パフタコール・マルカジイ・スタジアム

パフタコール・マルカジイ・スタジアムウズベク語: Paxtakor Markaziy Stadioni)はウズベキスタンの首都タシュケントにある多目的スタジアムであり、ウズベキスタンの国立競技場である。

パフタコール・マルカジイ・スタジアム
Paxtakor Markaziy Stadioni
Pakhtakor Markaziy Stadium.jpg
施設情報
所在地 ウズベキスタンの旗 タシュケント, パフタコール通
位置 北緯41度18分56秒 東経69度15分37秒 / 北緯41.315449度 東経69.260328度 / 41.315449; 69.260328座標: 北緯41度18分56秒 東経69度15分37秒 / 北緯41.315449度 東経69.260328度 / 41.315449; 69.260328
開場 1956年
修繕 1996年
拡張 2008年
グラウンド トラック付天然芝
ピッチサイズ 112 x 72 m
使用チーム、大会
FCパフタコール・タシュケント
サッカーウズベキスタン代表
AFC U-16選手権2008
AFC U-16選手権2010
収容能力
35,000人(サッカー)
54,170人(最大)[1]

目次

概要編集

1956年に建設された。現在は主にサッカーの試合に用いられており、ウズベク・リーグに属するFCパフタコール・タシュケントホームスタジアムでもある。

また、サッカーウズベキスタン代表のホームゲームもこのスタジアムで開催される。

パフタコール・マルカジイ・スタジアムのピッチサイズであるが、国際サッカー連盟が規定する国際試合のピッチサイズより若干大きく採られているとされる。

主な国際試合編集

交通アクセス編集

脚注編集

外部リンク編集