メインメニューを開く

バンベルク交響楽団ドイツ語: Bamberger Symphoniker – Bayerische Staatsphilharmonie)は、ドイツバイエルン州バンベルクに本拠を置くオーケストラである。

バンベルク交響楽団
Bamberger Symphoniker
Konzerthalle Bamberg Dämmerung Peter Eberts.JPG
本拠地のコンツェルトハレ
基本情報
出身地 ドイツの旗 ドイツバイエルン州バンベルク
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1946年 -
共同作業者 首席指揮者:ジョナサン・ノット
公式サイト www.bamberger-symphoniker.de

概要編集

人口7万人台の地方小都市を拠点としながらも、4管編成110人の堂々たる陣容を誇り、古くから名指揮者に恵まれたことと、積極的な録音や演奏旅行によって、国際的に名前が知られた楽団である。

前身は、1940年チェコ(当時はナチス・ドイツ支配下のベーメン・メーレン保護領)のドイツ系住民によって創立されたプラハ・ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団Deutschen Philharmonischen Orchesters Prag)である。同楽団は、ヴィルヘルム・フルトヴェングラーの推薦で、ヨーゼフ・カイルベルトを首席指揮者に迎えて活動していた。

ドイツの敗戦後の1945年、チェコからドイツへ逃れた(ドイツ人追放)同楽団の楽団員が集結して本楽団を創立した。1946年3月16日バンベルク・トーンキュンストラー管弦楽団(Bamberger Tonkünstlerorchester)として第1回演奏会を開いたが、同年6月1日、バンベルク交響楽団に改称した。1947年、ハンス・クナッパーツブッシュが客演し、1948年にはオーストリア、1949年にはパリに演奏旅行をした。1949年、カイルベルトを首席指揮者に迎えた。1968年、カイルベルトが急逝した後、オイゲン・ヨッフム芸術顧問を務めた。1973年、イシュトヴァン・ケルテスの首席指揮者就任が決定されたが、ケルテスは就任前に急逝し、しばらく首席指揮者不在だった。1979年にジェームズ・ロッホランが首席指揮者に就任したが、録音ではヨッフムが中心だった。その後ヴィトルド・ロヴィツキホルスト・シュタインとつないで、2000年からジョナサン・ノットを首席指揮者に迎えている。シュタイン時代の1993年バイエルン州立フィルハーモニーBayerische Staatsphilharmonie)の呼称が加えられている。

録音等編集

1982年ヨッフムとの来日公演のライブ録音は、CDDVD化され好評を博している。

本拠地編集

本拠地となるホールは、1993年に新築されたバンベルク・コンサート・コングレス・ホール(Konzert- und Kongresshalle Bamberg)の「ヨーゼフ・カイルベルト・ザール」(Joseph-Keilberth-Saal)である[1]。1993年まではドミニコ会修道院であるドミニカナーバウが使用されていた。ドミニカナーバウでは、コンサートや録音セッションが行われるたびに騒音対策として、付近の交通規制が行われていた。

歴代首席指揮者等編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈・出典編集

  1. ^ 当該コンサートホールは、2008年に豊田泰久の音響設計により改修されている。

外部リンク編集