. (2018年2月7日). http://ent.people.com.cn/n1/2018/0207/c1012-29810604.html 2018年10月27日閲覧。 
  38. ^ Daily Box Office > China (02/25/2018)”. EntGroup. 2018年2月25日閲覧。
  39. ^ “小萝莉的猴神大叔 - 电影”. 豆瓣(手机版). https://m.douban.com/movie/subject/26393561/ 2018年1月21日閲覧。 
  40. ^ “Can Indian comedy drama ‘Bajrangi Bhaijaan’ recreate the success of ‘Secret Superstar’ in China?”. Global Times. (2018年2月27日). http://www.globaltimes.cn/content/1090946.shtml 2018年10月27日閲覧。 
  41. ^ 「バーフバリ」に次ぐヒット記録の印映画「バジュランギおじさんと、小さな迷子」1月18日公開”. 映画.com (2018年9月28日). 2018年10月28日閲覧。
  42. ^ Top Worldwide First Week All Time”. 2015年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月27日閲覧。
  43. ^ a b c Rob Cain. “Oops... 'PK' Is Not Actually India's Top-Grossing Movie Ever”. Forbes. 2015年9月19日閲覧。
  44. ^ Salman Khan 'Bajrangi Bhaijaan' becomes the second highest grosser in India after PK”. The Indian Express (2015年8月6日). 2018年10月27日閲覧。
  45. ^ Boxoffice”. boxofficeindia.com. 2015年9月19日閲覧。
  46. ^ Rob Cain (2015年8月4日). “Despite Weekend Slowdown, India's 'Bajrangi Bhaijaan' Treks To 540 crore / $84.2M Worldwide”. Forbes. 2018年10月27日閲覧。
  47. ^ a b Boxoffice”. boxofficeindia.com. 2014年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月19日閲覧。
  48. ^ 'Bajrangi Bhaijaan' mints Rs 200 crore - The Economic Times
  49. ^ Bajrangi Bhaijaan Nets Rs 500 Crore; Eros Shares Surge 60% This Year”. 2018年10月27日閲覧。
  50. ^ Bajrangi Bhaijaan Heading For All Time Blockbuster Status”. 2015年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月27日閲覧。
  51. ^ Boxoffice”. boxofficeindia.com. 2015年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月19日閲覧。
  52. ^ Boxoffice”. boxofficeindia.com. 2015年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月19日閲覧。
  53. ^ KoiMoi - Bajrangi Bhaijaan Grosses 626 Crores Worldwide - Box Office Report”. koimoi.com. 2015年9月19日閲覧。
  54. ^ “'Bajrangi Bhaijaan' Worldwide Box Office Collection: Salman Starrer is now 2nd Highest Grosser with Over Rs 600 Crore Income” (英語). International Business Times. (2015年8月18日). http://www.ibtimes.co.in/bajrangi-bhaijaan-worldwide-box-office-collection-salman-starrer-now-2nd-highest-grosser-over-643326 2018年10月27日閲覧。 
  55. ^ a b Hooli, Shekhar (2017年5月1日). “Baahubali 2 overseas box office collection: Rajamouli's film beats Chennai Express, Kabali's lifetime record in 1st weekend” (英語). International Business Times. http://www.ibtimes.co.in/baahubali-2-overseas-box-office-collection-rajamoulis-film-beats-chennai-express-kabalis-725036 
  56. ^ a b Exchange Rates (68.3 INR per USD)”. The World Factbook. Central Intelligence Agency (2016年). 2017年11月30日閲覧。
  57. ^ Hungama, Bollywood (2017年1月7日). “Box Office: Aamir Khan’s Dangal eclipses Dhoom 3; becomes 3rd Highest worldwide grosser - Bollywood Hungama”. 2018年10月27日閲覧。
  58. ^ “Deepika Padukone's Padmaavat beats Aamir Khan's Dhoom 3 and Salman Khan's Tiger Zinda Hai at the box office”. Times Now. (2018年2月27日). http://www.timesnownews.com/entertainment/box-office/article/deepika-padukone-padmaavat-beats-aamir-khan-dhoom-3-and-salman-khans-tiger-zinda-hai-at-the-box-office/202889 2018年10月27日閲覧。 
  59. ^ a b c Weekly Box Office > China (04/01/2018)”. EntGroup. 2018年4月2日閲覧。
  60. ^ Yearly Average Rates (65.11 INR per USD)”. OFX (2017年12月31日). 2018年10月28日閲覧。
  61. ^ “Bajrangi Bhaijaan dethrones Secret Superstar to become third highest-grossing Indian film of all time”. Firstpost. (2018年3月30日). http://www.firstpost.com/entertainment/bajrangi-bhaijaan-dethrones-secret-superstar-to-become-third-highest-grossing-indian-film-of-all-time-4411939.html 2018年10月27日閲覧。 
  62. ^ Bhajrangi Bhaijaan Has Excellent First Day – Beats Kick And PK. Boxofficeindia.com.
  63. ^ Bhajrangi Bhaijaan Second Day Business. Boxofficeindia.com.
