メインメニューを開く

来歴・人物編集

ロンドン出身。父親はナチスの迫害から逃れたユダヤドイツ人、母親はソビエトから逃れたカトリック教徒ポーランド人。9歳の時に父親が亡くなる。リーズ大学を卒業。

私生活では、1997年に結婚したオーストリア人のアンナ(愛称リラ)・シュヴァルツェンベルク(東欧の名家シュヴァルツェンベルク侯爵家出身)との間に3人の子供がおり、2006年の冬からウィーンで暮らしている。義父のカレル・シュヴァルツェンベルク侯はチェコの外務大臣を務めている。

テレビシリーズの脚本家としてキャリアをスタートさせる。2006年公開の『クィーン』と『ラストキング・オブ・スコットランド』で注目を集め、ゴールデングローブ賞英国アカデミー賞を受賞し、『クィーン』でアカデミー賞脚本賞にノミネートされた。

2006年には『フロスト/ニクソン』で初の劇作を手掛け、2008年にロン・ハワード監督により映画化され、2度目のアカデミー賞候補(脚色賞)となった。

主な作品編集

映画編集

テレビシリーズ編集

外部リンク編集