根本泰彦

日本の男性声優

根本 泰彦(ねもと やすひこ、1958年1月6日[3] - )は、日本俳優声優演出家福島県出身[2]テアトル・エコー所属[2]

ねもと やすひこ
根本 泰彦
プロフィール
本名 根本 泰彦[1]
性別 男性
出身地 日本の旗 日本福島県[2]
生年月日 (1958-01-06) 1958年1月6日(66歳)
血液型 A型[3]
職業 俳優声優演出家
事務所 テアトル・エコー[2]
公称サイズ(時期不明)[3]
身長 / 体重 170[2] cm / 66 kg
スリーサイズ 92 - 79 - cm
俳優活動
活動期間 1984年 -
ジャンル 舞台
声優活動
活動期間 1980年代 -
ジャンル 吹き替えアニメ
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

略歴

編集

昔は「人前に出ることは本当に勘弁してください」という性格だったが、テレビの人形劇を見ることが好きで当時好きだった番組は『ひょっこりひょうたん島[4][3]

物を作ることが好きで手先も器用で、『ひょっこりひょうたん島』の人形の作成をしており、将来、人形師になることを考えていて子供も好きだったため、「人形劇団に入って子供が喜ぶ顔でも見て、そういう事が仕事になったらいいな」と夢を見る[4]

大学在学中は、児童文化研究会に所属、文化財パート(人形劇団)にて主に演出家として活動。

人数が少なかったため出演者側になり、やっているうちに「あれっ、実は嫌いじゃないかもしれない」と感じる[4]

その後、人形劇に熱中していくが、人形劇で後輩が入ると教える立場になり、「何も知らないで教えることは出来ないなあ」と思い、色々舞台を観始める[4]劇団俳優座のポスターを見つけて観に行って観ているうちに学校巡演で劇団青年座の初演の舞台『ブンナよ、木からおりてこい』を観て、「あんな風に生きてみたい」と舞台上の人に憧れる[4]

慶應義塾大学[1]中退[3]後、劇団青年座養成所夜間コース、お試しコース週3回・半年間の講座を経て[4]、1984年にテアトル・エコーに入団[2]

人物

編集

方言は福島弁[2]

主に吹き替えを中心に活動中。現在では、多くの海外ドラマ映画の吹き替えを演じている。特に、パトリック・デンプシーサイモン・ペッグを担当している。また、『ライアンを探せ!』を皮切りに、ディズニー映画の吹き替え版にも頻繁に出演している。

趣味は散歩[3]。手にカッターを発泡スチロールに向かって、仏師になり、それを特技にしている[3]

出演

編集

太字はメインキャラクター。

舞台

編集
  • シルビアの結婚
  • スニーカーをはいた王子様
  • ゾロ
  • チンプス
  • TUTENKAKU(通天閣)
  • ドアを開けると
  • 涙で頬は傷だらけ
  • 23階の笑い
  • LINK(リンク)

吹き替え

編集

担当俳優

編集
サイモン・ペッグ
パトリック・デンプシー

映画

編集

ドラマ

編集

アニメ

編集

テレビアニメ

編集
2000年
2008年
2009年
2010年
2012年
2017年

Webアニメ

編集

ゲーム

編集

特撮

編集

ナレーション

編集
  • 江戸の怪人たちより「義人傑人自由人」(ナレーション)
  • 宝島(リブジー)

ラジオドラマ

編集

その他

編集

出典

編集
  1. ^ a b 『日本タレント名鑑(2015年版)』VIPタイムズ社、2015年1月28日、291頁。ISBN 978-4-904674-06-2 
  2. ^ a b c d e f g 根本 泰彦”. テアトル・エコー. 2020年7月17日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 根本泰彦”. テアトル・エコー. 2017年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月26日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 楽屋訪問87 根本泰彦さんに開演直前インタビュー”. 鳴門市民劇場. 2022年12月13日閲覧。
  5. ^ GCHQ:英国サイバー諜報局 キャスト&スタッフ”. スターチャンネル. 2023年9月2日閲覧。
  6. ^ スローターハウス・ルールズ”. ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント. 2020年5月25日閲覧。
  7. ^ トム声優・森川智之ほか「ミッション:インポッシブル」最新作で続投!”. 映画.com. 2018年5月29日閲覧。
  8. ^ “『ミッション:インポッシブル』吹替版キャスト発表 広瀬アリスが5年ぶり続投、園崎未恵&津田健次郎は初参戦”. シネマトゥデイ. (2023年7月21日). https://www.cinematoday.jp/news/N0138112 2023年7月21日閲覧。 
  9. ^ インディ・ジョーンズと運命のダイヤル -日本語吹き替え版”. 吹替キングダム (2024年2月13日). 2024年2月17日閲覧。
  10. ^ クルエラ -日本語吹き替え版”. ふきカエル大作戦!! (2021年5月27日). 2021年8月24日閲覧。
  11. ^ GODZILLA ゴジラ”. ふきカエル大作戦!!. 2017年9月5日閲覧。
  12. ^ “ジョン・ウィック:パラベラム”. ふきカエル大作戦!!. (2020年2月19日). https://www.fukikaeru.com/?p=13136 2020年2月20日閲覧。 
  13. ^ ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生”. ふきカエル大作戦!! (2018年11月13日). 2018年11月13日閲覧。
  14. ^ ボーン・スプレマシー”. 日曜洋画劇場. 2016年7月22日閲覧。
  15. ^ ドクター・ストレンジ”. ふきカエル大作戦!!. 2017年9月1日閲覧。
  16. ^ エターナルズ -日本語吹き替え版”. ふきカエル大作戦!! (2021年11月5日). 2021年11月5日閲覧。
  17. ^ “ヴィンチェンツォ”. ふきカエル大作戦!!. (2021年6月8日). https://www.fukikaeru.com/?p=16020 2021年6月8日閲覧。 
  18. ^ “『ジョン・ウィック』前日譚ドラマ、新作映画と同日に配信決定!諏訪部順一、磯部勉ら日本版声優発表”. シネマトゥデイ. (2023年8月28日). https://www.cinematoday.jp/news/N0138705 2023年8月28日閲覧。 
  19. ^ マンハント:謎の連続爆弾魔ユナボマー”. スーパー!ドラマTV. 2021年3月24日閲覧。
  20. ^ 相関図”. ライアー 交錯する証言. WOWOW. 2020年3月31日閲覧。
  21. ^ Voice Cast”. 映画『整形水』公式サイト. 2021年9月23日閲覧。

外部リンク

編集