トッド・ヘインズ

アメリカの映画監督 (1961 - )

トッド・ヘインズTodd Haynes, 1961年1月2日 - )は、アメリカ合衆国映画監督脚本家

トッド・ヘインズ
Todd Haynes
トッド・ヘインズ Todd Haynes
生年月日 (1961-01-02) 1961年1月2日(60歳)
出生地 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
主な作品
映画
ベルベット・ゴールドマイン
エデンより彼方に
アイム・ノット・ゼア
キャロル
テレビドラマ
ミルドレッド・ピアース 幸せの代償
 
受賞
カンヌ国際映画祭
芸術貢献賞
1998年ベルベット・ゴールドマイン
クィア・パルム
2015年キャロル
ヴェネツィア国際映画祭
審査員特別賞
2007年アイム・ノット・ゼア
ベルリン国際映画祭
テディ賞
1991年ポイズン
全米映画批評家協会賞
監督賞
2015年『キャロル』
ニューヨーク映画批評家協会賞
監督賞
2002年エデンより彼方に
2015年『キャロル』
その他の賞
テンプレートを表示

来歴編集

ロサンゼルス出身。母方がユダヤ[1]

10代で映画に関心を持ち、高校在学中の1978年に最初の短編『The Suicide』を製作。その後、ブラウン大学記号学を専攻し、在学中の1985年アルチュール・ランボーから着想を得た中編『Assassins: A Film Concerning Rimbaud』を製作。記号学と文学の学士を取得してブラウン大学を卒業後、ニューヨークに移住し、バード大学に入学。この頃からインディペンデント映画界に関わるようになり、1988年役者の代わりにバービー人形を使ってカレン・カーペンターの最期の日々を描いた中編『Superstar: The Karen Carpenter Story』を発表。しかし、音楽著作権を巡ってカレンの兄リチャードに訴えられた。

1991年ジャン・ジュネの『薔薇の奇跡』を基にした長編デビュー作『ポイズン』を発表。ポルノとの批判もされたが、サンダンス映画祭グランプリ、ベルリン国際映画祭テディ賞などを受賞。

1998年1970年代ロンドンを舞台に当時のグラム・ロック界を描いた『ベルベット・ゴールドマイン』を発表。第51回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、芸術貢献賞を受賞。

2002年ダグラス・サークの『天はすべて許し給う』にオマージュを捧げた『エデンより彼方に』を発表。1950年代アメリカを忠実に再現した映像が高く評価され、インディペンデント・スピリット賞作品賞・監督賞など多数の賞を受賞。また、主演のジュリアン・ムーア第59回ヴェネツィア国際映画祭女優賞を受賞。

2007年ボブ・ディランの半生を描いた『アイム・ノット・ゼア』を発表。クリスチャン・ベールヒース・レジャーリチャード・ギアなど6人の俳優にディランを演じさせて話題となり、第64回ヴェネツィア国際映画祭では審査員特別賞ケイト・ブランシェットが女優賞を受賞した。

2011年からはテレビドラマの演出にも携わり、『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』(2011年)などを手がけている。

2015年パトリシア・ハイスミスの『The Price of Salt』を元にした『キャロル』が第68回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、クィア・パルム賞を受賞し、また本作でルーニー・マーラ女優賞を受賞。

私生活編集

ゲイであることを公表している[2]。現在はオレゴン州ポートランドで暮らしている。

フィルモグラフィ編集

長編映画編集

タイトル 役職 注記
監督 脚本
1991 ポイズン
Poison
    編集
1995 SAFE
Safe
   
1998 ベルベット・ゴールドマイン
Velvet Goldmine
   
2002 エデンより彼方に
Far from Heaven
   
2007 アイム・ノット・ゼア
I'm Not There
   
2015 キャロル
Carol
 
2017 ワンダーストラック
Wonderstruck
 
2019 ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男
Dark Waters
 
2021 The Velvet Underground  

製作総指揮

その他

短編映画編集

タイトル 役職 注記
監督 脚本 製作
1978 The Suicide    
1985 Assassins: A Film Concerning Rimbaud     本人として出演
1987 Superstar: The Karen Carpenter Story       出演
1989 La Divina   アシスタントディレクター
1989 He Was Once   出演

テレビシリーズ編集

  • Dottie Gets Spanked(1993年)- 短編作品、監督・脚本
  • ミルドレッド・ピアース 幸せの代償 Mildred Pierce(2011年)- 監督・脚本・製作総指揮
  • Enlightened(2013年)- 監督
  • Six by Sondheim(2013年)- 監督

参考文献編集

  1. ^ Pfefferman, Naomi (2011年3月29日). “"Mildred Pierce," Todd Haynes and Me”. The Jewish Journal of Greater Los Angeles. 2015年7月11日閲覧。
  2. ^ Briefs, Barbecues and Beyond: An interview with writer/director Todd Haynes”. 2007年11月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年11月1日閲覧。

外部リンク編集