メインメニューを開く

ビョーン・イエロッテ (スウェーデン語: Björn Ingvar Gelotte1975年8月27日 - )は、スウェーデンヘヴィメタルミュージシャンギタリストドラマー)、作曲家メロディックデスメタルバンドイン・フレイムスのギタリストとして著名。

ビョーン・イエロッテ
Björn Gelotte
Bjorn Gelotte, In Flames, Grona Lund 2008.jpg
2008年
基本情報
出生名 Björn Ingvar Gelotte[1]
生誕 (1975-08-27) 1975年8月27日(44歳)
出身地  スウェーデン
イェーテボリ・ブーヒュース県
イェーテボリ
ジャンル メロディックデスメタル
オルタナティブ・メタル
ヘヴィメタル
職業 ギタリスト
ドラマー
作曲家
レコーディング・エンジニア
担当楽器 ギター
ドラムセット
活動期間 1994年 -
共同作業者 イン・フレイムス
オール・エンズ
Sights
ペンデュラム
著名使用楽器
Gibson Les Paul custom

2004年にギターワールド誌の『GUITAR WORLD's 100 Greatest Heavy Metal Guitarists Of All Time』では、イン・フレイムスで同僚のイェスパー・ストロムブラードと共に、70位に選出された[2]。これは、メロディックデスメタル系のギタリストとしては最上位である。

また、ギター以外にもドラムスも演奏し、イン・フレイムス加入時はドラマーとして活動していた。

略歴・人物編集

Sightsというバンドで活動していたが、1995年イン・フレイムスドラマーとして加入。2ndアルバムの『The Jester Race』からドラムスを担当する[注釈 1]1998年に、ギタリストニクラス・エンゲリンが脱退すると、ギターに転向する。元々、ギターが本職であったという[3]。この転向でイン・フレイムスにはダニエル・スヴェンソンがドラマーとして加入している。以降、イン・フレイムスのギタリストとして知名度を上げていく。イン・フレイムスでは、2ndアルバムから作曲に参加するようになり、ギタリスト転向後の4thアルバムからはほぼすべての楽曲の作曲にイェスパー・ストロムブラードが脱退するまで共に携わっていた[注釈 2]。イェスパー脱退後は、ビョーンとアンダースで作曲を行っている。

また、サイドプロジェクトとしてオール・エンズにもイェスパーと共に携わっていた。元々はギタリストとして在籍していたが、イン・フレイムスでの活動が忙しくなり、現在は作曲のみの参加となっている。また、同プロジェクトには実妹であるエマ・イエロッテ (Emma Gelotte)もボーカリストとして参加していた。

2010年には、オーストラリアエレクトロニック・ミュージックバンドペンデュラムの楽曲『Self Versus Self』にイン・フレイムスの同僚、アンダース・フリーデンピーター・イワースと共に参加し、ビョーンはギターと作曲(Rob Swireとアンダース・フリーデンとの共作)を行った。

ミュージシャンとしての活動以外にも、レコーディング・エンジニアとしても活動しており、ストックホルム出身のメロディックデスメタルバンド、デグレイデッドの1stアルバム『Til Death Do Us Apart』では、ミキシングを担当した[注釈 3]

前述のエマ以外に実弟にジョン・イエロッテ (John Gelotte)がいる。ジョンは、ソース (Source)というメロディックデスメタルバンドでドラマーとして活動しており、1stアルバム『Left Alone』は輸入盤にライナーノーツを付けた形式で、日本盤もリリースされている[注釈 4]

また、ビョーンは、Star Trek: TOSアメリカ合衆国ロックバンド、CKYの熱烈なファンとしても知られている。

使用機材編集

ギター
アンプ
FX
misc
  • Dunlop strings Custom wound .12, .16, .22, .38, .52, .68 gauge strings (With a coating over them because he's allergic to nickel)
  • Dunlop .88 MM Tortex picks

ディスコグラフィ編集

イン・フレイムス編集

アルバム
シングル・ミニアルバム
ライブ
ビデオ

参加作品編集

注釈編集

  1. ^ ただし、2nd、3rdアルバム共にリードギターアコースティック・ギターを一部で担当していることがクレジットされている。
  2. ^ 6thアルバム以降は、アンダース・フリーデンも作曲に参加するようになった
  3. ^ ただし、イン・フレイムスのアルバムではレコーディング・エンジニアとしてクレジットされたことはない。
  4. ^ 1stアルバムリリース後の目立った活動は無く、現状は不明。

参照元編集

外部リンク編集