ピエトロ・リベリ

ピエトロ・リベリ: Pietro Liberi, 1605年1687年10月18日)は、イタリアバロック時代画家である。主にヴェネツィアヴェネトで活躍した。主に宗教画を描いた半面、しばしば官能的な主題を選択したためリベルティーノil Libertino, 放蕩者)の愛称で呼ばれた。

ピエトロ・リベリ
Marco Liberi - Portrait of Pietro Liberi.jpg
息子マルコ・リベリによる肖像画 1665年-1675年頃
パドヴァエレミターニ市立美術館英語版所蔵
生誕Pietro Liberi
1605年
パドヴァ
死没1687年10月18日
Flag of Most Serene Republic of Venice.svg ヴェネツィア共和国ヴェネツィア
教育パドヴァニーノ
著名な実績絵画(宗教画、神話画、寓意画)
運動・動向バロック
サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂の『祈りの中でヴェネツィアとともにあるパドヴァの聖アントニウス』。
サンタ・マリア・アッスンタ教会英語版の聖フランシスコ・ザビエル礼拝堂祭壇画『東洋で説教するフランシスコ・ザビエル』。
カルミニ教会英語版の『トラパニの聖アルベルト』。

生涯編集

リベリはパドヴァで生まれ、パドヴァニーノのもとで最初の修業をした。リベリは波瀾に満ちた人生を送った。イタリアを広範囲に旅行したのち、イスタンブールへ向かう航海の途中でチュニスの海賊に8か月間拘束された。マルタを通じて解放されたリベリはシチリア島ナポリピサを訪れた。彼の生涯の数年間、リベリはサラセン人に対してトスカーナ公国のために戦っていたカヴァリエール(cavaliere, 騎士の意)のアントニオ・マンフレディーニ(Antonio Manfredini)の軍隊で傭兵になり、現在のトルコイスケンデルンにあるシキア城(Castle of Sichia)を占領するために戦った。

従軍を終えるとトスカーナリボルノに戻り、1637年にリスボンを訪れ、さらにフランス南部沿岸のリグーリアスペインマドリードを訪れた。トスカーナに戻って再び絵画に集中し、ローマに旅行した。ローマで彼は彫版師ステファノ・デラ・ベラ英語版とともに生活し、レオポルド・デ・メディチのために『サビニの女たちの略奪』を描いた。その後、フィレンツェに戻って神愛オラトリオ会英語版に天井画を描いた。1643年にはヴェネツィアに旅行し、サンタ・マリア・デイ・デレリッティ英語版のために福音書記者たちを描いた。ヴェネツィアのサンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂の大祭壇画(1650年)や、サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂のために『祈りの中でヴェネツィアとともにあるパドヴァの聖アントニウス』もまたリベリの作品である。1662年、総督フランチェスコ・モリノ(Francesco Molino)によって騎士に叙された[1]

ドゥカーレ宮殿には『ダーダネルスの戦い』(Battle of the Dardanelles)のフレスコ画を描き、オンニッサンティ教会英語版のために『幼児虐殺』を、ヴィチェンツァ大聖堂英語版のために『箱舟を去るノア』(Noah leaving the Ark)を描き、ベルガモサンタ・マリア・マッジョーレ教会には『大洪水』(Deluge)を描いた[2]

リベリは例えばエストニアタリンにあるエストニア美術館英語版の一部であるカドリオルグ宮殿英語版に所蔵されている作品によって代表される。彼の傑作はサン・モイゼ教会英語版の祭壇画『十字架を発見した聖ヘレナ』(Sant' Elena finding the Cross)である。

弟子編集

息子のマルコ・リベリ英語版も画家となった[3]。他の弟子にはジャンナントニオ・ラザリ(Giannantonio Lazzari)がいる[4]

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ Giannantonio Moschini 2011, p.114–116.
  2. ^ Maria Farquhar, Ralph Nicholson Wornum 2006, p.84
  3. ^ Luigi Antonio Lanzi 1878, p.266.
  4. ^ Filippo de Boni 1840, p.542.

参考文献編集

  • Chiara Accornero. Pietro Liberi. Cavaliere e fenice dei pittori. Dalle avventure di spada alle lusinghe dell'accademia. ZeL Edizioni (2013)
  • Giannantonio Moschini. Della Origine E Delle Vicende Della Pittura In Padova... Nabu Press (2011)
  • Maria Farquhar, Ralph Nicholson Wornum. ed. Biographical catalogue of the principal Italian painters. Woodfall & Kinder (1855); Digitized by Googlebooks from Oxford University copy (2006)
  • Luigi Antonio Lanzi. The History of Painting in Italy: The schools of Naples, Venice, Lombardy, Mantua, Modena, Parma, Cremona, and Milan. (1878)
  • Filippo De Boni. Biografia Degli Artisti V1, Part 2. Kessinger Pub Co (1840)

[[[Category:1605年生]]