ブルー・サム・レコード

ブルー・サム・レコード(Blue Thumb Records)は1968年にボブ・クラスノー(クラズナウ)により創設されたアメリカのレコード・レーベル。開設時にトミー・リピューマ[1]とドン・グレアムも参加している。

青い指紋のロゴを持つ。

現在はヴァーヴ・ミュージック・グループの一部にある。

沿革編集

1968年にボブ・クラスノーにより創設。ブルー・サムは元々はキャプテン・ビーフハートのバンドの名前だったが、ボブはその名前でよいとは思っていなかった。しかしながら、ブルー・サムの名はレーベルとして、残す事となる。

当初は自己で配給していたが、1970年後期と1971年初期はキャピトル/EMI が配給をした。1971年から1974年末にABCレコードに売られるまではガルフ・アンド・ウェスタンのフェイマス・ミュージック・グループが配給していた。ABCはポインター・シスターズクルセイダーズの再発を主にブルー・サムを存続させた。

1979年にABCはMCAレコード(現ユニバーサル・ミュージック・グループ)に売られ、MCAはブルー・サムを休止した。

1995年に活動を再開、非ジャズ系(主にブルースやアダルト・コンテンポラリー)をリリースし始めた。

1998年にユニバーサル・ミュージック・グループとポリグラムが統合し、旧ポリグラム系のヴァーヴ・ミュージック・グループの一部となる。しかし2005年初めに活動を止め、ヴァーヴ・フォアキャストに再発等を統御している。

主なアーティスト編集

脚注編集

外部リンク編集