FCパフタコール・タシュケント

パフタコール・タシュケントFKPakhtakor Tashkent FK, ウズベク語: Paxtakor futbol klubi (Toshkent), ロシア語: Футбольный клуб Пахтакор Ташкент)は、ウズベキスタンの首都タシュケントを本拠地とするサッカークラブである。

FCパフタコール・タシュケント
原語表記 ФК Пахтакор Ташкент
クラブカラー 黄色と青
創設年 1956年
所属リーグ ウズベク・リーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン タシュケント
ホームスタジアム パフタコール・マルカジイ・スタジアム
収容人数 55,000
代表者 アルメニアの旗 Samvel Babyan
監督 ウズベキスタンの旗 ヌモン・ハサノフ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

ソビエト連邦時代は、ソ連1部リーグに昇格した唯一のウズベキスタンのクラブであった。1部には合計22シーズン在籍し、最高順位は1962年1982年シーズンの6位である。このうち、1982年の6位は、1979年に発生した航空機事故(1979年ドニプロゼルジーンシク空中衝突事故)によって、ディナモ・ミンスクとのリーグ戦のために白ロシア(現ベラルーシ)のミンスクに向かっていた監督を含む17人の選手・スタッフが死亡した悲劇を乗り越えての成果だった。

USSRカップでは、1968年に中央アジアのクラブとしては唯一となる決勝進出を果たして、準優勝している。

ソ連崩壊によるウズベキスタンの独立で成立したウズベク・リーグでは、1992年の第1回リーグでネフチ・フェルガナと同ポイントで優勝を分け合い、2002年から2007年までに6シーズン連続で優勝した。2003年に始まったAFCチャンピオンズリーグの常連であり、2003年2004年には準決勝に進出した。

2009年7月、ACL準決勝を前にして、イグナティ・ネステロフを始めとする11人の選手が他のクラブに移籍する事態が発生。[1]

その後AFCチャンピオンズリーグでグループリーグ敗退し、国内でもネフチ・フェルガナに代わって台頭した同じタシュケントを本拠地とするライバルのFCブニョドコルに4連覇を成し遂げられるなど低迷の兆しが見られたが、柴村直弥が在籍した2012シーズンに5年ぶり9回目の優勝を成し遂げた。2014年シーズンも優勝し、同リーグで初めて優勝回数が10回となった。

目次

タイトル編集

国内タイトル編集

  • リーグ : 10回
    1992, 1998, 2002, 2003, 2004, 2005, 2006, 2007, 2012, 2014
  • カップ : 10回
    1993, 1997, 2001, 2002, 2003, 2004, 2005, 2006, 2007, 2009, 2011

国際タイトル編集

現所属メンバー編集

歴代監督編集

歴代所属選手編集

GK編集

DF編集

MF編集

FW編集

脚注編集

外部リンク編集