メインメニューを開く

ピエール・ルメートル(Pierre Lemaitre, 1951年4月19日[1] - )は、フランス小説家推理作家脚本家[2]

ピエール・ルメートル
Pierre Lemaitre
誕生 (1951-04-19) 1951年4月19日(68歳)
フランスの旗 フランスパリ
職業 小説家
言語 フランス語
国籍 フランスの旗 フランス
活動期間 2006年 -
ジャンル ミステリー
サスペンス
代表作 カミーユ・ヴェルーヴェン警部シリーズ
主な受賞歴 リーヴル・ド・ポッシュ読者大賞ミステリ部門(2012年)
インターナショナル・ダガー賞(2013年、2015年、2016年)
ゴンクール賞(2013年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

経歴・人物編集

1951年パリ生まれ[3]。少年期をパリ北部近郊セーヌ=サン=ドニ県オーベルヴィリエドランシーで過ごした。成人向けの職業教育の場で、主に図書館員を対象に文学を教えながら、連続テレビドラマの脚本家として活躍する[2][4]2006年、カミーユ・ヴェルーヴェン警部シリーズ第1作『悲しみのイレーヌ』で小説家デビュー[2]、同作でコニャック市ミステリ文学賞 (fr他4つのミステリ賞を受賞する[5]2009年、『死のドレスを花婿に』がフランス国鉄ミステリ文学賞で次点に選ばれる[6]

カミーユ・ヴェルーヴェン警部シリーズ第2作『その女アレックス』は、フランスでリーヴル・ド・ポッシュ読者大賞ミステリ部門(2012年)、イギリスでインターナショナル・ダガー賞(2013年)を受賞[2][5]、日本でも、『このミステリーがすごい!2015』海外部門第1位、「週刊文春ミステリーベスト10」海外部門第1位、「ミステリが読みたい!」海外編第1位、「IN★POCKET文庫翻訳ミステリー・ベスト10」第1位、本屋大賞翻訳小説部門第1位となり[5][7]文春文庫版は60万部を超えるヒット作となる[8]

6冊目の小説である『天国でまた会おう』はミステリではなく、第一次世界大戦をテーマとしたもので、ゴンクール賞に選ばれた。日本語訳は日本翻訳家協会賞翻訳特別賞(2016年)を受賞。また英訳はインターナショナル・ダガー賞(2016年)を受賞し、前年の『傷だらけのカミーユ』に続き2年連続3回目の受賞となった。

著書編集

カミーユ・ヴェルーヴェン警部シリーズ編集

# 邦題 原題 刊行年
 
刊行年月
 
訳者 出版社   備考
1 悲しみのイレーヌ Travail soigné 2006年 2015年10月 橘明美 文藝春秋文春文庫 三部作第一作[9]
2 その女アレックス Alex 2011年 2014年9月 橘明美 文藝春秋〈文春文庫〉 三部作第二作[9]
3 わが母なるロージー Les Grands Moyens
別題Rosy & John[10]
2011年
2014年
2019年9月 橘明美 文藝春秋〈文春文庫〉 中編作品[2]。番外編
4 傷だらけのカミーユ Sacrifices 2012年 2016年10月 橘明美 文藝春秋〈文春文庫〉 三部作第三作[9]

世界大戦三部作編集

# 邦題 原題 刊行年
 
刊行年月
 
訳者 出版社  
1 天国でまた会おう Au revoir là-haut 2013年 2015年10月 平岡敦 早川書房〈ハヤカワ・ミステリ文庫〉
早川書房(単行本)
2 炎の色 Couleurs de l'incendie 2018年 2018年11月 平岡敦 早川書房〈ハヤカワ・ミステリ文庫〉
早川書房(単行本)

その他編集

# 邦題 原題 刊行年
 
刊行年月
 
訳者 出版社  
1 死のドレスを花婿に Robe de marié 2009年 2009年7月 吉田恒雄 柏書房
2015年4月 文藝春秋〈文春文庫〉
2 監禁面接 Cadres noirs 2010年 2018年8月 橘明美 文藝春秋
3 Trois jours et une vie 2016年

※括弧内の邦題は『その女アレックス』の「訳者あとがき」に記載された仮の書名。

脚注編集