宇宙大作戦

アメリカのSFドラマシリーズ

宇宙大作戦』(うちゅうだいさくせん、: Star Trek)は、ジーン・ロッデンベリーが制作したアメリカSFテレビドラマ。『スタートレック』シリーズの最初のテレビドラマとして、NBC系列において1966年から1969年まで全3シーズンが放送された。23世紀を舞台に、宇宙船U.S.S.エンタープライズ号とその乗組員の冒険を描いている。

宇宙大作戦
Star Trek TOS logo.svg
タイトルロゴ
別名 S.0401年 宇宙大作戦
宇宙パトロール
ジャンル サイエンス・フィクション
原案 ジーン・ロッデンベリー
出演者 ウィリアム・シャトナー
レナード・ニモイ
デフォレスト・ケリー
テーマ曲作者 アレクサンダー・カレッジ英語版
作曲 アレクサンダー・カレッジ
ジョージ・ダニング英語版
ジェリー・フィールディング英語版
ジェラルド・フライド英語版
ソル・カプラン英語版
サミュエル・マトロフスキー
ジョセフ・マレンドア
フレッド・スタイナー英語版
オープニング スタートレックのテーマ英語版
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 3
話数 79
各話の長さ 50分[1]
製作
製作総指揮 ジーン・ロッデンベリー
プロデューサー ジーン・L・クーン英語版
ジョン・メレディス・ルーカス英語版
フレッド・フライバーガー英語版
製作 デシル・プロダクション (1966–1967)
パラマウント・テレビジョン英語版 (1967–1969)
ノルウェー・コーポレーション英語版
放送
放送チャンネルNBC
映像形式NTSC (480i)
4:3 1080pデジタルリマスター
音声形式モノラル, ドルビーデジタル 5.1(デジタルリマスター), DTS-HDマスターオーディオ 7.1(Blu-ray)
放送期間1966年9月8日 (1966-09-08)[注 1] - 1969年6月3日 (1969-6-3)
Star Trek: The Original Series at StarTrek.com
番組年表
続編まんが宇宙大作戦
関連番組新スタートレック,
スタートレック:ディープ・スペース・ナイン,
スタートレック:ヴォイジャー,
スタートレック:エンタープライズ
テンプレートを表示

本作をきっかけに、6本のテレビドラマ、3本のテレビアニメ、13本の映画が制作されており、加えて、ノベライズ版を始めとした多数の書籍およびゲーム玩具等からなるメディア・フランチャイズが生まれ、現在では高い人気と影響力を持つテレビドラマの1つとして広く知られている。

後続の作品群によって区別の必要が生じたため、本国のアメリカでは『Star Trek: The Original SeriesTOS)』と改められ、現在はその呼び名が定着している。他の邦題に『スター・トレック/宇宙大作戦』など、原題の呼称と併記される場合もある[3][4]

概要編集

沿革編集

本作は、ジーン・ロッデンベリーの番組制作会社であるノルウェー・コーポレーション英語版デシル・プロダクションとの提携によって制作され、1966年9月よりNBC系列で放送が開始された。1968年1月以降はデシル・プロダクションを買収したパラマウント・テレビジョン英語版が制作と提携を引き継いでいる。

放映当時は視聴率が伸び悩み、第2シーズンでの打ち切りが囁かれるほどであった。ファンによる手紙での継続嘆願運動などにより、辛うじて第3シーズンへ継続できたものの[5]放映時間の変更の変更や予算削減、それに伴う内容の方針転換から更なる視聴率の低下を招き、結局このシーズンで打ち切りが決定し[6]1969年6月に放送を終了した。しかしその後、番組販売による再放送が始まると、次第にアメリカ全土でファンを獲得し、ニューヨークなどの大都市でコンベンションが開かれるなど、カルトクラシックの地位を獲得しつつ大衆文化に影響を与えるに至った[7]

本作の版権を持っていたパラマウント映画では、ロッデンベリーに続編の制作を依頼し、テレビアニメ『まんが宇宙大作戦』が1973年9月から放送されるも[8]、依然として実写でのシリーズ復活を求めるファンの声は大きかった。1975年5月、ロッデンベリーはパラマウント映画と劇場版制作の契約を結び "Star Trek: The God Thing" の企画が立ち上がるが、宗教色の強い内容にパラマウント映画が難色を示したためこの企画は消滅した[9]1976年9月、新たに雇われた脚本家達によって "Star Trek: Planet of the Titans" の企画が立ち上がるが、この企画もまた草稿台本に了承が出ずに消滅している[10]1977年にはテレビドラマ『スタートレック:フェイズII』の企画が立ち上がり、1978年春からの放送がパラマウント・テレビジョン・サービスによって告知される。ところが、同年より『スター・ウォーズ』の大ヒットを契機としたSF映画ブームが生じたため、改めて劇場版へ企画が再変更され、1979年12月、劇場版第1作『スター・トレック』として公開されるに至った。この劇場版第1作は莫大な制作費の回収さえ至らなかったものの、パラマウント映画が制作費を抑えつつ続編を企画するには十分で、その後も劇場版が継続して作られるようになった。

