バルセロナ交響楽団

バルセロナ交響楽団カタルーニャ語:Orquestra Simfònica de Barcelona i Nacional de Catalunya, 英語:Barcelona Symphony and Catalonia National Orchestra, 略称:OBC)は、バルセロナを本拠地とするスペインオーケストラ

バルセロナ交響楽団
Orquestra Simfònica de Barcelona i Nacional de Catalunya
050529 Barcelona 031.jpg
本拠地のラウディトリ
基本情報
出身地 スペインの旗 スペイン バルセロナ
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1944年 -
公式サイト http://www.obc.es/
メンバー 音楽監督
大野和士

沿革編集

1944年にエドゥアルド・トルドラによって創立される。カタルーニャ州バルセロナ市によって形成されるオーディトリウム・オーケストラ協会のメンバーで、1999年4月よりスペイン人建築家 ラファエル・モネオのデザインによるバルセロナのラウディトリを本拠地としている。それ以前は世界遺産カタルーニャ音楽堂を拠点としていた。クラシック音楽から現代音楽までの全てのジャンルをレパートリーとし、とりわけカタルーニャ地方出身作曲家の作品の普及に努めている。

リセウ大劇場において、定期的にオペラの演奏会形式公演を行っていた時期があり、プロコフィエフ賭博師」(2009)、R. シュトラウスダフネ」(2011)、モーツァルト魔笛」(2012)、ワーグナーリエンツィ」(2013)、プッチーニ外套」(2014)を取り上げた。

オーケストラの重要なプロジェクトの一つとして国外ツアーも頻繁に行い、これまでにカーネギー・ホールなど世界的に著名なホールへ客演し、またロンドンロイヤル・アルバート・ホールで開催されるBBCプロムスなど国際的な音楽祭に出演している。2013年2月にはオーストリアスロヴェニアクロアチア各国へのツアーを行った。

その70年以上の歴史を通じて、Decca、EMI、Auvidis、Koch、Claves、Naxos、Telarc、BISレコードなどから世界的に著名なソリストと共にモンサルバーチェジェラールファリャダルベールアルベニスドホナーニバルトークビゼーロドリーゴらの作品に焦点を当てた録音を出している。2000年9月、トマス・ブレトン:歌劇「ドロレス」の録音や、2004年「カルメン・シンフォニー」、2006年にミシェル・カミロと共演した「ラプソディ・イン・ブルー」の録音がラテン・グラミー賞ベスト・クラシック・アルバム部門を獲得。その他にもEMIから著名なギタリスト、スーフェイ・ヤンをソリストに迎えてアランフェス協奏曲をリリース、出版社Tritoへのアルベニスのオーケストラ作品の学術録音などがある。Naxosとは確固とした共同関係を確立し、近年ではマイアベーアモンサルバーチェマスネグラナドスの作品をリリースした。

歴代の音楽監督編集

主な初演作品編集

バルセロナ交響楽団は、バルセロナの主要オーケストラの一つとして、スペイン人作曲家作品の世界初演を多く手がけてきた。

外部リンク編集