メインメニューを開く

バレーボール第1回実業団リーグ

バレーボール 第1回実業団リーグ(バレーボール だい1かいじつぎょうだんリーグ)は、1969年11月29日から1970年3月1日にかけて行われた全国実業団バレーボールリーグの大会である。今シーズンより全日本バレーボール選抜男女リーグ(日本リーグ)に続いて2部リーグに相当する本大会がスタートした。

第1回実業団リーグ
開始年 1969
終了年 1998
主催 日本バレーボール協会
日本実業団バレーボール連盟
参加チーム数 男子:6
女子:6
加盟国 日本の旗 日本
サイト 日本バレーボール協会
テンプレートを表示

目次

概要編集

日程編集

  • 男女とも1969年11月29日 - 1970年3月1日

試合方法編集

2回戦総当たりのリーグ戦を行い、優勝チームを決定する。

男子編集

参加チーム編集

No. チーム名 備考
1 旭化成旭陽会
2 シチズン時計
3 帝人三原
4 東レ九鱗会
5 日本ビクター
6 富士フイルム

※50音順

試合結果編集

第1週編集

#301 1969年11月29日
東レ九鱗会
(1勝)
3 - 0
(15-11)
(15-6)
(15-7)
日本ビクター
(1敗)
駒沢体育館
#302 1969年11月29日
シチズン時計
(1勝)
3 - 1
(14-16)
(15-11)
(15-10)
(15-9)
帝人三原
(1敗)
駒沢体育館
#303 1969年11月29日
旭化成旭陽会
(1勝)
3 - 1
(16-14)
(12-15)
(15-3)
(15-6)
富士フイルム
(1敗)
駒沢体育館

第2週編集

#304 1969年12月6日
シチズン時計
(2勝)
3 - 2
(15-12)
(7-15)
(8-15)
(15-12)
(15-8)
東レ九鱗会
(1勝1敗)
若柳高校体育館
#305 1969年12月7日
東レ九鱗会
(2勝1敗)
3 - 0
(15-9)
(15-8)
(15-6)
シチズン時計
(2勝1敗)
宮城県立石巻女子高校体育館

第3週編集

#306 1969年12月10日
富士フイルム
(1勝1敗)
3 - 0
(15-8)
(15-3)
(15-6)
日本ビクター
(2敗)
富士フイルム体育館
#307 1969年12月11日
富士フイルム
(2勝1敗)
3 - 0
(15-5)
(15-8)
(15-6)
日本ビクター
(3敗)
日本ビクター体育館

第4週編集

#308 1969年12月20日
旭化成旭陽会
(2勝)
3 - 0
(15-1)
(15-1)
(15-8)
帝人三原
(2敗)
旭化成体育館
#309 1969年12月21日
旭化成旭陽会
(3勝)
3 - 0
(15-3)
(15-10)
(15-2)
帝人三原
(3敗)
宮崎県営体育館

第5週編集

#310 1969年12月27日
シチズン時計
(3勝1敗)
3 - 0
(16-14)
(15-11)
(15-13)
日本ビクター
(4敗)
群馬県営スポーツセンター
#311 1969年12月28日
日本ビクター
(1勝4敗)
3 - 0
(15-11)
(15-8)
(16-14)
シチズン時計
(3勝2敗)
高崎市体育館

第6週編集

#312 1970年1月10日
富士フイルム
(3勝1敗)
3 - 0
(15-9)
(15-1)
(15-7)
東レ九鱗会
(2勝2敗)
電電神戸体育館
#313 1970年1月11日
富士フイルム
(4勝1敗)
3 - 0
(15-13)
(15-7)
(15-12)
東レ九鱗会
(2勝3敗)
東レ滋賀体育館

第7週編集

#314 1970年1月17日
旭化成旭陽会
(4勝)
3 - 0
(15-11)
(15-7)
(15-4)
日本ビクター
(1勝5敗)
大阪府立東淀川体育館
#315 1970年1月18日
旭化成旭陽会
(5勝)
3 - 0
(15-5)
(15-7)
(15-5)
日本ビクター
(1勝6敗)
和歌山県立体育館

第8週編集

#316 1970年1月24日
東レ九鱗会
(3勝3敗)
3 - 0
(15-6)
(15-5)
(15-7)
帝人三原
(4敗)
三原工業高校体育館
#317 1970年1月25日
東レ九鱗会
(4勝3敗)
3 - 1
(15-6)
(7-15)
(15-8)
(15-10)
帝人三原
(5敗)
愛媛県民館