作風編集

本作は、西部開拓ドラマの宇宙版として構想されたため[11]スペース・ウェスタンの要素が含まれている。また、従来のSFドラマに比べ人間ドラマの要素が濃いことから、普遍的なテーマを扱うことが多い。登場人物に、アメリカ人アフリカ民族スコットランド人ロシア人アジア人など各民族を配し、女性も主要キャラクターに含めるなど、差別のない時代を描いている。特に、ニシェル・ニコルズ演じるウフーラは、アフリカバンツー族出身で艦隊士官という設定であったため、黒人への差別意識が根強かった放送当時は画期的なキャラクターとして捉えられた。黒人たちの中でも、とりわけ黒人女性たちに大きな希望を与えたといわれている[注 2]。また、第65話「キロナイドの魔力英語版」における白人と黒人のキスシーンは、当時としては常識破りであった[15][16]

デジタルリマスター版編集

2006年には、アメリカでの放送40周年を記念して、デジタルリマスター版の制作と放送がCBSパラマウントテレビジョンによって同時に進められた[17][18]。劣化したフィルムに画像処理と音響処理を施し、特撮シーンはCGIに再合成されたもので、制作を終える2009年まで2シーズンに分けて放送された[19][20]。日本では2007年にNHKBS2が初めて放送し[21]、その後はスーパー!ドラマTV等にて放送が続けられている。現在では放送や動画配信の大半がデジタルリマスター版に切り替わっており、当時の特撮シーンを視聴できないという点で注意を要する。なお、特撮シーンの差し替えが行われていないバージョンも存在し、デジタルリマスター版ブルーレイでは両者を切り替えて視聴することが可能になっている。

ストーリー編集

舞台は23世紀(2260年代)の天の川銀河。超光速航行技術を開発した地球人はバルカン人[注 3]などいくつかの種族と惑星連邦を結成していた。その惑星連邦を守護し、深宇宙探査・防衛・外交・巡視・救難などあらゆる任務を行うのが惑星連邦宇宙艦隊であり、その宇宙艦隊の最新鋭艦が、船長のジェームズ・T・カークウィリアム・シャトナー)、副長兼科学士官のスポックレナード・ニモイ)、医療主任のレナード・マッコイデフォレスト・ケリー)らが乗り組む宇宙船U.S.S.エンタープライズ号であった。

オープニング映像の前半では、カーク船長演じるシャトナーがナレーションとして登場し、任務の目的を語る。

宇宙、それは人類に残された最後の開拓地である。そこには人類の想像を絶する新しい文明、新しい生命が待ち受けているに違いない。これは人類最初の試みとして5年間の調査飛行に飛び立った、宇宙船U.S.S.エンタープライズ号の驚異に満ちた物語である。

登場人物編集

 
スポック(左)とカーク(右)、下部に写っているのが宇宙船U.S.S.エンタープライズ号の模型

日本語吹き替え版編集

日本語吹き替え版は東北新社によって制作された。日本では放送時間に合わせ一部シーンをカットした状態で放映されたため、当時は完全な日本語吹き替え版が存在せず、旧版DVDはカット部分を字幕で補完していたが、デジタルリマスター版DVD発売の際にその部分に追加収録を敢行したことで完全な吹き替え版が視聴できるようになった[注 5]。また、日本初放送当時(1960年代後半から1970年代前半)は問題がなかったが、現在では不適切な表現や放送禁止用語になった言葉が使用されている部分や再放送でカットされたシーンの吹き替えは再録されている。追加収録部分は各登場人物に可能な限り放映当時と同じキャストを起用しているが、既に故人や引退、消息不明などで代役が声を当てている部分があり、現行DVDは一部で異なる声色や同一声優でも声のトーンが異なっているシーンが存在する。

日本語吹き替え版では、准士官以上は敬称が必須とされる英米海軍伝統に則り、「ミスタースポック」など人名に敬称が採られ、医療主任のマッコイは「ドクターマッコイ」や単に「ドクター」と呼称される。惑星連邦宇宙艦隊階級は海軍に準じており、「Captain」は「大佐」を指す[注 6]。本作では「船長」と訳されているが、続く劇場版からは「艦長」と訳されている。これを踏襲し、本作より以前の時代が舞台の『スタートレック:エンタープライズ』や『スタートレック:ディスカバリー』では「船長」に邦訳が統一されている。

