メインメニューを開く

パリ空港の人々』(Tombés du ciel)は、1993年制作のフランス映画パスポートを盗まれたためにシャルル・ド・ゴール国際空港に足止めされた男性と、様々な事情により空港で暮らす人々を描いたドラマ。

パリ空港の人々
Tombés du ciel
監督 フィリップ・リオレフランス語版
脚本 フィリップ・リオレ
製作 ジル・ルグランフランス語版
フレドリック・ブリリョン
出演者 ジャン・ロシュフォール
音楽 ジェフ・コーエンフランス語版
撮影 ティエリー・アルボガスト
編集 ローラン・ガグリオフランス語版
公開 フランスの旗 1994年2月23日
日本の旗 1995年3月4日
上映時間 91分
製作国 フランスの旗 フランス
スペインの旗 スペイン
言語 フランス語
テンプレートを表示

目次

キャスト編集

ストーリー編集

学者のアルチェロは、モントリオールの空港で寝ている間にパスポート等を盗まれてしまう。とりあえずシャルル・ド・ゴール空港までたどり着いたものの、当然パスポートなしではフランスに入国することは出来ないし、フランスとカナダ二重国籍を持ち、イタリアスペイン人の妻と共に住むアルチェロの状況は複雑で、確認が取れるまでトランジット・ゾーンから出られなくなってしまう。

関連項目編集

外部リンク編集