チョッパリ

パンチョッパリから転送)
2005年当時、竹島の日決議案通過に反発して掲げられた横断幕
「独島よ!心配するな。鬼神も捕らえて、チョッパリも捕らえる海兵隊がいる-海兵戦友会」

チョッパリとは、朝鮮語日本人の蔑称として用いられる差別用語である。「쪽발이」が正式な綴りだが、実際の発音に近い「쪽바리」や「쪽빠리」と表記されることも多い。派生語に在日韓国・朝鮮人を意味する「パンチョッパリ(半チョッパリ)」がある。

目次

語源編集

語源については諸説ある。偶蹄類の蹄の先が二つに割れていることから、日本統治時代に朝鮮人が支配者である日本人が履いていた下駄の鼻緒や足袋のつま先が二つに分かれている様子を動物になぞらえたものであるとする説がある[1][2]

補足編集

似た表現に「ウェノム(왜놈/倭奴)」があり、こちらは小中華思想および中華思想を反映したものである。
また、在日韓国・朝鮮人に対しての侮蔑語に、「パンチョッパリ반쪽발이)」がある。半分日本人を意味する言葉で、日本贔屓や日本人のような行動をする人に対しても使われていた。また、在日韓国・朝鮮人が日本人と結婚した同胞を揶揄する場合にも用いられた。似た表現に「キョッポ(교포/僑胞)」がある。

文芸作品編集

  • 小林勝『蹄の割れたもの』(1969年) 朝鮮で生まれ育った日本人が敗戦を境に「部外者」であることを強く認識して「チョッパリ」という精神的な刑を自らに与えたという内容の短編小説。『チョッパリ-小林勝小説集』(1970年)収録。
  • 李恢成『半チョッパリ』(1971年) 帰化問題に葛藤する在日青年を主人公にした短編小説。『砧を打つ女』(1972年)収録。
  • 西部邁『友情-ある半チョッパリとの四十五年』(2005年)

脚注・出典編集

参考文献編集

  • 中村憲一 『コリアのおもしろさ』 晩聲社、2013年ISBN 4891883588 

関連項目編集