日本語吹き替え版では、スコットの名前が「チャーリー」、ウフーラの苗字が「ウラ」、スールーの苗字が「カトウ」に変更された[22]。このあおりを受けて、第2話「セイサス星から来た少年英語版」に登場する少年の名前も、「チャーリー」から「ピーター」に変更されている。また、劇中では暦として西暦ではなく宇宙暦が用いられているが、「宇宙暦040x.xxxx」のような原語版とまったく異なる数字に変更されている。これは日本における初回放送を行った日本テレビチャンネル数である「4」に倣ったものとされ、1969年アポロ11号の月面着陸を紀元として約400年後という意味だと解釈されている[注 7]。そのため、日本語吹き替え版では23世紀ではなく24世紀が舞台になっており、原語版の台詞や後のシリーズ作品の設定とは約100年のずれがある[注 8]

主要キャストの吹き替え編集

役名 第1シーズン 第1シーズン
追加収録部分
第2-3シーズン 第2-3シーズン
追加収録部分
ジェームズ・T・カーク
矢島正明
スポック 久松保夫 菅生隆之 久松保夫 菅生隆之
レナード・マッコイ 吉沢久嘉[注 9] 小島敏彦 吉沢久嘉 小島敏彦
モンゴメリー・スコット
(チャーリー・スコット)
小林修
内海賢二
ウフーラ
(ウラ)
松島みのり
ヒカル・スールー
(ヒカル・カトウ)
富山敬
納谷六朗(一部)
坂東尚樹
納谷六朗(一部)
田中亮一
パヴェル・チェコフ 井上弦太郎 樫井笙人

その他の出演者の吹き替え編集

コメ印」を付した声優は追加収録部分にも同一の役で参加している。

制作スタッフ編集

放映状況編集

アメリカ編集

NBC系列により以下の時間帯に放送された。

  • 第1シーズン 1966年09月08日 - 1967年04月13日 29話 木曜 20:30 - 21:30 (EST)
  • 第2シーズン 1967年09月15日 - 1968年03月29日 26話 金曜 20:30 - 21:30 (EST)
  • 第3シーズン 1968年09月20日 - 1969年06月03日 24話 金曜 22:00 - 23:00 (EST)[注 15]

日本編集

日本における初回放送は第1シーズンが日本テレビ系、第2・3シーズンがフジテレビ系によってなされ、それぞれ『S.0401年 宇宙大作戦』『宇宙パトロール』という邦題だった。その後、地方各地の民放局によって幾度と再放送がなされており、1980年代以降になると1時間枠での放送が定着し、邦題も全シーズンを通して『宇宙大作戦』に統一された。また、オープニング映像も本国に準じたスタイルとなっている。

日本テレビ系編集

S.0401年 宇宙大作戦』の邦題で、第1シーズン全29話が放送された。オープニング映像は本国でのそれとは違った独自の編集がなされており、映像の後半では、カーク船長に扮した矢島正明による登場人物紹介のナレーションがある。そのため、ベスト版VHSLD2000年代前半までの再放送では、第1シーズンの話であってもオープニング映像のみ第2シーズンのものに差し替えられていた[注 16]

  • 1969年04月27日 - 1970年01月11日 日曜 16:00 - 16:55 (JST)

フジテレビ系編集

宇宙パトロール』の邦題で、第2・3シーズン計50話を各話前後編に分割し30分枠で放送された。チャーリーやカトウなど登場人物の吹き替え声優が一部変更されている。なお、富山県では放映権がフジテレビ系へ移行した後も富山テレビ放送へ移行せず、北日本放送が継続して放送した。

  • 1972年04月16日 - 1972年09月24日 日曜 11:00 - 11:30 (JST)
  • 1972年10月07日 - 1974年03月30日 土曜 07:30 - 08:00 (JST)[注 17]

NHK衛星第2テレビジョン (BS2)編集

スター・トレック 宇宙大作戦』の邦題で、デジタルリマスター版が2007年7月から2009年9月にかけて放送された[21]

  • 2007年07月22日 - 2008年02月24日 29話 日曜 01:15 - 02:05 (JST)[注 18]
    • 再放送 2007年08月09日 - 2008年04月10日 29話 木曜 09:00 - 09:50 (JST)[注 19]
  • 2008年04月19日 - 2009年03月14日 34話 土曜 17:00 - 17:50 (JST)
    • 再放送 2008年04月30日 - 2009年04月01日 34話 水曜 09:00 - 09:50 (JST)[注 20]
  • 2009年04月04日 - 2009年09月05日 16話 土曜 17:00 - 17:50 (JST)
    • 再放送 2009年04月08日 - 2009年09月09日 16話 水曜 09:00 - 09:50 (JST)[注 21]

スーパー!ドラマTV編集

宇宙大作戦/スタートレック』の邦題で、旧局名のスーパーチャンネル時代から、同局の定番番組として繰り返し放送されている[25]。2008年以降はデジタルリマスター版での放送に切り替わった。2019年からは長らく日本では未放送だった第1パイロット版「歪んだ楽園英語版」が不定期に放送されている[26]

