ピエール2世 (アランソン伯)

ピエール2世フランス語:Pierre II, 1340年 - 1404年9月20日)は、アランソン伯(在位:1361年 - 1040年)およびペルシュ伯(在位:1377年 - 1404年)。アランソン伯シャルル2世マリア・デ・ラ・セルダの息子[1]

ピエール2世
Pierre II
アランソン伯
ピエール2世の紋章
在位 1361年 - 1404年

出生 1340年
死去 1404年9月20日
ノルマンディー公領、アルジャンタン
配偶者 ボーモン=オー=メーヌ女子爵マリー・ド・シャマイヤール
子女 本文参照
家名 ヴァロワ=アランソン家
父親 アランソン伯シャルル2世
母親 マリア・デ・ラ・セルダ
テンプレートを表示

生涯 編集

ピエールは1350年に騎士に叙され、ポワティエの戦いの後にフランス王ジャン2世と交換された人質の一人となり、1370年にようやくフランスに帰国した[2]。ピエールは弟ロベールとともにイングランド軍と戦うためアキテーヌに遠征し、リモージュを占領したが、1371年にユソンで敗北を喫した。

1371年10月10日にボーモン=オー=メーヌ女子爵マリー・ド・シャマイヤールと結婚し[3]、以下の子女をもうけた。

  • マリー(1373年3月29日 - 1417年) - アルクール伯およびオマール伯ジャン7世と結婚[4]
  • ピエール(1374年 - 1375年)
  • ジャン(1375年 - 1376年)
  • マリー(1377年)
  • ジャンヌ(1378年 - 1403年 アルジャンタン)
  • カトリーヌ(1380年 - 1462年) - 1411年にアランソンでモルタン伯ピエール・デヴルーと結婚、1413年10月1日に上バイエルン=インゴルシュタットルートヴィヒ7世と再婚。
  • マルグリット(1383年 - 1400年以降) - アルジャンタンの修道女
  • ジャン1世(1385年 - 1415年)[1] - アランソン伯、のちアランソン公

その後、ピエールはブルターニュにおいてベルトラン・デュ・ゲクランの麾下で戦い、エンヌボンの手前で負傷した。

ピエールには庶子が1人いた。

  • ピエール(1422年1月以降没) - ”アランソンの私生児”

脚注 編集

  1. ^ a b Autrand 1994, p. 859.
  2. ^ Cosneau 1889, p. 48.
  3. ^ Potter 1995, p. 375.
  4. ^ Hirschbiegel 2014, p. 679.

参考文献 編集

  • Autrand, Francoise (1994) (French). Charles V: Le Sage. Fayard 
  • Cosneau, Eugène (1889) (French). Les grands traités de la guerre de cent ans. Alphonse Picard 
  • Hirschbiegel, Jan (2014) (German). Étrennes: Untersuchungen zum höfischen Geschenkverkehr im spätmittelalterlichen Frankreich zur Zeit König Karls VI. (1380–1422). De Gruyter 
  • Potter, David (1995). Keen, Maurice. ed. A History of France, 1460–1560: The Emergence of a Nation State. Macmillan 
先代
シャルル3世
アランソン伯
1361年 - 1404年
次代
ジャン1世
先代
ロベール
ペルシュ伯
1377年 - 1404年
次代
ジャン1世