平岡 敦(ひらおか あつし、1955年8月10日 - )は、日本のフランス文学者翻訳家。 主にフランスの純文学推理小説SF児童文学の翻訳を手掛ける[1]

人物 編集

千葉県生まれ。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業[1]中央大学大学院フランス文学専攻修了[1]。 2008年、チェン・ジャンホン『この世でいちばんすばらしい馬』で第56回産経児童出版文化賞翻訳作品賞受賞[1]。 2016年、ガストン・ルルーオペラ座の怪人』(光文社古典新訳文庫)で第21回日仏翻訳文学賞を受賞[1]

翻訳 編集

  • 『ロマン・ノワール フランスのハードボイルド』(J - P・シュヴェイアウゼール、白水社文庫クセジュ) 1991
  • 『誰がドルンチナを連れ戻したか』(イスマイル・カダレ、白水社) 1994
  • 『砕かれた四月』(イスマイル・カダレ、白水社) 1995
  • 『奇妙な季節』(ジャン=マルク・ロベール、東京創元社) 1996
  • 『殺しの挽歌』(ジャン=パトリック・マンシェット学習研究社) 1997
  • カービン銃の妖精』(ダニエル・ペナック、白水社) 1998
  • 『タンギー 「今」を生きてきた子どもの物語』(ミシェル・デル・カスティー、徳間書店) 1998
  • 『恋する手紙』(マドレーヌ・シャプサル編、松本百合子共訳、扶桑社) 2000、のち改題『この世でいちばん美しい愛の手紙』(ソニー・マガジンズヴィレッジブックス)
  • 『子ども諸君』(ダニエル・ペナック、白水社) 2000
  • 『たったひとりの戦い』(アナイス・ヴォージュラード、徳間書店) 2000
  • 『殺人交叉点』(フレッド・カサック創元推理文庫) 2000
  • クリムゾン・リバー』(ジャン=クリストフ・グランジェ、創元推理文庫) 2001、のち改版 2018
  • 『オオカミと石のスープ』(アナイス・ヴォージュラード、徳間書店) 2001
  • 『ナイナイとしあわせの庭』(キティ・クローザー、徳間書店) 2002
  • 『散文売りの少女』(ダニエル・ペナック、白水社) 2002
  • 『こわがりのかえるぼうや』(キティ・クローザー、徳間書店) 2003
  • 『コウノトリの道』(ジャン=クリストフ・グランジェ、創元推理文庫) 2003
  • 『まっくろヒヨコ』(ラスカル、偕成社) 2003
  • 『蜘蛛の微笑』(ティエリー・ジョンケ、ハヤカワ・ミステリ文庫) 2004
  • 『碁を打つ女』(シャン・サ、早川書房) 2004
  • 『ピエロの赤い鼻』(ミシェル・カン、扶桑社) 2004
  • アズールとアスマール』(ミッシェル・オスロスタジオジブリ三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー) 2007
  • 『東京カオス』(アンヌ・ランバック、阪急コミュニケーションズ) 2007
  • 『死者の部屋』(フランク・ティリエ、新潮文庫) 2008
  • 『ムッシュ・マロセーヌ』(ダニエル・ペナック、白水社) 2008
  • 『にわにいるのは、だあれ? パパとミーヌ』(キティ・クローザー、徳間書店) 2008
  • 『騙し絵』(マルセル・F・ラントーム、創元推理文庫) 2009
  • 『水曜日の本屋さん』(シルヴィ・ネーマン、光村教育図書) 2009
  • 『バビロン・ベイビーズ』(モーリス・G・ダンテック、太田出版) 2009
  • 『ヴェルサイユの密謀』(クリスティーヌ・ケルデラン,エリック・メイエール、新潮文庫) 2010
  • 『いつか、きっと』(ティエリ・ルナン、光村教育図書) 2010
  • シャーロック・ホームズの誤謬 『バスカヴィル家の犬』再考』(ピエール・バイヤール、東京創元社) 2011
  • 『シンドロームE』(フランク・ティリエ、ハヤカワ文庫) 2011
  • 『私が、生きる肌』(ティエリー・ジョンケ、ハヤカワ・ミステリ文庫) 2012
  • 『シンデレラの罠』(セバスチアン・ジャプリゾ、創元推理文庫) 2012
  • 『フランス組曲』(イレーヌ・ネミロフスキー野崎歓共訳、白水社) 2012
  • オペラ座の怪人』(ガストン・ルルー光文社古典新訳文庫) 2013
  • 『GATACA』(フランク・ティリエ、ハヤカワ文庫) 2013
  • 『ことりのギリ』(マリオ・ラモ、光村教育図書) 2013
  • 『オマル 導きの惑星』(ロラン・ジュヌフォール、早川書房) 2014
  • 『オマル 2 (征服者たち)』(ロラン・ジュヌフォール、早川書房) 2014
  • 『かしこいウサギとはずかしがりやの大きな鳥』(パスカル・マレ文、デルフィーヌ・ジャコ絵、徳間書店) 2014
  • 『ホラー短編集 3 最初の舞踏会』(編訳、岩波少年文庫) 2014
  • 『彼女のいない飛行機』(ミシェル・ビュッシ、集英社文庫) 2015
  • 『新車のなかの女』(セバスチアン・ジャプリゾ、創元推理文庫) 2015
  • 『天国でまた会おう』(ピエール・ルメートル、早川書房) 2015、同時に文庫
  • 『モーパッサン 首飾り』(モーパッサン理論社、世界名作ショートストーリー) 2015
  • 『ロルドの恐怖劇場』(アンドレ・ド・ロルド、編訳、ちくま文庫) 2016
  • 『黒い睡蓮』(ミシェル・ビュッシ、集英社文庫) 2017
  • 『狩人の手』(グザヴィエ=マリ・ボノ、創元推理文庫) 2017
  • 『3つ数えて走りだせ』(エリック・ペッサン、あすなろ書房) 2017
  • 『炎の色』(ピエール・ルメートル、早川書房) 2018、同時に文庫
  • 地底旅行』(ジュール・ヴェルヌ岩波少年文庫) 2018
  • 『猫の楽園 ゾラショートセレクション』(エミール・ゾラヨシタケシンスケ絵、理論社、世界ショートセレクション) 2018
  • 『壁抜け男 エーメショートセレクション』(マルセル・エーメ、ヨシタケシンスケ絵、理論社、世界ショートセレクション) 2019