Netflix編集

スター・トレック/宇宙大作戦』の邦題で、第1パイロット版「歪んだ楽園」を含む計80話が動画配信されている[3]。映像はデジタルリマスター版だが、第1パイロット版「歪んだ楽園」のみ特撮シーンの差し替えが行われていないバージョンである。

イギリス編集

イギリスにおける初回放送はBBCによってなされ、全4シーズンに分割されたほか、第1シーズン途中まではモノクロ放送だった。また、子供向け番組の扱いだったため、刺激が強く不快なテーマを含んでいると判断された3話(第65話「キロナイドの魔力英語版」、第67話「恒星ミナラの生体実験英語版」、第69話「宇宙の精神病院英語版」)が当初から放送が見送られており、これら3話は1992年時の再放送まで封印扱いであった。加えて第8話「400才の少女英語版」は初回放送時にオンエアされたものの、後に視聴者からのクレームがあったため、1993年まで再放送のリストから外されていた。

  • 1969年07月12日 - 1969年12月27日 土曜 17:15 - 18:15 (GMT)
  • 1970年04月06日 - 1970年09月07日 月曜 19:10 - 20:10 (GMT)
  • 1970年10月07日 - 1971年02月10日 水曜 19:10 - 20:10 (GMT)
  • 1971年09月15日 - 1971年12月15日 水曜 19:10 - 20:10 (GMT)

各話タイトル編集

オリジナル版本国放映順、オリジナル版日本放送順、デジタルリマスター版放送順、制作順(制作コード)はかなり異なっている。デジタルリマスター版の日本での放送は、2007年からのNHKBS2ではデジタルリマスター版本国放送順に近い放送順によって、2008年からのスーパー!ドラマTVではオリジナル版本国放映順によってなされた。Netflixでのシーズン内のエピソード番号は第1パイロット版「歪んだ楽園」が第1シーズンの第1話になっていること以外はオリジナル版本国放映順に準じている。また、第11・12話「タロス星の幻怪人英語版(前後編)」は1965年に制作された第1パイロット版「歪んだ楽園」の映像に新たな映像を追加、再構成して作られており、制作順では1話分として計上されている。

パイロット版編集

1964年5月、ロッデンベリーはデシル・プロダクションが番組企画を売り込んだNBCから3話分のプロットを求められる。その後、3話分のプロットのうちの1話分をパイロット版として制作することが決まり、ジェフリー・ハンタークリストファー・パイク船長役とした第1パイロット版「歪んだ楽園」が制作された。この第1パイロット版「歪んだ楽園」はNBCからアクションシーンの少なさを指摘されたものの[27]、異例ながら新たなパイロット版の制作が許可され、シャトナーをカーク船長役とする第2パイロット版「光るめだま英語版」が制作された[6]。この際、スポック以外の登場人物は一新されている。この第2パイロット版「光るめだま」により、1966年2月に本作の放映が決定し、同年9月より放映されることとなった。

第2パイロット版「光るめだま」が第3話として放送されたのに対して、第1パイロット版「歪んだ楽園」はスポック以外の登場人物が一新されたこともあって放送されず、さらに、本話のネガフィルムは第11・12話「タロス星の幻怪人(前後編)」の編集に使用されたため、完全な状態でのネガフィルムは長らく現存しないと思われていた(参照)。1986年に発売されたVHSでは、第11・12話「タロス星の幻怪人(前後編)」に使用されなかったシーンと音声を、ロッデンベリーが所有していた白黒のワークプリント版で補うことで復元している。しかし、1987年に使用されなかったシーンのネガフィルムが発見されたことから完全な復元が可能となり、1988年10月に『新スタートレック』の番宣特番の中で放映された[28]

放送順 各話タイトル 制作コード
オリジナル版 デジタルリマスター版 日本語版の題 原題
本国
NBC
日本
日本テレビ
本国
番組販売
日本
NHKBS2
Netflix
80 1 歪んだ楽園 The Cage 01
3 1 17 17 4 光るめだま Where No Man Has Gone Before 02

