ヘッズ・アップ・インターナショナル

ヘッズ・アップ・インターナショナル(Heads Up International)はアメリカ合衆国オハイオ州クリーブランドに本社を構えるレコード・レーベル。1990年にミュージシャンでもあるデイヴ・ラヴにより創設された。メインはジャズを取り扱っているが、アフリカ音楽も手がけている(ヘッズ・アップ・アフリカ・シリーズ)。

ヘッズ・アップ・インターナショナル
Heads Up International
親会社 コンコード・ミュージック・グループ
設立 1990年 (1990)
設立者 デイヴ・ラヴ
ジャンル ジャズコンテンポラリー・ジャズ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
本社所在地 オハイオ州クリーブランド
公式サイト at Concord

1994年から2004年ごろにかけては、エンハンスド仕様でアルバムを発売しており、PC上でプロフィールや映像などの情報を見ることが出来る。初回版はデジパック使用のものもある。国内盤は主にポリスターより配給されていたが、現在はユニバーサル ミュージック・ジャパンが配給している。また、親会社のテラークが本国でしかプレスを許していないため、国内盤のライナーノーツは添付する形になっている。

沿革編集

  • 2009年2月には、テラークは事業縮小を行う。3月にテラークの創始者の一人で社長のロバート・ウッズが辞任、デイヴが後任となり、ヘッズ・アップは9月にヒロシマのアルバムを出した後に一時活動を停止する。
  • 2010年4月に新たに獲得したデイヴィッド・ベノワのアルバムのリリースを皮切りに活動を再開する。エグゼクティヴ・プロデューサーとしてはマーク・ウェクスラーが就任している。

ミュージシャン編集

外部リンク編集