ポール・アルテ 編集

  • 『第四の扉』(ポール・アルテ早川書房) 2002、のちハヤカワ・ミステリ文庫 2018
  • 『死が招く』(ポール・アルテ、早川書房) 2003
  • 『赤い霧』(ポール・アルテ、早川書房) 2004
  • 『カーテンの陰の死』(ポール・アルテ、早川書房) 2005
  • 『赤髯王の呪い』(ポール・アルテ、早川書房) 2006
  • 『狂人の部屋』(ポール・アルテ、早川書房) 2007
  • 『七番目の仮説』(ポール・アルテ、早川書房) 2008
  • 『虎の首』(ポール・アルテ、早川書房) 2009
  • 『殺す手紙』(ポール・アルテ、早川書房) 2010
  • 『あやかしの裏通り』(ポール・アルテ、行舟文化) 2018
  • 『金時計』 (ポール・アルテ、行舟文化、名探偵「オーウェン・バーンズ」シリーズ) 2019

モーリス・ルブラン 編集

チェン・ジャンホン 編集

  • 『ウェン王子とトラ』(チェン・ジャンホン徳間書店) 2007
  • 『この世でいちばんすばらしい馬』(チェン・ジャンホン、徳間書店) 2008
  • 『ハスの花の精リアン』(チェン・ジャンホン、徳間書店) 2011
  • 『ロンと海からきた漁師』(チェンジャンホン作・絵、徳間書店) 2015
  • 『小さなサンと天の竜』(チェンジャンホン作・絵、徳間書店) 2016

脚注 編集

  1. ^ a b c d e 「日仏の翻訳者を囲んで」第12回「平岡 敦 氏を囲んで」”. www.mfj.gr.jp. 日仏会館・フランス国立日本研究所. 2022年5月5日閲覧。

参考文献 編集