第1シーズン編集

放送順 各話タイトル 制作コード
オリジナル版 デジタルリマスター版 日本語版の題 原題
本国
NBC
日本
日本テレビ
本国
番組販売
日本
NHKBS2
Netflix
1 3 43 30 2 惑星M113の吸血獣 The Man Trap 06
2 8 38 31 3 セイサス星から来た少年 Charlie X 08
3 1 17 17 4 光るめだま Where No Man Has Gone Before 02
4 5 4 4 5 魔の宇宙病 The Naked Time 07
5 7 55 32 6 二人のカーク The Enemy Within 05
6 13 66 33 7 恐怖のビーナス Mudd's Women 04
7 4 44 34 8 コンピューター人間 What Are Little Girls Made of? 10
8 9 2 2 9 400才の少女 Miri 12
9 17 45 35 10 悪魔島から来た狂人
別邦題: 悪魔島から来た男[25]
Dagger of the Mind 11
10 2 14 14 11 謎の球体 The Corbomite Maneuver 03
11 25 12 12 12 タロス星の幻怪人(前編) The Menagerie, Part 1 16A
12 26 13 13 13 タロス星の幻怪人(後編) The Menagerie, Part 2 16B
13 11 42 36 14 殺人鬼コドス The Conscience of the King 13
14 6 1 1 15 宇宙基地SOS Balance of Terror 09
15 27 32 37 16 おかしなおかしな遊園惑星 Shore Leave 17
16 10 40 38 17 ゴリラの惑星 The Galileo Seven 14
17 22 41 39 18 ゴトス星の怪人 The Squire of Gothos 18
18 12 7 7 19 怪獣ゴーンとの対決 Arena 19
19 14 29 29 20 宇宙暦元年7・21 Tomorrow Is Yesterday 21
20 16 68 40 21 宇宙軍法会議 Court Martial 15
21 24 50 41 22 ベータ・スリーの独裁者 The Return of the Archons 22
22 15 11 11 23 宇宙の帝王 Space Seed 24
23 19 51 42 24 コンピューター戦争 A Taste of Armageddon 23
24 21 39 43 25 死の楽園 This Side of Paradise 25
25 20 3 3 26 地底怪獣ホルタ The Devil in the Dark 26
26 29 30 44 27 クリンゴン帝国の侵略 Errand of Mercy 27
27 18 49 46 28 二つの宇宙 The Alternative Factor 20
28 23 5 5 29 危険な過去への旅 The City on the Edge of Forever 28
29 28 58 45 30 デネバ星の怪奇生物 Operation - Annihilate! 29

第2シーズン編集

放送順 各話タイトル 制作コード
オリジナル版 デジタルリマスター版 日本語版の題 原題
本国
NBC
日本
フジテレビ
本国
番組販売
日本
NHKBS2
Netflix
30 34 21 21 1 バルカン星人の秘密 Amok Time 34
31 33 53 47 2 神との対決 Who Mourns for Adonais? 33
32 37 56 48 3 超小型宇宙船ノーマッドの謎 The Changeling 37
33 40 10 10 4 イオン嵐の恐怖 Mirror, Mirror 39
34 38 59 49 5 死のパラダイス The Apple 38
35 35 20 20 6 宇宙の巨大怪獣 The Doomsday Machine 35
36 30 8 8 7 惑星パイラスセブンの怪 Catspaw 30
37 41 6 6 8 不思議の宇宙のアリス I, Mudd 41
38 31 47 50 9 華麗なる変身 Metamorphosis 31
39 39 19 19 10 惑星オリオンの侵略 Journey to Babel 44
40 32 15 15 11 宿敵クリンゴンの出現 Friday's Child 32
41 42 48 51 12 死の宇宙病 The Deadly Years 40
42 46 65 52 13 復讐!ガス怪獣 Obsession 47
43 36 23 23 14 惑星アルギリスの殺人鬼 Wolf in the Fold 36
44 43 9 9 15 新種クアドトリティケール The Trouble with Tribbles 42
45 45 46 53 16 宇宙指令!首輪じめ The Gamesters of Triskelion 46
46 49 28 28 17 宇宙犯罪シンジケート A Piece of the Action 49
47 47 25 25 18 単細胞物体との衝突 The Immunity Syndrome 48
48 79[注 22] 69 54 19 カヌーソ・ノナの魔力 A Private Little War 45
49 53 37 60 20 地底160キロのエネルギー Return to Tomorrow 51
50 51 31 55 21 エコス・ナチスの恐怖 Patterns of Force 52
51 50 60 64 22 宇宙300年の旅 By Any Other Name 50
52 48 36 59 23 細菌戦争の果て The Omega Glory 54
53 52 57 63 24 恐怖のコンピューターM-5 The Ultimate Computer 53
54 44 33 56 25 もう一つの地球 Bread and Circuses 43
55 54 67 69 26 宇宙からの使者 Mr.セブン Assignment: Earth 55

