メインメニューを開く
東側からバンザイクリフを望む
バンザイクリフ周辺の慰霊碑、供養塔

バンザイクリフ英語: Banzai Cliff)とは、北マリアナ諸島サイパン島最北端のである。正式名称は、プンタンサバネタ(プンタン平原)。

地理編集

太平洋戦争大東亜戦争)中、日本軍司令部がサイパン島北部にあり、アメリカ軍の激しい戦闘(サイパンの戦い(1944年6月15日〜同年7月9日))において、追い詰められた日本兵や民間人が、スーサイドクリフと同様にアメリカ兵からの投降勧告、説得に応じず、80m下のに身を投じて自決した悲劇の断崖(岬)である。多くの自決者が「天皇陛下、万歳」や「大日本帝国、万歳」と叫び、両腕を上げながら身を投じたことから、戦後この名で呼ばれるようになった。自決者の数は1万人にのぼるとも言われていて、海は血で真っ赤に染まり、死体の海と化した。

現在は、サイパン島南太平洋地域の平和記念公園として整備され、慰霊碑や寺院が建立されており、崖周辺にある多数の供養塔とともに、観光地の1つとなっている。

また、慰霊碑へ向かう道の途中には、戦車が放置してあり見学することができる。

第二次世界大戦後60周年の2005年(平成17年)6月28日皇室としては初めて、明仁天皇美智子皇后がバンザイクリフを慰霊のため訪問した[1]

かつては、英語化された音でマッピ岬Marpi)と呼ばれた。日本統治時代の地名もマッピ(松尾)で、古い文献にもそのように記されている。プンタンサバネタPuntan Sabaneta)という呼称は、現地の言葉であるチャモロ語での呼称である。北マリアナ政府は、この岬を正式にプンタンサバネタに変更したが、世界ではバンザイクリフが使われている。

サイパン戦の犠牲者編集

  • 日本兵・在留日本人:55000人以上
  • アメリカ兵:3500人以上
  • チャモロ人:900人以上

バンザイクリフの集団自決を描いた作品編集

脚注編集

関連項目編集