第9週編集

#318 1970年1月28日
旭化成旭陽会
(6勝)
3 - 0
(15-5)
(17-15)
(15-6)
シチズン時計
(3勝3敗)
シチズン淀橋体育館
#319 1970年1月29日
旭化成旭陽会
(7勝)
3 - 0
(15-6)
(15-12)
(15-6)
シチズン時計
(3勝4敗)
富士フイルム体育館

第10週編集

#320 1970年1月31日
富士フイルム
(5勝1敗)
3 - 0
(15-9)
(15-5)
(15-4)
帝人三原
(6敗)
日本鋼管体育館
#321 1970年2月1日
帝人三原
(1勝6敗)
3 - 2
(10-15)
(11-15)
(15-4)
(15-12)
(15-11)
富士フイルム
(5勝2敗)
草薙体育館

第11週編集

#322 1970年2月11日
旭化成旭陽会
(8勝)
3 - 1
(12-15)
(15-3)
(15-2)
(15-2)
東レ九鱗会
(4勝4敗)
富士見高校体育館
#323 1970年2月12日
旭化成旭陽会
(9勝)
3 - 0
(15-7)
(15-6)
(15-1)
東レ九鱗会
(4勝5敗)
東レ三島体育館

第12週編集

#324 1970年2月14日
富士フイルム
(6勝2敗)
3 - 0
(15-10)
(15-3)
(15-7)
シチズン時計
(3勝5敗)
福島県立相馬高校体育館
#325 1970年2月15日
富士フイルム
(7勝2敗)
3 - 0
(15-5)
(15-13)
(15-4)
シチズン時計
(3勝6敗)
福島県立原町高校体育館

第13週編集

#326 1970年2月21日
日本ビクター
(2勝6敗)
3 - 1
(13-15)
(21-19)
(15-11)
(15-5)
帝人三原
(1勝7敗)
津市体育館
#327 1970年2月22日
帝人三原
(2勝7敗)
3 - 1
(15-6)
(15-8)
(5-15)
(15-6)
日本ビクター
(2勝7敗)
奈良県立橿原体育館

第14週編集

#328 1970年3月1日
日本ビクター
(3勝7敗)
3 - 0
(15-13)
(15-4)
(17-15)
東レ九鱗会
(4勝6敗)
駒沢体育館
#329 1970年3月1日
シチズン時計
(4勝6敗)
3 - 0
(15-11)
(15-1)
(15-7)
帝人三原
(2勝8敗)
駒沢体育館
#330 1970年3月1日
旭化成旭陽会
(10勝)
3 - 0
(15-8)
(15-12)
(15-9)
富士フイルム
(7勝3敗)
駒沢体育館

最終順位編集

順位 チーム名 試合数 勝数 敗数 勝率 備考
優勝 旭化成旭陽会 10 10 0 1.000
準優勝 富士フイルム 10 7 3 0.700
3 東レ九鱗会 10 4 6 0.400 セット率 0.789
4 シチズン時計 10 4 6 0.400 セット率 0.571
5 日本ビクター 10 3 7 0.300
6 帝人三原 10 2 8 0.200

個人賞編集

No. 賞名 受賞者 所属チーム 備考
1 最優秀選手賞 南将之 旭化成旭陽会
2 殊勲賞 舟谷至行 旭化成旭陽会
3 敢闘賞 佐藤哲夫 富士フイルム
4 スパイク賞 南将之 旭化成 決定率=53.3%
5 ブロック賞 角田正三 シチズン時計 決定本数=1.36本/set
6 サーブ賞 南将之 旭化成旭陽会 得点率=7.6%

実業団リーグ出場決定戦編集

9月6日編集

#341 1970年9月6日
日本ビクター
(実業団リーグ5位)
3 - 2
(13-15)
(14-16)
(15-4)
(15-11)
(15-7)
新日鉄室蘭
#342 1970年9月6日
帝人三原
(実業団リーグ6位)
3 - 1
(16-14)
(14-16)
(15-10)
(15-11)
朝日生命

9月7日編集

#343 1970年9月7日
帝人三原
(実業団リーグ6位)
3 - 1
(8-15)
(15-10)
(15-9)
(15-10)
朝日生命
#344 1970年9月7日
日本ビクター
(実業団リーグ5位)
3 - 0
(15-12)
(15-10)
(15-4)
新日鉄室蘭

