パブリックビューイング

パブリックビューイング(: public viewing)は、スポーツ競技やコンサート等などのイベントにおいて、スタジアムや街頭などにある大型の映像装置を利用して観戦・観覧を行うイベントのことである。スポーツ競技では主にオリンピックFIFAワールドカッププロ野球Jリーグのリーグ戦終盤やポストシーズン、プロボクシング世界戦で選手の地元向けなどに行われる。 オーストリアではウィーン国立歌劇場オペラのチケットが売り切れるので、パブリックビューイングされ、潜在需要の掘り起こしに役立てている。

街頭テレビのように、会場が無料開放される場合もあれば、映画館などで入場料を支払う場合もある。

目次

目的編集

 
WM 2006 期間中のモニターの付近。ミュンヘン

主に、以下のような目的で開催される。

  1. 入場券を持たないが観覧・観戦希望者が多い場合。
  2. 催事・試合会場に入りきれなかった観覧・観戦希望者が出た場合。
  3. 遠隔地で催事・試合を行う場合。競馬競輪競艇の場外売り場での試合の中継。
  4. 観覧・観戦希望者は多い催事・試合がテレビ放送されない場合。中継は行われるが当該地域でネットされないものも含む。
  5. テレビ受像機が普及していない場合。街頭テレビ
  6. 催事・試合会場に観衆・観客の立ち入りが不可能な場合(無観客試合など)。
  7. 催事・試合の終了後、他会場で行われている催事・試合を流す場合(他会場の結果次第で優勝などが決まる場合など)。

パブリックビューイングを放送新技術披露の場として用いるケースも増えている。2012年ロンドンオリンピック2014年FIFAワールドカップブラジル大会では、NHKによるスーパーハイビジョンを用いたパブリックビューイングが開催された[1][2]

備考編集

パブリックビューイングがテレビにおけるスポーツ中継の視聴率を低下させているとの指摘があり、鈴木祐司は「パブリックビューイングも視聴率に反映する手法を開発する必要があるのでは?」と提言を行っている[3]

脚注編集

関連項目編集