メインメニューを開く

ラテン・グラミー賞(西:Premios Grammy Latinos)はアメリカ合衆国で開催されるラテン・ミュージックによるグラミー賞。音楽産業において、優れたラテン・ミュージックの作品を創り上げたクリエイターの業績を讃え、業界全体の振興と支援を目的とする賞。1997年にグラミー賞を運営する組織、ザ・レコーディング・アカデミーが、アメリカにおけるヒスパニック人口の増加によるラテン・ミュージックの影響力の増大、ジャンルの多様化に対応するため、新たにザ・ラテン・レコーディング・アカデミーを設立。

ラテン・グラミー賞
受賞対象 ラテン音楽産業において傑出した実績をあげたもの
アメリカ合衆国
授与者 ザ・ラテン・レコーディング・アカデミー
初回 2000年
公式サイト http://www.latingrammy.com/

この設立により、2000年にグラミー賞の延長として第1回ラテン・グラミー賞が開催された[1]。授賞式は当初CBSで放映されたが、現在はスペイン語系放送局ユニビジョンにより、全世界およそ80カ国に放送されている[2]。ラテン・グラミー賞のトロフィーはグラミー賞のトロフィーと同じ形のグラモフォン。

過去の受賞者には、ジャスティン・ビーバーサンタナリッキー・マーティンクリスティーナ・アギレラウィル・アイ・アムシャキーラネリー・ファータドエンリケ・イグレシアス等、日本でも広く知られているアーティストが名を連ねている。

開催地一覧編集

出身国別の受賞アーティスト数編集

Países 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 Total
  メキシコ 12 12 9 9 10 9 13 9 9 12 11 8 14 9 10 12 13 14 7 202
  ブラジル 6 8 5 8 9 8 2 9 8 9 13 9 5 8 9 8 6 8 9 147
  プエルトリコ 5 7 5 5 8 7 9 8 7 8 9 8 11 7 8 7 8 7 2 136
  スペイン 8 6 2 7 7 5 6 7 5 4 6 5 6 7 5 6 7 5 6 110
  コロンビア 2 4 5 6 1 5 7 9 8 2 2 7 6 6 4 9 8 8 10 109
  アルゼンチン 2 7 7 5 9 5 3 4 2 3 4 4 2 5 7 3 4 2 4 82
  キューバ 7 4 4 4 5 1 4 - 2 1 2 2 3 5 5 3 - 1 1 54
  ベネズエラ - - 2 2 - 2 - 3 1 2 4 2 2 5 5 3 2 2 3 40
  ドミニカ共和国 4 1 - 1 2 2 1 6 - - 3 - 3 1 - - - - 2 26
  ウルグアイ - - - - 1 - - 1 - - - 1 2 2 2 - - - 3 12
  パナマ - - - 1 - - - 1 2 1 1 1 - - 1 1 - 2 - 11
  チリ - - - - - - - 1 - - - 1 1 - - - - 1 - 4
  グアテマラ - - - - - - 1 - - - - - - 1 - 1 - - 1 4
  イタリア - - - - - 1 - 1 - 1 - - - - - - - - 1 4
  ペルー - - - - 1 - - - - - 1 - - - - - - 1 - 3
  ニカラグア - - - - - - - - - - - - 1 - - - 1 - - 2
  カナダ - - - - - - - - - - 2 - - - - - - - - 2
  フランス - - - - 1 - - 1 - - - - - - - - - - - 2
  エクアドル - - - - - - - - - 1 - 1 - - - - - - - 2
  コスタリカ - - - - - - - - - - - - - - 1 - - - - 1
  アメリカ合衆国 - - - - - - - - - - - - - - - 1 - - - 1

日本におけるラテン・グラミー賞編集

  • 2010年、第11回ラテン・グラミー賞において、フアン・ルイス・ゲラのシングル、Bachata en Fukuoka("福岡でバチャータを"の意味)が最優秀トロピカル・ソング部門にて受賞[3]。この曲は本人がコンサートで福岡を訪れたときの経験をもとに作曲された。曲中に「コンニチハ」「アリガトウゴザイマス」といった言葉が歌われている。
  • 2013年ドラコ・ロサのアルバム"VIDA"を手掛けた日本人のレコーディング・エンジニアSadaharu Yagiが、第14回ラテン・グラミー賞の年間最優秀アルバム部門で、日本人初の受賞を果たしている。[4][5]。また、Sadaharu Yagiは本家の第56回グラミー賞も受賞している。

関連項目編集

外部リンク編集

参照編集