この結果、日本ビクターと帝人三原が残留を決めた。

女子編集

参加チーム編集

No. チーム名 備考
1 住友軽金属
2 専売茨木
3 電電神戸
4 東京三洋電機
5 日本鋼管
6 富士フイルム

※50音順

試合結果編集

第1週編集

#401 1969年11月29日
東京三洋電機
(1勝)
3 - 0
(15-6)
(18-16)
(15-6)
電電神戸
(1敗)
駒沢体育館
#402 1969年11月29日
富士フイルム
(1勝)
3 - 0
(15-12)
(16-14)
(15-12)
住友軽金属
(1敗)
駒沢体育館
#403 1969年11月29日
日本鋼管
(1勝)
3 - 0
(15-9)
(15-3)
(15-5)
専売茨木
(1敗)
駒沢体育館

第2週編集

#404 1969年12月6日
富士フイルム
(2勝)
3 - 1
(15-7)
(11-15)
(15-8)
(15-7)
日本鋼管
(1勝1敗)
若柳高校体育館
#405 1969年12月7日
富士フイルム
(3勝)
3 - 0
(15-12)
(15-10)
(15-6)
日本鋼管
(1勝2敗)
宮城県立石巻女子高校体育館

第3週編集

#406 1969年12月10日
東京三洋電機
(2勝)
3 - 1
(15-1)
(13-15)
(15-10)
(15-10)
住友軽金属
(2敗)
富士フイルム体育館
#407 1969年12月11日
東京三洋電機
(3勝)
3 - 2 住友軽金属
(3敗)
日本ビクター体育館

第4週編集

#408 1969年12月20日
電電神戸
(1勝1敗)
3 - 0
(15-6)
(15-6)
(17-15)
専売茨木
(2敗)
旭化成体育館
#409 1969年12月21日
電電神戸
(2勝1敗)
3 - 0
(15-13)
(15-9)
(15-12)
専売茨木
(3敗)
宮崎県営体育館

第5週編集

#410 1969年12月27日
富士フイルム
(4勝)
3 - 2
(14-16)
(4-15)
(15-9)
(15-2)
(16-14)
東京三洋電機
(3勝1敗)
群馬県営スポーツセンター
#411 1969年12月28日
東京三洋電機
(4勝1敗)
3 - 2
(10-15)
(8-15)
(15-10)
(15-8)
(15-6)
富士フイルム
(4勝1敗)
高崎市体育館

第6週編集

#412 1970年1月10日
日本鋼管
(2勝2敗)
3 - 1
(11-15)
(15-5)
(15-13)
(15-11)
電電神戸
(2勝2敗)
電電神戸体育館
#413 1970年1月11日
電電神戸
(3勝2敗)
3 - 0
(15-8)
(15-9)
(15-8)
日本鋼管
(2勝3敗)
東レ滋賀体育館

第7週編集

#414 1970年1月17日
専売茨木
(1勝3敗)
3 - 2
(5-15)
(15-10)
(16-14)
(5-15)
(15-11)
住友軽金属
(4敗)
大阪府立東淀川体育館
#415 1970年1月18日
住友軽金属
(1勝4敗)
3 - 0
(17-15)
(15-10)
(15-8)
専売茨木
(1勝4敗)
和歌山県立体育館

第8週編集

#416 1970年1月24日
東京三洋電機
(5勝1敗)
3 - 1
(13-15)
(15-0)
(15-8)
(15-9)
日本鋼管
(2勝4敗)
三原工業高校体育館
#417 1970年1月25日
日本鋼管
(3勝4敗)
3 - 1
(15-4)
(10-15)
(15-7)
(15-8)
東京三洋電機
(5勝2敗)
愛媛県民館

第9週編集

#418 1970年1月28日
富士フイルム
(5勝1敗)
3 - 0
(15-2)
(15-11)
(15-7)
専売茨木
(1勝5敗)
シチズン淀橋体育館
#419 1970年1月29日
富士フイルム
(6勝1敗)
3 - 1
(15-12)
(7-15)
(15-8)
(15-6)
専売茨木
(1勝6敗)
富士フイルム体育館

第10週編集

#420 1970年1月31日
日本鋼管
(4勝4敗)
3 - 0
(15-4)
(15-9)
(15-2)
住友軽金属
(1勝5敗)
日本鋼管体育館
#421 1970年2月1日
日本鋼管
(5勝4敗)
3 - 0
(15-9)
(15-9)
(15-8)
住友軽金属
(1勝6敗)
草薙体育館

