バルナバの手紙(バルナバのてがみ)、バルナバ書(バルナバしょ)は、新約外典(使徒教父文書)の一つ。初代教会の神学論文。本文には無いが、教父らによってバルナバの名が冠せられている。

この手紙はユスティヌスエイレナイオステルトゥリアヌスが引用していると考えられるが、バルナバ書からの引用とは書かれていない。バルナバ書として引用しているのは、アレクサンドリアのクレメンスオリゲネスである。エウセビオスは、問題の書、偽作書とみなした。ヒエロニムス外典に入れた。シナイ写本においてはヨハネの黙示録の後に付加している。西方教会より東方教会でより評価された。

保存された聖書正典ではなく、19世紀中頃までは、教父の引用文から内容の復元が試みられていたが、1863年にシナイ写本によるバルナバ書が発表された。

成立年代には多くの説があり、80年から190年である。 第四エズラ書ソロモンの知恵エノク書など旧約外典の引用が多く見られる。

参考文献編集