  64. ^ Bajrangi Bhaijaan Sets All Time Weekend Record”. Box Office India (2015年7月20日). 2015年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月27日閲覧。
  65. ^ Bajrangi Bhaijaan Crosses 125 Crore In Four Days”. 2015年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月27日閲覧。
  66. ^ Bajrangi Bhaijaan Continues To Make History On Monday”. 2015年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月27日閲覧。
  67. ^ All Time Bajrangi Bhaijaan Box Office collection”. 2015年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月27日閲覧。
  68. ^ Bajrangi Bhaijaan Wednesday Business Update”. 2015年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月27日閲覧。
  69. ^ Bajrangi Bhaijaan First Tuesday Business”. 2015年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月27日閲覧。
  70. ^ Boxoffice”. boxofficeindia.com. 2015年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月19日閲覧。
  71. ^ Bollywood Hungama. “Special Features: Bollywood's 100 Crore club – Box Office, Bollywood Hungama”. Bollywood Hungama. 2018年10月27日閲覧。
  72. ^ Bajrangi Bhaijaan Has Huge Second Week”. 2015年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月27日閲覧。
  73. ^ Bajrangi Bhaijaan Third Friday Business”. 2015年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月27日閲覧。
  74. ^ Boxoffice”. boxofficeindia.com. 2015年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月19日閲覧。
  75. ^ 'Bajrangi Bhaijaan' 20-Day Box Office Collection: After Aamir's 'PK', Salman Starrer Enters Rs 300 Crore Club”. International Business Times, India Edition (2015年8月6日). 2018年10月27日閲覧。
  76. ^ Bajrangi Bhaijaan All Time Third Highest Third Week”. 2015年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月27日閲覧。
  77. ^ Bajrangi Bhaijaan Domestic BoxOffice Report”. Bollywoodtrade. 2015年8月10日閲覧。
  78. ^ Bajrangi Bhaijaan At 306 Crore After In 24 Days”. 2015年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月27日閲覧。
  79. ^ Bajrangi Bhaijaan Overseas Business”. 2015年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月27日閲覧。
  80. ^ 'Bajrangi Bhaijaan' a runaway hit – Box Office Overseas Report. Bollywood Hungama. Retrieved on July 20, 2015.
  81. ^ Bajrangi Bhaijaan – Overseas And Worldwide Update”. Box Office India. 2015年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月27日閲覧。
  82. ^ Alongside 'Bajrangi Bhaijaan', a small Pakistani film competes for attention”. 2018年10月27日閲覧。
  83. ^ At the box office: How did Bin Roye, Wrong No and Bajrangi Bhaijaan fare?”. 2018年10月27日閲覧。
  84. ^ Salman Khan's 'Bajrangi Bhaijaan' earns big at Pakistani box office”. 2018年10月27日閲覧。
  85. ^ Salman Khan's 'Bajrangi Bhaijaan' earns big at Pakistani box office”. 2018年10月27日閲覧。
  86. ^ Bajrangi Bhaijaan Set For Huge Total In Overseas”. 2015年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月27日閲覧。
  87. ^ Bajrangi Bhaijaan continues to gallop speedily”. 2018年10月27日閲覧。
  88. ^ 'Drishyam' decent, 'Bajrangi Bhaijaan' fantastic”. 2018年10月27日閲覧。
  89. ^ Bajrangi Bhaijaan Closing In On 500 Crore Worldwide”. 2015年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月27日閲覧。
  90. ^ a b Boxoffice”. boxofficeindia.com. 2015年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月19日閲覧。
  91. ^ a b c Box Office Collection: 'Welcome Back' Crosses Rs 100 Crore Mark Worldwide; 'Bajrangi Bhaijaan' Tops Main Overseas Markets” (2015年9月11日). 2018年10月27日閲覧。
  92. ^ a b Bajrangi Bhaijaan 2015 Box Office”. Bollywood Hungama (2016年7月15日). 2018年2月14日閲覧。
  93. ^ USA / Canada Top Grossers All Time”. Box Office India. 2018年3月1日閲覧。
  94. ^ Daily Box Office > China (03/02/2018)”. EntGroup. 2018年3月3日閲覧。
  95. ^ “Bajrangi Bhaijaan's China box office collection at Rs 14.6 crore; crosses 3 Idiots' earnings”. Firstpost. (2018年3月3日). http://www.firstpost.com/entertainment/bajrangi-bhaijaans-china-box-office-collection-at-rs-14-6-crore-crosses-3-idiots-earnings-4374609.html 2018年10月28日閲覧。 
  96. ^ Daily Box Office > China (03/03/2018)”. EntGroup. 2018年3月4日閲覧。
  97. ^ Daily Box Office > China (03/04/2018)”. EntGroup. 2018年3月5日閲覧。
  98. ^ Weekly Box Office > China (03/04/2018)”. EntGroup. 2018年3月5日閲覧。
  99. ^ a b “《小萝莉的猴神大叔》创印度电影最佳开画纪录-新闻中心-中国宁波网”. CNNB. (2018年3月5日). http://news.cnnb.com.cn/system/2018/03/05/008731208.shtml 2018年10月28日閲覧。 
  100. ^ “Bajrangi Bhaijaan Has Fair Start In China”. Box Office India. (2018年3月2日). https://boxofficeindia.com/report-details.php?articleid=3724 2018年10月28日閲覧。 
  101. ^ 小萝莉的猴神大叔”. Maoyan. 2018年3月29日閲覧。
  102. ^ Zee Cine Awards: Complete List of Winners - NDTV Movies”. 2016年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月28日閲覧。
  103. ^ MMA Mirchi Music Awards”. MMAMirchiMusicAwards. 2018年3月25日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集