メインメニューを開く
京都で逮捕された正田

バー・メッカ殺人事件(バー・メッカさつじんじけん)は1953年7月に東京都で起こった殺人事件アプレゲール犯罪のひとつとされる。

概要編集

1953年7月27日、営業中の東京新橋のバー・メッカの天井から血が滴り落ちてきて騒ぎになる。屋根裏を調べると証券ブローカー(当時40歳)の撲殺された遺体が発見され、現金41万円が奪われていることが判明した。

犯人として元証券会社社員だった正田昭(当時24歳)とボーイB(当時20歳)とBの仲間C(当時22歳)が浮上。警察は正田を主犯として3人を全国指名手配にする。7月29日Cが出頭、8月4日にBが出頭した。警察は残る正田を追い、10月12日、京都で正田を逮捕

正田は当初は「ただナット・ギルティ(無罪)を主張するだけです」と英語交じりに語っていたが、犯行を自供。犯行の動機は「義理のある人から預かった株券を無断で売却処分してしまい、その金を返したい一念でやった」と語った。

正田は女遊びや麻雀ダンスと浪費癖が激しかったことから、マスコミアプレゲール犯罪として取り上げる。

1956年、東京地裁は正田に死刑、Bに懲役10年、Cに懲役5年を言い渡した。BとCは判決を受け入れたが、正田は控訴をする。1960年に控訴棄却、1963年に上告棄却で死刑が確定した。その一方で、正田は獄中で小説を書くようになる。

1969年12月9日、東京拘置所において正田に死刑が執行された。享年40。