メインメニューを開く

ピエール・ワイス(Pierre Weiss、1865年3月25日 - 1940年10月24日)は、フランスの物理学者

ピエール・ワイス
Pierre Weiss
ETH-BIB-Weiss, Pierre (1865-1940)-Portrait-Portr 01257.tif (cropped).jpg
生誕 1865年3月25日
ミュルーズ
死没 1940年10月24日
リヨン
国籍 フランスの旗 フランス
研究分野 物理学
研究機関 チューリヒ工科大学、ストラスブール大学
出身校 チューリヒ工科大学高等師範学校
主な業績 キュリー・ワイスの法則平均場近似
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

来歴編集

フランスのミュルーズで生まれた。チューリヒ工科大学高等師範学校を卒業後、チューリヒ工科大学ストラスブール大学で教鞭をとった。磁気に関する研究をしていて1907年にキュリー・ワイスの法則を導いた。1902年にチューリヒ工科大学教授、1918年にストラスブール大学物理学教授兼同大付属物理学研究所所長に就任した。

1940年10月24日にリヨンで死去した。

脚注編集

論文編集

著書編集

  • Weiss, Pierre, and Gabriel Foex. Le magnétisme. No. 71. A. Colin, 1926.