ヒュー・マセケラ

ヒュー・マセケラHugh Masekela1939年4月4日 - 2018年1月23日[1])は、南アフリカ連邦出身のトランペットフリューゲルホーンコルネット奏者にして、作曲家で歌手。「グレイジング・イン・ザ・グラス」のヒットで知られる。

ヒュー・マセケラ
Hugh Masekela
Hugh Masekela 2009.jpg
ヒュー・マセケラ(2009年)
基本情報
出生名 Hugh Ramopolo Masekela
生誕 (1939-04-04) 1939年4月4日
出身地 南アフリカの旗 南アフリカ連邦 ウィットバンク
死没 (2018-01-23) 2018年1月23日(78歳没)
ジャンル ジャズアフロビート
職業 ミュージシャン歌手作曲家バンドリーダー
担当楽器 トランペットフリューゲルホーントロンボーンコルネット
活動期間 1956年 - 2018年
レーベル ヘッズ・アップブルー・サムモータウンワーナー・ブラザース・レコードヴァーヴポリグラム

来歴編集

幼少時より歌とピアノを演奏している。14歳の時、カーク・ダグラスジャズ・ミュージシャンのビックス・バイダーベックを演じた映画『情熱の狂想曲 (Young Man With a Horn)』を観て、彼はトランペットを手に取った。

1964年から1966年までミリアム・マケバと結婚していた[2][3]

1967年にバーズが発表した2枚のシングル、「ロックン・ロール・スター」と「Lady Friend」のレコーディングに参加。

1968年に発表したシングル「グレイジング・イン・ザ・グラス」が、Billboard Hot 100の1位を記録した。

2010年、ヨハネスブルグのマーケットシアターで演じられているミュージカル『Songs of Migration』に主演した。

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

Year Title Genre Label
1966 Grrr Jazz Verve
1973 The African Connection Jazz Impulse! Records
1987 Tomorrow Jazz Warner Bros.
1993 Hope [Live] Jazz Triloka Records
1994 Reconstruction Jazz Motown
1994 Hugh Masekela & Union of South Africa Jazz Mo Jazz
1998 Black to the Future Tuneful fusion Columbia
1998 Boy's Doin' It Jazz, Funk, Pop, Afrobeat, and R&B Polygram
1999 The Best of Hugh Masekela on Novus Jazz RCA
2000 Sixty Jazz Shanachie
2001 Grazing in the Grass: The Best of Hugh Masekela Jazz Sony
2002 Time Jazz Columbia
2003 The Collection Jazz Universal/Spectrum
2004 Still Grazing Township Jazz Blue Thumb
2005 Revival Pop, Jazz, R&B Heads Up
2006 The Chisa Years: 1965-1975 (Rare and Unreleased) Funk BBE
2007 Live at the Market Theatre Jazz Four Quarters Ent

脚注編集

  1. ^ “南アが誇るトランペット奏者、ヒュー・マセケラさん死去 78歳”. AFP. (2018年1月23日). http://www.afpbb.com/articles/-/3159676?cx_part=topstory 2018年1月23日閲覧。 
  2. ^ Burke, Jason (2018年1月23日). “Hugh Masekela, South African jazz trumpeter, dies aged 78”. The Guardian. https://www.theguardian.com/music/2018/jan/23/hugh-masekela-south-african-jazz-trumpeter-dies-aged-78 
  3. ^ Ewens, Graeme (2008年11月11日). “Obituary: Miriam Makeba”. the Guardian. 2018年1月23日閲覧。

外部リンク編集