メインメニューを開く

パーマン』は、藤子・F・不二雄原作の漫画パーマン』(1967年)を題材とするファミリーコンピュータゲームソフト。アイレム(現:アピエス。ただし、ゲーム開発部門は事業譲渡を経て現:アイレムソフトウェアエンジニアリング)より1990年12月14日に発売された。

パーマン
えんばんをとりかえせ!!
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 タムテックス
発売元 アイレム
音楽 御守郁子
人数 1人
メディア 2メガビットロムカセット[1]
発売日 日本 199012141990年12月14日
その他 型式:IF-20
テンプレートを表示

ゲーム内容編集

システム編集

基本的にはステージ道中はアクションゲームとなっている。攻撃方法はパンチ(または波動砲か変身銃)及びジャンプしての踏みつけである。ボスとの対決になると双六形式のゲームになる。ただし、ラストボスとの対決はアクションゲームとなっている。

1面・2面・4面・6面ではプレイヤーキャラクターはパーマン1号のみであるが、3面と5面のみプレイヤーキャラクターをパーマンかブービー(パーマン2号)から選択することができる。ブービーはパーマン1号よりジャンプ力がある。

各面に豆ゲーム(奇数面は千面相の間違い探し・偶数面は全悪連会長のモグラ叩き)が存在し、クリアすればスペシャルアイテムが手に入る。

パーマンがやられるとパーマンセットが外れて倒れる演出となっている。

アイテム編集

  • パワーアップ - パンチに波動砲ができる。2回目を取ると射程距離が伸びる。
  • 細胞変換銃 - 1面と5面に存在する。攻撃して当てると、動物に変身させる。ブロックを壊すことはできない。
  • バッジ - 1ステージに4つある。ボス面でバッジを使うことができる。
  • アイスクリーム - HPが1回復する。
  • ホットケーキ - HPが全回復する。
  • 1UP - 残数を1増やすことができる。
  • コピーロボット - ボス面の最初で最大HPとHPがそれぞれ6増える。3面と6面に存在する。
  • いかさまサイコロ - ボス面でサイコロを振ると5か6が出る。4面と5面に存在する。
  • ヘルメット - 一定時間無敵。
  • げんこつ - 1面と5面のみに存在する。細胞変換銃を通常攻撃に変更することができる。
  • バナナ - ブービーによる3面のみに登場。一定時間、プレイヤーキャラの回りにバリアができる。

ボスステージ編集

ラストボス以外のボスステージは双六ゲーム。プレイヤーが先行で、プレイヤーとボスキャラと交互にサイコロを振る。相手よりも早くゴールに着くか、先に相手のHPを0にしたほうが勝ち。

マス
空白マス以外は一度マスに止まると、空白マスになる。
  • 空白 - 普通攻撃。
  • パワー - 大攻撃。
  • アイスクリーム - 1HP回復。
  • ホットケーキ - 6HP回復。
  • バッジ - プレイヤーの場合はバッジを持ってれば、バッジを1つ減らすことで仲間を呼ぶことができる。ボスキャラの場合はプレイヤーのバッジが1つ取られる。
  • ?マーク - サイコロを振った目数分を相手に後戻りさせるか、マスに止まった側の自身の1回休み。相手の後戻りか1回休みかはマスの位置ごとに決まっている。
バッジ
プレイヤーがバッジマスに止まると、1回のバッジで3人の仲間から誰か1人を呼ぶことができる。ステージ毎に4個存在し、それぞれのパーマンの効果が異なる。効果として以下のものがある。
  • 相手のHPを1減らす(小攻撃)
  • 相手のHPを多く減らす(大攻撃)
  • プレイヤーのHPを6回復する(回復)
バッジの効用
2号
(1号)
3号 4号
1面 回復 小攻撃 大攻撃
2面 回復 大攻撃 小攻撃
3面 大攻撃 小攻撃 回復
4面 小攻撃 回復 大攻撃
5面 大攻撃 回復 小攻撃
6面 小攻撃 大攻撃 回復

設定編集

ストーリー編集

地球の様子を見に来たバードマンが、乗ってきた円盤をマッド博士に取られてしまった。パーマンはマッド博士から円盤を取り戻すべく、立ち上がった。

ステージ構成編集

ステージ1 空き地
土管がある空き地のステージ。ボスは神山無仁斎でHP8。
ステージ2 街
透明人間のステージ。ボスは透明人間でHP9。
ステージ3 森
森の中を枝から枝へ上へ進むステージ。ボスは猿蚤鳥助でHP10。
ステージ4 氷山
氷のステージで氷山に気をつけながら、氷の壁を壊して進むステージ。ボスは雪男でHP11。
ステージ5 船
船の内部に侵入するステージ。ボスはワニザメ船長でHP12。
ステージ6 岩山
溶鉱炉のステージ。ボスはロボットゴリアテでHP16。
最終ステージ マッド博士研究所
研究所内でラストボスの円盤に乗ったマッド博士と最終決戦。

評価編集

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通24/40点[2]
ファミリーコンピュータMagazine17.94/30点[1]

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計24点(満40点)[2]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、17.94点(満30点)となっている[1]。同誌1991年5月10日号特別付録の「ファミコンロムカセット オールカタログ」では、「ステージは普通のアクションなのだが、ボスとの対決はすごろくという変わりモノだ」と紹介されている[1]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.28 2.93 3.16 2.97 3.04 2.56 17.94

続編編集

パーマンPART2 秘密結社マドー団をたおせ!
アイレムより1991年12月20日に発売された続編。機種は前作と同じくファミリーコンピュータ。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店、1991年5月10日、 103頁。
  2. ^ a b パーマン まとめ [ファミコン] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2018年4月30日閲覧。