メインメニューを開く

バード大学(英語: Bard College)とはアメリカ合衆国ニューヨーク州アナンデール・オン・ハドソン英語版にある私立リベラルアーツカレッジ英語版である。

バード大学
Bard College
ラテン語: Collegium Bardianum
校訓 Dabo tibi coronam vitae (ラテン語)
校訓(英語) I shall give thee the crown of life (Revelation 2:10)
学校種別 私立リベラルアーツカレッジ英語版
設立年 1860年
基金 $267百万[1]
学長 レオン・ボットスタイン
大学職員数
257
学部生数 2,051
大学院生数 160
所在地 アメリカ合衆国
ニューヨーク州アナンデール・オン・ハドソン英語版
北緯42度01分16秒 西経73度54分29秒 / 北緯42.021度 西経73.908度 / 42.021; -73.908座標: 北緯42度01分16秒 西経73度54分29秒 / 北緯42.021度 西経73.908度 / 42.021; -73.908
キャンパス 郊外、600 エーカー (240 ha)
スクールカラー 赤と白[2]
         
陸上競技 NCAA ディビジョンIII英語版
リバティリーグ英語版
有名なチーム Raptors[3]
ウェブサイト bard.edu
Bard logo.png
テンプレートを表示

目次

歴史編集

バード大学は当初、ニューヨークの米国聖公会のもとで聖スティーヴンという名で設立され、1928年にコロンビア大学に併合されたが、その後1934年に創始者ジョン・バードにちなんでバード大学と改名分離した。 第二次世界大戦当時には、ナチスドイツから逃れてきた、ハンナ・アーレントなどの知識人を含むヨーロッパ難民の避難場所を提供した。

ハンナ・アーレントとの関わり編集

ハンナ・アーレントはシカゴ大学時代の教え子でもあり、現学長のレオン・ボットスタインの招きに応じバードで教鞭をとることを決意したが急逝、遺言に従い学内のある夫・ハインリッヒ・ブリュッヒャーの墓の傍に葬られた。夫ブリュッヒャーもバードでは哲学の教鞭をとっており、ふたりの影響はバードのカリキュラムの随所に見受けられる。学内にはハンナ・アーレントの蔵書すべてが寄贈されたハンナ・アーレント図書館、またハンナ・アーレント・センターがある。

CCS編集

現代アートのキュレーションを学ぶことのできるCCS(Center for Curatorial Studies)があることでも有名。アメリカで最も歴史あるキュレーターのための修士課程のプログラムの一つ。[4] 

音楽教育編集

学部生として音楽・リベラルアーツ両方の学士号を取得できる5年間のデュアル・ディグリープログラムがある。クラシック音楽の教育は特に盛んで、現学長のレオン・ボットスタインの指揮のもと中国、東欧、キューバなど世界各地でオーケストラが講演。[5] ジョン・ケージ・トラストの本部が学内にあり、現代音楽教育にも力を入れる。[6]

教員編集

出身者編集

脚注編集

  1. ^ "About". Bard.edu. 
  2. ^ Student Services”. Bard.edu. 2014年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月9日閲覧。
  3. ^ Bard Athletics and Recreation”. Bard.edu. 2010年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月8日閲覧。
  4. ^ http://www.bard.edu/ccs/
  5. ^ http://www.bard.edu/conservatory/
  6. ^ http://johncage.org/about.html

外部リンク編集