第11週編集

#422 1970年2月11日
富士フイルム
(7勝1敗)
3 - 0
(15-0)
(15-4)
(15-7)
電電神戸
(3勝3敗)
富士見高校体育館
#423 1970年2月12日
富士フイルム
(8勝1敗)
3 - 0
(15-13)
(15-11)
(15-7)
電電神戸
(3勝4敗)
東レ三島体育館

第12週編集

#424 1970年2月14日
東京三洋電機
(6勝2敗)
3 - 0
(15-10)
(15-8)
(15-12)
専売茨木
(1勝7敗)
福島県立相馬高校体育館
#425 1970年2月15日
東京三洋電機
(7勝2敗)
3 - 0
(15-8)
(15-8)
(15-4)
専売茨木
(1勝8敗)
福島県立原町高校体育館

第13週編集

#426 1970年2月21日
電電神戸
(4勝4敗)
3 - 0
(15-8)
(15-3)
(15-13)
住友軽金属
(1勝7敗)
津市体育館
#427 1970年2月22日
電電神戸
(5勝4敗)
3 - 1
(7-15)
(15-8)
(15-5)
(15-10)
住友軽金属
(1勝8敗)
奈良県立橿原体育館

第14週編集

#428 1970年3月1日
日本鋼管
(6勝4敗)
3 - 1
(12-15)
(16-14)
(15-6)
(15-5)
専売茨木
(1勝9敗)
駒沢体育館
#429 1970年3月1日
富士フイルム
(9勝1敗)
3 - 0
(15-12)
(15-7)
(15-9)
住友軽金属
(1勝9敗)
駒沢体育館
#430 1970年3月1日
電電神戸
(6勝4敗)
3 - 1
(15-10)
(5-15)
(15-12)
(15-6)
東京三洋電機
(7勝3敗)
駒沢体育館

最終順位編集

順位 チーム名 試合数 勝数 敗数 勝率 備考
優勝 富士フイルム 10 9 1 0.900
準優勝 東京三洋電機 10 7 3 0.700
3 電電神戸 10 6 4 0.600
4 日本鋼管 10 6 4 0.600
5 住友軽金属 10 1 9 0.100 セット率 0.259
6 専売茨木 10 1 9 0.100 セット率 0.172

個人賞編集

No. 賞名 受賞者 所属チーム 備考
1 最優秀選手賞 清水和子 富士フイルム
2 殊勲賞 田中保代 富士フイルム
3 敢闘賞 北島カヂ子 東京三洋電機
4 スパイク賞 北島カヂ子 東京三洋電機 決定率=54.6%
5 ブロック賞 福田静代 東京三洋電機 決定本数=0.84本/set
6 サーブ賞 北島カヂ子 東京三洋電機 得点率=12.8%

実業団リーグ出場決定戦編集

9月6日編集

1970年9月6日
大洋デパート 3 - 0
(15-13)
(15-10)
(15-13)
専売茨木
(実業団リーグ6位)
1970年9月6日
住友軽金属
(実業団リーグ5位)
3 - 1
(15-4)
(15-3)
(15-17)
(15-12)
新日鉄堺

9月7日編集

1970年9月7日
大洋デパート 3 - 0
(15-5)
(15-6)
(15-7)
専売茨木
(実業団リーグ6位)
1970年9月7日
住友軽金属
(実業団リーグ5位)
3 - 0
(15-8)
(15-13)
(15-4)
新日鉄堺

この結果、住友軽金属が次期リーグ残留を、大洋デパートが昇格を決めた。

脚注編集

  • 本記事のマッチナンバーは編集の便宜上付番したものです。

参考文献編集

  • VOLLEYBALL(日本バレーボール協会機関誌)1969年12月号 72-73、100-101ページ
  • VOLLEYBALL(日本バレーボール協会機関誌)1970年2月号 64-65ージ
  • VOLLEYBALL(日本バレーボール協会機関誌)1970年3月号 69ページ
  • VOLLEYBALL(日本バレーボール協会機関誌)1970年4月号 70ページ
  • VOLLEYBALL(日本バレーボール協会機関誌)1970年5月号 74-77ページ
  • VOLLEYBALL(日本バレーボール協会機関誌)1970年11月号 66ページ

関連項目編集

外部リンク編集