メインメニューを開く

バビアナ (Babiana) は、アヤメ科の属の一つである。日本では、この属のなかで、観賞用に改良された園芸植物を総称することが多い。和名は「ホザキアヤメ属」だが、現在はあまり用いられていない。

バビアナ
Babiana sambucina 1.jpg
B. sambucina
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: キジカクシ目 Asparagales
: アヤメ科 Iridaceae
: ホザキアヤメ属 Babiana
学名
Babiana Ker Gawl. ex Sims (1801) nom. cons. [1][2]

目次

属名の由来編集

オランダ語でヒヒ(狒々、オナガザル科霊長類の一部を指す総称、英語ではbaboon)を表すbabianerから。ヒヒがこの球根を良く掘り出して食べていたからと言う。

分布編集

現在約60 - 80種の原種が確認されている[3]。すべてアフリカ大陸南部の南アフリカナミビアジンバブエに自生している[3]インド洋上のソコトラ島に分布する1種は染色体数などの違いから別属Cyanixiaに分割された[3]

特徴編集

小形の多年草で、夏の間は小さな球茎を作って休眠する。草丈は大きなものでも30cmくらい、葉は剱状で、細かい毛に覆われている。花は直径2 - 3cmの6弁花で4月ころ咲き、穂状花序または総状花序で数輪から十数輪咲き、かつてはややくすんだ藍色や牡丹色のものが多かったが、現在は水色や藤色、白、ピンク、赤に近い紅色、絞り咲きやスポットの入ったものなどなど、かなりの色の品種が作出されている。

おもな種編集

栽培編集

半耐寒性秋植え球根で、東京付近では霜よけが必要だが、房総半島伊豆半島以西の沿岸部など強い霜の降りない地方では、露地栽培が可能である。小柄な植物なので、鉢植えにして楽しむことが多い。鉢植えの場合は、5寸鉢に7 - 10球くらい、覆土は球根が隠れるくらいにする。露地植えでは覆土を5cmくらいする。植え時は10月下旬から11月初めくらいがよい。日当たりと水はけの良いところなら、多少痩せ地でも比較的良くできる。

脚注編集

参考文献編集

外部リンク編集