第3シーズン編集

放送順 各話タイトル 制作コード
オリジナル版 デジタルリマスター版 日本語版の題 原題
本国
NBC
日本
フジテレビ
本国
番組販売
日本
NHKBS2
Netflix
56 60 34 57 1 盗まれたスポックの頭脳 Spock's Brain 61
57 58 64 68 2 透明宇宙船 The Enterprise Incident 59
58 57 22 22 3 小惑星衝突コース接近中 The Paradise Syndrome 58
59 59 26 26 4 悪魔の弟子達 And the Children Shall Lead 60
60 61 62 66 5 美と真実 Is There in Truth No Beauty? 62
61 55 77 77 6 危機一髪!OK牧場の決闘 Spectre of the Gun 56
62 66 52 61 7 宇宙の怪!怒りを喰う!? Day of the Dove 66
63 64 18 18 8 宇宙に漂う惑星型宇宙船 For the World Is Hollow and I Have Touched the Sky 65
64 63 24 24 9 異次元空間に入ったカーク船長の危機 The Tholian Web 64
65 65 35 58 10 キロナイドの魔力 Plato's Stepchildren 67
66 77 16 16 11 惑星スカロスの高速人間 Wink of an Eye 68
67 62 78 78 12 恒星ミナラの生体実験 The Empath 63
68 56 63 67 13 トロイアスの王女エラン Elaan of Troyius 57
69 69 70 70 14 宇宙の精神病院
別邦題: 神が破壊せし者[29]
別邦題: 謎の宇宙病院[30]
Whom Gods Destroy 71
70 68 54 62 15 惑星セロンの対立 Let That Be Your Last Battlefield 70
71 70 71 71 16 長寿惑星ギデオンの苦悩 The Mark of Gideon 72
72 67 61 65 17 無人惑星の謎 That Which Survives 69
73 71 72 72 18 消滅惑星ゼータの攻撃 The Lights of Zetar 73
74 74 74 74 19 6200歳の恋 Requiem for Methuselah 76
75 73 73 73 20 自由の惑星エデンを求めて The Way to Eden 75
76 72 76 76 21 惑星アーダナのジーナイト作戦 The Cloud Minders 74
77 75 75 75 22 未確認惑星の岩石人間 The Savage Curtain 77
78 76 27 27 23 タイムマシンの危機 All Our Yesterdays 78
79 78 79 79 24 変身!カーク船長の危機 Turnabout Intruder 79

備考編集

アマチュアによるパソコンゲーム化編集

本作をゲーム化した『スタートレック』がアマチュアらにより非公式ながら公開され、手軽に遊べる数少ないシミュレーションゲームとして1980年代初期まで人気を博した。UNIX自体がこのゲームのために企画し設計されたとも見聞されるが、『スペーストラベル』にまつわるエピソードの誤解である[注 23]

『アメリカ横断ウルトラクイズ』編集

メイナード・ファーガソンの演奏による本作のテーマ曲のアレンジバージョンが『アメリカ横断ウルトラクイズ』(日本テレビ、1977年 - 1998年)に使用された。そのため、日本のテレビ番組においては、本作のテーマ曲はアメリカ(特にニューヨーク)やクイズ番組を想起させるBGMとして用いられることが多く、宇宙を想起させるBGMとして用いられることは稀である。同アレンジバージョンはコナミの音楽アーケードゲームpop'n music」に「アメリカ/STAR TREK」という曲名で収録され、公式サイトには「アメリカを代表する壮大なスペースオペラが登場だよ!クリンゴンに行きたいかー!」という両番組をパロディにした曲紹介も存在した[31]

他作品へのゲスト出演編集

『スタートレック』シリーズ生誕30周年を記念して制作された『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』(以下、DS9)第104話「伝説の時空へ英語版」では、DS9の登場人物が本作の第44話「新種クアドトリティケール英語版」の時代にタイムスリップする話が描かれた。第44話「新種クアドトリティケール」の映像と新撮シーンを組み合わせて物語が展開され、さらに当時最新のCGVFXを駆使して本作の映像の中にDS9の登場人物を合成させ、両作の登場人物を共演させている[注 24]。また、新撮シーンでは同話に登場したクリンゴンのスパイ、アーン・ダーヴィンが当時と同じ俳優(チャーリー・ブリル英語版)で再登場する。

