メインメニューを開く
横浜ビー・コルセアーズ > ビーコルセンター

ビーコルセンター(B-COR CENTER)は、横浜市都筑区に存在する施設。横浜ビー・コルセアーズの運営事務局と公式チアリーディングチームB-ROSEの練習施設およびスクール事業。また横浜ビー・コルセアーズの運営事務局、クラブオフィシャルショップと、後援会会員へのサービス窓口を兼ねており、アメリカンレストランであるByrd's Grill & Barも併設する複合施設である。

ビーコルセンター
BCORCENTER.jpg
ビーコルセンター外観(2018年3月撮影)
情報
用途 横浜ビー・コルセアーズ運営事務局,オフィシャルショップ,レンタルスタジオ他
敷地面積 800 m²
所在地 神奈川県横浜市都筑区中川中央1丁目1−6
座標 北緯35度33分9秒 東経139度34分41秒 / 北緯35.55250度 東経139.57806度 / 35.55250; 139.57806座標: 北緯35度33分9秒 東経139度34分41秒 / 北緯35.55250度 東経139.57806度 / 35.55250; 139.57806
テンプレートを表示

目次

概要編集

2011年の発足以来、横浜ビー・コルセアーズの公式チアリーディングチームB-ROSEは固定の活動拠点を持っておらず、練習の度に横浜市内のスタジオを転々とする状態が続いていた。また2016年のBリーグの開幕でクラブのファン(ブースター)が急増する中、横浜ビー・コルセアーズのグッズを販売するオフィシャルショップは、試合時の臨時店舗とWebショップのみだったため、ファンからは常設の固定店舗での常設販売を要望する声が多かった。一方で横浜ビー・コルセアーズは、行政としての都筑区、都筑区の住民自治組織である都筑区連合町内会自治会との三者で2017年3月に「ホームタウン活動の協力に関する基本協定書」を締結しており、今後より一層地域との連携を強めてゆくための都筑区内において、イベントの開催なども可能な利便性の高い拠点が必要だった[1]

以上の状況でB-ROSEに安定した活動拠点を設けた上で、クラブオフィシャルショップの併設と都筑区荏田東にあった横浜ビー・コルセアーズの運営事務所機能を集約させ、運営面での機能の向上と、チームファンの利便性向上、地元横浜市および都筑区との地域密着などを図るための複合施設としてビーコルセンターは企画された[2]

地元都筑区の若手起業家集団の出資で創立された株式会社五人侍の皆川幸成代表が、横浜ビー・コルセアーズの岡本尚博CEOと旧知の仲であったことが縁となり、同社が横浜市交通局のセンター北駅高架下開発事業に参画するプロジェクトを開始した。当初は2017年夏にセンターのオープンを予定していたが[3]、諸事情による着工の遅れなども重なり、実際のオープンは2018年2月になった[4]

2018年3月にはB-ROSEの指導者によるチアリーディングのスクールも同地で開校した[5]。2018年7月には地域活性化イベントとして独立記念日ホットドッグ早食い大会が開催された[6]

施設編集

  • 横浜ビー・コルセアーズ運営事務所
  • 横浜ビー・コルセアーズクラブオフィシャルショップ 「B-COR SHOP」
    • 営業時間: 水木金15:00~20:00 / 土日祝12:00~18:00 (2018/7時点)
  • スタジオ 「B-COR STUDIO」 :広さ約15m×約6m、壁一面鏡張り、フローリング。B-ROSEの練習場およびスクール運営拠点であり、レンタルスタジオとしての利用も可能
    • 営業時間:9:00~21:00 (2018年7月 時点)
  • BYRD'S GRILL & BAR:アメリカンレストラン・スポーツバー
    • 営業時間:11:00~23:30 (Food L.O 22:30-Drink L.O 23:00) 定休日:火曜日 (2018年7月 時点)

備考編集

  • 横浜ビー・コルセアーズ クラブオフィシャルショップの床材には、試合会場で使用していたスポーツコートがそのまま用いられている。

交通編集

ギャラリー編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ ビーコルのあるまち都筑区 ホームタウン活動の協力に関する協定書を締結します!”. 都筑区 (2017年3月9日). 2018年6月23日閲覧。
  2. ^ 都筑区センター北にオープンした高架下の複合施設とは?”. はまれぼ (2018年3月3日). 2018年6月23日閲覧。
  3. ^ セン北駅前高架下 「ビーコルセンター」開設”. タウンニュース (2017年1月26日号). 2018年6月23日閲覧。
  4. ^ 2018年2月センター北駅前高架下に「ビーコルセンター」がOPEN!”. 横浜ビー・コルセアーズ (2017年12月25日). 2018年6月23日閲覧。
  5. ^ セン北駅前 ビーコルセンター誕生”. タウンニュース (2018年3月1日号). 2018年6月23日閲覧。
  6. ^ ビーコルセンター ホットドッグで早食い競争 28人が熱戦繰り広げる”. タウンニュース (2018年7月19日号). 2018年7月19日閲覧。

外部リンク編集