メインメニューを開く

歴史編集

  • 1993年 - バスカード導入。
  • 2012年4月1日 - 苫小牧市営バス全路線の道南バスへの移管に伴い、苫小牧市営バスのバスカードを引き継ぐ形でカードを新設(後述)。
  • 2015年3月31日 - 苫小牧地区専用学生カードの販売を終了[1]
  • 2019年3月31日(予定) - 旧苫小牧市営バス発行のトマッピーカード全券種および、道南バス発行の苫小牧地区専用学生カードの利用を終了[2](払い戻しについては2019年9月30日までの間、苫小牧駅前乗車券販売所にて受け付け[3])。

販売額・利用可能額編集

一般カード
  • 1,000円カード - 1,100円分利用可能
  • 3,000円カード - 3,350円分利用可能
  • 5,000円カード - 5,700円分利用可能
ディアカード

室蘭市内および登別市幌別地区以西の室蘭市内線域(域内の郊外線を含む)において、降車時刻が10時~17時の場合に限り有効。時刻表上では有効降車時刻であっても、遅れ等により有効時刻外となった場合は利用できない。

  • 2,000円カード - 2,600円分利用可能
  • 4,000円カード - 5,300円分利用可能
昼間カード(苫小牧)[4]

苫小牧市営バス路線のうち、おおむね10時~16時に運行される、あらかじめ指定された便でのみ利用できる(ディアカードと異なり、遅れの影響は関係しない)。従来苫小牧市営バスで発行していたカードを引き継ぐ形で発行されている。

  • 2,000円カード - 2,600円分利用可能
  • 4,000円カード - 5,300円分利用可能

かつて発売されていたカード編集

学生カード(苫小牧)[4]

学生のみ利用可能なカードで、旧苫小牧市営バス路線のみで利用可能。従来苫小牧市営バスで発行していたカードを引き継ぐ形で発行されていた。2015年3月31日販売終了[1]、2019年3月31日利用終了予定(なお払い戻しについては、後述のトマッピーカード全券種とともに、2019年9月30日までの間、苫小牧駅前乗車券販売所にて受け付けている)[3]

  • 3,000円カード - 3,900円分利用可能
  • 5,000円カード - 6,800円分利用可能

道南バスで利用できる他事業者発行カード編集

  • 2012年4月1日の苫小牧市営バスの道南バス移管に際し、苫小牧市交通部発行のトマッピーカードは、道南バスの旧苫小牧市営バス路線で引き続き利用可能とされた。なおこれらの路線では移管に伴い、道南バスカードも利用可能となっている。[4]
    • なおトマッピーカードの利用は2019年3月31日をもって終了(なお払い戻しについては2019年9月30日までの間、苫小牧駅前乗車券販売所にて受け付けている[3])し、以後は道南バス発行のバスカード(学生カードを除く[3])のみが利用可能となる[2]

利用できない路線編集

利用方法編集

  • 乗車時に整理券を取る。降車時に整理券を運賃箱に入れた後でカードリーダーに通す。
    • 整理券を運賃箱に入れると、整理券に記されたバーコードを読み取り運賃を判別する。
都市間バスの一部
  • 乗車時と降車時にカードリーダーに通す。
    • 乗車時に整理券情報が記録されるため、整理券は不要。

出典編集

  1. ^ a b 苫小牧地区ダイヤ改正のお知らせ(2015年4月1日改正)より
  2. ^ a b ダイヤ改正のご案内(2018年4月1日:苫小牧市内線)”. 道南バス. 2018年8月22日閲覧。
  3. ^ a b c d 苫小牧地区バスカードのご案内より(2018年8月23日閲覧)
  4. ^ a b c 平成24年4月1日から市営バスを民間移譲します”. 苫小牧市交通部. 2012年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月24日閲覧。

関連項目編集

  • 中央バスカード札樽間高速バス共通カードSAPICA - 北海道中央バスの室蘭-札幌、苫小牧-札幌の都市間バスにおいては、道南バス便との共通乗車券を取り扱うものの、上記の各カードは北海道中央バスの便でしか利用できない。なお磁気カードの中央バスカード・札樽間高速バス共通カードはSAPICA導入に伴い取扱終了済(道南バスではSAPICAは導入せず)。