吹き替えではカーク、ウフーラ、スコットに当時と同じキャストを起用して台詞を新録している[注 25]。なお、この時のキャストは後のデジタルリマスター版DVDの追加収録や、劇場版のスペシャル・コレクターズ・エディションDVDのために新録された吹き替えでもほぼ踏襲されている。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ カナダのCTVネットワークではNBC系列での放送に先立つ1966年9月6日より放送を開始している[2]
  2. ^ たとえば、初のアフリカ系アメリカ人女性として宇宙飛行を行ったメイ・ジェミソンは、ウフーラにインスパイアされて宇宙飛行士を目指したという[12][13]。また、『新スタートレック』に出演しているウーピー・ゴールドバーグも、彼女に影響されて女優を志したと語っている[14]
  3. ^ 後のシリーズ作品では「ヴァルカン人」とも表記される。
  4. ^ オープニング・ナレーションも兼任している。
  5. ^ ただし一部のエピソードはベスト版VHSLDの時点で既に追加収録されていた。
  6. ^ 陸軍空軍では「大尉」である。
  7. ^ 日本における第1話「光るめだま英語版」の冒頭では、「我々地球人が月に到達してから400年、宇宙暦0401年、我々のエンタープライズ号は地球連合政府の宇宙開発の一環として、銀河の彼方に広がる人類未踏の宇宙に調査飛行に飛び立ったのである」という作品の設定を紹介するための独自の訳があったが、デジタルリマスター版DVDでは原語版に忠実になるよう吹き替えが再録されている。なお、放送日の1969年4月27日はアポロ11号の月面着陸の3か月前である。
  8. ^ 第8話「400才の少女英語版」や第22話「宇宙の帝王英語版」では、原語版の「300年」という台詞を「400年」と訳している場面がある。
  9. ^ 日本テレビ版では吉久嘉と誤表記されていた。
  10. ^ 追加収録部分ではかつて自分が演じた役だけでなく高塔正翁寺島幹夫宮川洋一早野寿郎らの代演も行った。
  11. ^ 生前に追加収録されたベスト版VHSのみの参加。
  12. ^ 没後に追加収録が行われた部分は島本須美が代演している。
  13. ^ 一部のエピソードは都合により塩田朋子が代演している。
  14. ^ 活動休止後に追加収録が行われた部分は坂東尚樹が代演している。
  15. ^ 最終話「変身!カーク船長の危機英語版」は3月28日に放送される予定だったが、ドワイト・D・アイゼンハワー元大統領の死去にともなう特別報道番組のため延期された[24]。そのため、この話のみ火曜19:30から放送されている。
  16. ^ 第1シーズンは以降のシーズンとオープニング映像の長さが異なるため、本国に準じたスタイルの日本語吹き替え音声が存在しなかった。
  17. ^ 1973年7月から同年9月の間は15分繰り上げの時間変更があった。
  18. ^ 深夜枠ということもあり放送時間は流動的で、全29話のうち3話が1:20 - 2:10、2話が1:25 - 2:15、4話が1:30 - 2:20、3話が1:45 - 2:35、2話が1:50 - 2:40、1話が2:15 - 3:05となっている。
  19. ^ うち10話が10:00 - 10:50、2話が9:50 - 10:40の放送。
  20. ^ うち12話が10:00 - 10:50の放送。
  21. ^ うち6話が10:00 - 10:50の放送。
  22. ^ 日本では最終話として放送された。テープ素材に問題があったためとされている。
  23. ^ スペースウォー!』も同様に間違えられる。
  24. ^ たとえば、第44話「新種クアドトリティケール」でカークが宇宙ステーションでトラブルを起こした乗組員を尋問するシーンにDS9のジュリアン・ベシアマイルズ・オブライエンを合成して、カークと会話させている。なお、終盤のカークとベンジャミン・シスコがブリッジで会話するシーンのみ、第44話「新種クアドトリティケール」ではなく第33話「イオン嵐の恐怖英語版」のラストシーンが使われている。
  25. ^ スコット役は第1シーズンで同役を演じた小林修が再び演じているが、第44話「新種クアドトリティケール」は声優が内海賢二に交代した後の第2シーズンの話であるため、厳密にはオリジナルキャストではない。

