メインメニューを開く

パラノーマル・アクティビティ2』(原題: Paranormal Activity 2)は、2010年アメリカ映画。2009年に北米で公開された『パラノーマル・アクティビティ』の続編。続編であるが内容的には『パラノーマル・アクティビティ』の前日談である。

パラノーマル・アクティビティ2
Paranormal Activity 2
監督 トッド・ウィリアムズ
脚本 マイケル・R・ペリー
原作 キャラクター創造
オーレン・ペリ
製作 オーレン・ペリ
ジェイソン・ブラム
製作総指揮 スティーヴン・シュナイダー
アキヴァ・ゴールズマン
撮影 マイケル・シモンズ
編集 グレゴリー・プロトキン
配給 パラマウント映画
公開 フランスの旗 2010年10月20日
アメリカ合衆国の旗 2010年10月22日
日本の旗 2011年2月11日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $3,000,000[1]
興行収入 $177,512,032[1]
4億3000万円[2] 日本の旗
前作 パラノーマル・アクティビティ
次作 パラノーマル・アクティビティ3
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

ある日クリスティとダニエルが帰宅すると家が荒らされていた。しかし、無くなったものはクリスティの姉ケイティから貰ったペンダントだけだった。防犯の為にダニエルは家中に防犯カメラを設置するが、その日を境にしてクリスティの周りで次々に不可思議な現象が起こるようになる。悪魔の仕業だと怯えるクリスティだがダニエルは聞く耳を持たなかった。だがそのうち、クリスティは悪魔にとり憑かれたように豹変してしまう。悪魔の存在を信じたダニエルは儀式により、とり憑いた悪魔をクリスティの肉親であるケイティーに移動させたのだが…

キャスト編集

製作編集

パラマウントとドリームワークスによってマイケル・R・ペリーが脚本家として雇われ、前作で脚本、監督を勤めたオーレン・ペリは製作のみに留まった[3]。監督には当初、『ソウ6』(2009年)のケヴィン・グルタートが雇われる予定であった。しかしながら、『ソウ』シリーズのスタジオ側がグルタートに『ソウ ザ・ファイナル 3D』を撮らせるためにその話は無くなり[4]、代わりにトッド・ウィリアムズが監督に就任した。

2010年5月に製作が開始された[5]

公開編集

2010年6月30日公開の『エクリプス/トワイライト・サーガ』に予告編が初めて付けられた[6]

世界最速公開は2010年10月20日のフランスであり、製作国のアメリカ合衆国は2日後の22日である[7]

日本では2011年2月11日に公開された。配給は、前作のプレシディオに代わってパラマウントが務める。

出典編集

  1. ^ a b Paranormal Activity 2 (2010)” (英語). Box Office Mojo. 2011年11月27日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報」2012年2月下旬決算特別号 211頁
  3. ^ 'Saw VI' Director Hired for 'Paranormal Activity 2'”. Newsinfilm.com. 2010年2月24日閲覧。
  4. ^ Holmes, Matt. (2010-01-28) "Kevin Greutert blogs his feelings on SAW 3-D vs. PARANORMAL ACTIVITY 2 studio battle!" Obsessedwithmovies.com. Retrieved 2010-01-29.
  5. ^ Leins, Jeff (2010-03-26) "Paranormal Activity 2 Director Found" Archived 2010年3月28日, at the Wayback Machine. NewsinFilm.com. Retrieved 2010-03-26.
  6. ^ Paranormal Activity 2 Teaser Coming with Twilight: Eclipse”. ComingSoon.net (2010年6月24日). 2010年7月5日閲覧。
  7. ^ Paranormal Activity 2 (2010) - Release dates” (英語). インターネット・ムービー・データベース. 2010年10月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集