メインメニューを開く

ジェームス・ロッホラン

ジェームズ・ロッホランJames Loughran CBE, 1931年6月30日 - )[1][2]は、イギリススコットランド指揮者

ジェームズ・ロッホラン
生誕 (1931-06-30) 1931年6月30日
出身地 イギリスの旗 イギリス スコットランドグラスゴー
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者

経歴編集

グラスゴーに生まれ、学生時代は法律と経済を専攻したが、並行して指揮法も習得したという。1958年ボンの歌劇場でコレペティトール(練習指揮者)として雇われたのを皮切りに、アムステルダムミラノの歌劇場で下積み時代を送った。

1961年フィルハーモニア管弦楽団主催の指揮者コンクールで優勝を果たし、ボーンマス交響楽団の准指揮者になった。1964年に英国オペラグループの音楽監督としてコヴェント・ガーデンヴェルディの『アイーダ』でデビューする。1965年からはBBCスコティッシュ交響楽団の首席指揮者に就任する。1970年、急逝したジョン・バルビローリの後継で1971年より1983年までハレ管弦楽団の首席指揮者として世界各地で公演を実施、その後1991年まで桂冠指揮者を務めた。1979年から1983年まではバンベルク交響楽団の首席指揮者も務めたほか、1996年から2003年までデンマークのオーフス交響楽団の首席指揮者を歴任した。また、BBCウェールズ交響楽団の首席客演指揮者も務めた。

スコットランドおよび北欧での活動が主であるが、1972年ニューヨーク・フィルハーモニックを指揮しアメリカデビューするなど、世界各地のオーケストラに客演している。現在はエディンバラ・ユース・オーケストラ総裁を務めるなど、地元スコットランドで後進の指導に当たっている。

ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団スコットランド室内管弦楽団を率いて来日しているほか、1980年以来、定期的に日本フィルハーモニー交響楽団に客演し現在は名誉指揮者の称号を贈られているなど、日本においても馴染みある指揮者の一人でもある。

脚注編集

先代:
ノーマン・デル・マー
BBCスコティッシュ交響楽団
首席指揮者

1965年 - 1971年
次代:
クリストファー・シーマン
先代:
オイゲン・ヨッフム
バンベルク交響楽団
首席指揮者

1979年 - 1983年
次代:
ヴィトルド・ロヴィツキ
先代:
エーリ・クラス
オーフス交響楽団
首席指揮者

1996年 - 2003年
次代:
ジャン・カルロ・アンドレッタ