出典編集

  1. ^ Star Trek (TV Series 1966–1969) - IMDb” (英語). インターネット・ムービー・データベース. 2021年7月31日閲覧。
  2. ^ “Today's TV Previews” (英語). Montreal Gazette: p. 36. (1966年9月6日). オリジナルの2017年4月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170408020331/https://news.google.com/newspapers?id=zsQtAAAAIBAJ&sjid=zJ8FAAAAIBAJ&pg=6744%2C868673 2021年7月31日閲覧。 
  3. ^ a b Star Trek | Netflix” (英語). Netflix. 2021年2月4日閲覧。
  4. ^ スター・トレック 宇宙大作戦 海外ドラマの動画・DVD - TSUTAYA/ツタヤ” (日本語). TSUTAYA. 2021年2月4日閲覧。
  5. ^ Solow, Herbert F.; Justman, Robert H. (1996). Inside Star Trek: The Real Story. New York: Pocket Books. pp. 377–394. ISBN 978-0-671-89628-7 
  6. ^ a b Davies, Máire Messenger; Pearson, Roberta (2007). NBC: America's network. Berkeley: University of California Press. pp. 209–223. ISBN 978-0-520-25079-6 
  7. ^ Celebrating 40 Years since Trek's 1st Convention” (英語). StarTrek.com (2012年1月20日). 2021年9月4日閲覧。
  8. ^ Turnbull, Gerry, ed (1979). A Star Trek Catalog. New York: Grosset & Dunlap. ISBN 978-0-441-78477-6. https://archive.org/details/isbn_0441784771 
  9. ^ Burns, Jim (1976). “The Star Trek movie”. Starlog (2): 13. https://archive.org/stream/starlog_magazine-002/002#page/n12/mode/1up. 
  10. ^ Reeves-Stevens, Judith; Reeves-Stevens, Garfield (1997). Star Trek: Phase II: The Lost Series (2nd ed.). New York: Pocket Books. ISBN 978-0-671-56839-9 
  11. ^ Roddenberry, Gene (1964年3月11日). “Star Trek Pitch” (英語). 2016年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月31日閲覧。
  12. ^ Jackson, Camille (2013年10月23日). “The Legacy of Lt. Uhura: Astronaut Mae Jemison on Race in Space” (英語). Duke Today. 2021年7月31日閲覧。
  13. ^ Eschner, Kat (2017年10月17日). “This Groundbreaking Astronaut and Star Trek Fan Is Now Working on Interstellar Travel” (英語). Smithsonian Magazine. 2021年7月31日閲覧。
  14. ^ A Woman's CyberSpace - Whoopi Goldberg” (英語). 2015年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月31日閲覧。
  15. ^ テレビドラマ初の異人種間キスは『スタートレック』だった! 黒人に希望を与えたウフーラの素晴らしさを語ろう | ギズモード・ジャパン” (日本語). ギズモード・ジャパン (2013年5月18日). 2021年10月6日閲覧。
  16. ^ 炎上した異人種間キス「多様性の突破口に」 同性愛公表の俳優ジョージ・タケイさんが語るあのシーン:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 (2021年4月30日). 2021年10月13日閲覧。
  17. ^ Wright, Matt (2016年9月8日). “RETROSPECTIVE: The Original Series Remastered Project” (英語). TrekMovie.com. 2021年7月30日閲覧。
  18. ^ Remaster” (英語). Memory Alpha. 2021年7月31日閲覧。
  19. ^ TOS Remastered Episode Guide – Season 1” (英語). TrekMovie.com. 2021年7月31日閲覧。
  20. ^ TOS Remastered Episode Guide – Season 2” (英語). TrekMovie.com. 2021年7月31日閲覧。
  21. ^ a b 「スター・トレック ファン大集合」に潜入取材 - NHK・BS2『BSファン倶楽部』 (1)” (日本語). マイナビニュース (2007年7月31日). 2021年7月30日閲覧。
  22. ^ 宇宙大作戦 コンプリート・シーズン3 ブルーレイBOX / Star Trek The Original Series Remastered Season 3 [Blu-ray] / パラマウント ジャパン” (日本語). パラマウント・ピクチャーズ. 2021年7月31日閲覧。
  23. ^ a b DVD解説紙参照
  24. ^ Greenberger, Robert (2012). Star Trek: The Complete Unauthorized History. Voyageur Press. p. 50. ISBN 978-0760343593 
  25. ^ a b 宇宙大作戦/スタートレック シーズン1 HD版” (日本語). 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV. 2021年6月26日閲覧。
  26. ^ 宇宙大作戦/スタートレック パイロット版 「歪んだ楽園」” (日本語). 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV. 2021年7月25日閲覧。
  27. ^ Shatner, William (2008). Up Till Now: The Autobiography. New York: Thomas Dunne Books. pp. 119. ISBN 978-0-312-37265-1. https://archive.org/details/uptillnowautobio00shat/page/119 
  28. ^ McMillan, Graeme (2014年12月3日). “'Star Trek' Flashback: Leonard Nimoy Notes 50 Year Anniversary of Original Pilot Shoot” (英語). Hollywood Reporter. 2020年2月20日閲覧。
  29. ^ 宇宙大作戦/スタートレック シーズン3 HD版” (日本語). 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV. 2021年10月9日閲覧。
  30. ^ 番組表検索結果 | NHKクロニクル” (日本語). 日本放送協会. 2021年10月9日閲覧。
  31. ^ popn6 music & character --- ラクチン” (日本語). KONAMI. 2001年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月13日閲覧。

関連項目編集

スタッフ・作家編集

関連用語編集

影響編集

外部リンク編集

英語
日本語
日本テレビ 日曜16時枠
前番組 番組名 次番組
日曜映画劇場(第1期)
(15:45 - 17:15)
宇宙大作戦
(1969.4 - 1970.1)
フジテレビ 土曜7:15 - 7:30枠
宇宙パトロール
(1973.7 - 9)
フジテレビ 土曜7:30 - 7:45枠
忍者部隊月光(再)
(月 - 土7:30 - 8:00)
【土曜放送廃止】
宇宙パトロール
(1972.4 - 1974.3)
スペクトルマン(再)
(月 - 土7:30 - 8:00)
【土曜放送開始】
フジテレビ 土曜7:45 - 8:00枠
忍者部隊月光(再)
(月 - 土7:30 - 8:00)
【同上】
宇宙パトロール
(1972.4 - 1973.6)
おかあさんの童話
宇宙パトロール
(1973.10 - 1974.3)
スペクトルマン(再)
(月 - 土7:30 - 8:00)
【同上】