メインメニューを開く

ピーター・コットンテール 幸せを運ぶウサギ

ピーター・コットンテール 幸せを運ぶウサギ』(Here Comes Peter Cottontail)は、1971年アメリカ合衆国ストップモーション・アニメーションテレビ映画。プリシラ&オットー・フリードリッヒによる1957年の小説『The Easter Bunny That Overslept』が原作である。原題はスティーヴ・ネルソン英語版ウォルター・E・ローリンズ英語版による有名なイースターソング『Here Comes Peter Cottontail』からとられている。「ピーター・コットンテール」という名は、ソーントン・バージェス英語版の絵本シリーズが元となっているが、本作はそのシリーズを直接の原作とはしていない。

ピーター・コットンテール
幸せを運ぶウサギ
Here Comes Peter Cottontail
監督 ジュールス・バス英語版
アーサー・ランキン・Jr
脚本 ロメオ・ミュラー英語版
製作 ジュールス・バス
アーサー・ランキン・Jr
出演者 ケイシー・ケイサム
ダニー・ケイ
ヴィンセント・プライス
音楽 ウォルター・E・ローリンズ英語版
モーリー・ローズ英語版
主題歌 スティーヴ・ネルソン英語版
ウォルター・E・ローリンズ英語版
製作会社 ランキン/バス・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ABC
公開 アメリカ合衆国の旗 1971年4月4日
上映時間 55分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
言語 英語
テンプレートを表示

初回はABCで放映された。2006年コンピュータアニメーションによる続編「Here Comes Peter Cottontail: The Movie」が製作された。

目次

ストーリー編集

エイプリルバレーのチーフ・イースター・バニー、すなわちリーダーのピーター・コットンテールに頼まれ、イースター・エッグ用のペンキを届けに来たセールスマンのシーモア・S・サッサフラスは、コットンテールがチーフ・イースターバニーになり損ねそうになった出来事について話し始める。

コットンテールがまだ見習いイースター・バニーだった頃、当時のチーフ・イースター・バニー ウェリントン・B・バニー大佐が高齢のため若い者に任せて引退することを考えていた。大佐は村のウサギの中で能力に可能性を感じるコットンテールが後継者として最適だと考え、彼を呼んでチーフ・イースター・バニーの心得を教える。一方、以前子ウサギにローラースケートで尻尾を轢かれ、鉄でできた尻尾に変えざるを得なくなったジャニュアリー・Q・アイアンテールは、復讐するためエイプリルバレーのチーフ・イースター・バニーになることを目論んでいた。アイアンテールはコットンテールが指名される直前にチーフ・イースター・バニーの候補として名乗り出て、イースターにイースター・エッグを多く配った方がチーフ・イースター・バニーになるという競争を始める。だがそれはアイアンテールの罠で、彼はずるをしてコットンテールを負かし、まんまとチーフ・イースター・バニーになる。それからはアイアンテールの圧政によりイースターは滅茶苦茶にされ、エイプリルバレーのウサギたちは不幸のどん底に突き落とされる。責任を感じたコットンテールは村を離れ、当てもなく歩き路上で寝てしまう。朝、彼が起きると目の前にサッサフラスという人物がおり、ここは人生の畑で彼がイースター・エッグ用ペンキの材料となる野菜を育てている場所だという。コットンテールの事情を聞いたサッサフラスは、過去にも未来にも行くことができるというタイムマシンもどきの彼の乗り物「イエスタモロー号」を見せ、フランス生まれでパイロットのいも虫 アントワーヌと共に過去に戻ってイースターをやり直せばいいと話す。

コットンテールはイースター・エッグを抱え、アントワーヌの操縦でイースターに戻ろうとする。しかしそれを覗き見していたアイアンテールは手下の蜘蛛をイエスタモロー号に飛ばし、わざと不具合が起こるよう仕向ける。そして操縦不能になったイエスタモロー号は、イースターではなく違う日に飛んで行くことになる。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

スタッフ編集

編集

  • Here Comes Peter Cottontail - シーモア・S・サッサフラス
  • The Easter Bunny Never Sleeps - ウェリントン・B・バニー大佐、コーラス
  • The Easter Bunny Always Sleeps (Irontail's reprise) - ジャニュアリー・Q・アイアンテール
  • If I Could Only Get Back to Yesterday - シーモア・S・サッサフラス、コーラス
  • When You Can't Get It All Together, Improvise - アントワーヌ、ピーター・コットンテール、コーラス
  • Be Mine Today - ピーター・コットンテール、ドナ、コーラス
  • In The Puzzle of Life - シーモア・S・サッサフラス、コーラス
  • Here Comes Peter Cottontail (reprise) - シーモア・S・サッサフラス、コーラス

外部リンク編集