メインメニューを開く

バレンシア・サーキット

シルクイート・デ・ラ・コムニタート・バレンシアーナ・リカルド・トルモバレンシア語: Circuit de la Comunitat Valenciana Ricardo Tormo, 西: Circuito de la Comunidad Valenciana Ricardo Tormo、バレンシア・サーキット)は、スペインバレンシア州チェステにあるサーキット。サーキットの名前は1998年白血病で亡くなった地元出身のライダー、リカルド・トルモにちなむ。

シルクイート・デ・ラ・コムニタート・バレンシアーナ・リカルド・トルモ
Valencia (Ricardo Tormo) track map.svg
所在地 スペインバレンシア州
標準時 GMT +1 (DST: +2)
主なイベント MotoGPWTCCF1テスト、スペインF3、GP2SBK
コース長 4.051 km (2.517 mi)
コーナー数 14
レコードタイム 1:23.489 (マルク・ジェネ, LMS, 2007年)

1999年に完成。MotoGPの開催地のひとつとなっており、2002年以降はこのサーキットが最終戦の舞台となっている。

サーキットの特徴編集

ヨーロピアンスタイルとしては珍しい左回りのサーキットであるのが一番の特徴。ターン1からターン3が左コーナーで、最初の右コーナーであるターン4は125ccクラスの未熟なライダーが暖まりきっていないタイヤに翻弄され転倒者が続出するポイントの一つ。メインストレート以外にストレートと言えるストレートが存在しないため、パッシングポイントはターン1がメイン、他にはターン3でラインを変え、ターン4の入り口で刺すなど、一工夫が必要になる。

関連項目編集

外部リンク編集