メインメニューを開く

全米映画批評家協会賞

全米映画批評家協会賞(ぜんべいえいがひひょうかきょうかいしょう、National Society of Film Critics Awards)は、全米映画批評家協会が与えている映画賞である。1966年から開催されている。毎年1月のはじめに授与される。アカデミー賞よりも風変りで野心的な作品を選ぶ傾向がある[1]

目次

部門編集

作品賞受賞作品編集

開催年 題名
原題
監督 製作国
1966年度 (第1回) 欲望
BLOW-UP
ミケランジェロ・アントニオーニ   イギリス  イタリア
1967年度 (第2回) 仮面/ペルソナ
Persona
イングマール・ベルイマン   スウェーデン
1968年度 (第3回) ベルイマン監督の 恥
Skammen
イングマール・ベルイマン   スウェーデン
1969年度 (第4回) Z
Z
コスタ・ガヴラス   フランス  アルジェリア
1970年度 (第5回) M★A★S★H マッシュ
M*A*S*H
ロバート・アルトマン   アメリカ合衆国
1971年度 (第6回) クレールの膝
Le genou de Claire
エリック・ロメール   フランス
1972年度 (第7回) ブルジョワジーの秘かな愉しみ
Le Charme discret de la bourgeoisie
ルイス・ブニュエル   フランス  イタリア  スペイン
1973年度 (第8回) 映画に愛をこめて アメリカの夜
La nuit américaine
フランソワ・トリュフォー   フランス  イタリア
1974年度 (第9回) ある結婚の風景
Scener ur ett äktenskap
イングマール・ベルイマン   スウェーデン
1975年度 (第10回) ナッシュビル
Nashville
ロバート・アルトマン   アメリカ合衆国
1976年度 (第11回) 大統領の陰謀
All the President's Men
アラン・J・パクラ   アメリカ合衆国
1977年度 (第12回) アニー・ホール
Annie Hall
ウディ・アレン   アメリカ合衆国
1978年度 (第13回) ハンカチのご用意を
Préparez vos mouchoirs
ベルトラン・ブリエ   フランス
1979年度 (第14回) ヤング・ゼネレーション
Breaking Away
ピーター・イエーツ   アメリカ合衆国
1980年度 (第15回) メルビンとハワード
Melvin and Howard
ジョナサン・デミ   アメリカ合衆国
1981年度 (第16回) アトランティック・シティ
Atlantic City
ルイ・マル   フランス  カナダ
1982年度 (第17回) トッツィー
Tootsie
シドニー・ポラック   アメリカ合衆国
1983年度 (第18回) サン★ロレンツォの夜
La notte di San Lorenzo
タヴィアーニ兄弟   イタリア
1984年度 (第19回) ストレンジャー・ザン・パラダイス
Stranger Than Paradise
ジム・ジャームッシュ   アメリカ合衆国
1985年度 (第20回) 黒澤明   日本
1986年度 (第21回) ブルーベルベット
Blue Velvet
デヴィッド・リンチ   アメリカ合衆国
1987年度 (第22回) ザ・デッド/「ダブリン市民」より
The Dead
ジョン・ヒューストン   アメリカ合衆国
1988年度 (第23回) 存在の耐えられない軽さ
The Unbearable Lightness of Being
フィリップ・カウフマン   アメリカ合衆国
1989年度 (第24回) ドラッグストア・カウボーイ
Drugstore Cowboy
ガス・ヴァン・サント   アメリカ合衆国
1990年度 (第25回) グッドフェローズ
Goodfellas
マーティン・スコセッシ   アメリカ合衆国
1991年度 (第26回) ライフ・イズ・スイート
Life Is Sweet
マイク・リー   イギリス
1992年度 (第27回) 許されざる者
Unforgiven
クリント・イーストウッド   アメリカ合衆国
1993年度 (第28回) シンドラーのリスト
Schindler's List
スティーヴン・スピルバーグ   アメリカ合衆国
1994年度 (第29回) パルプ・フィクション
Pupl Fiction
クエンティン・タランティーノ   アメリカ合衆国
1995年度 (第30回) ベイブ
Babe
クリス・ヌーナン   オーストラリア
1996年度 (第31回) 奇跡の海
Breaking the Waves
ラース・フォン・トリアー   デンマーク  スウェーデン  フランス
1997年度 (第32回) L.A.コンフィデンシャル
L.A. Confidential
カーティス・ハンソン   アメリカ合衆国
1998年度 (第33回) アウト・オブ・サイト
Out Of Sight
スティーヴン・ソダーバーグ   アメリカ合衆国
1999年度 (第34回) マルコヴィッチの穴
Being John Malkovich
スパイク・ジョーンズ   アメリカ合衆国
トプシー・ターヴィー
Topsy-Turvy
マイク・リー   イギリス
2000年度 (第35回) ヤンヤン 夏の想い出
一一
エドワード・ヤン   台湾  日本
2001年度 (第36回) マルホランド・ドライブ
Mulholland Dr.
デヴィッド・リンチ   アメリカ合衆国
2002年度 (第37回) 戦場のピアニスト
The Pianist
ロマン・ポランスキー   フランス  ドイツ  ポーランド  イギリス
2003年度 (第38回) アメリカン・スプレンダー
American Splendor
シャリ・スプリンガー・バーマン
ロバート・プルチーニ
  アメリカ合衆国
2004年度 (第39回) ミリオンダラー・ベイビー
Million Dollar Baby
クリント・イーストウッド   アメリカ合衆国
2005年度 (第40回) カポーティ
Capote
ベネット・ミラー   アメリカ合衆国
2006年度 (第41回) パンズ・ラビリンス
El laberinto del fauno
ギレルモ・デル・トロ   メキシコ  スペイン  アメリカ合衆国
2007年度 (第42回) ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
There Will Be Blood
ポール・トーマス・アンダーソン   アメリカ合衆国
2008年度 (第43回 戦場でワルツを
Vals Im Bashir
アリ・フォルマン   イスラエル  ドイツ  フランス
2009年度 (第44回 ハート・ロッカー
The Hurt Locker
キャスリン・ビグロー   アメリカ合衆国
2010年度 (第45回 ソーシャル・ネットワーク
The Social Network
デヴィッド・フィンチャー   アメリカ合衆国
2011年度 (第46回 メランコリア
Melancholia
ラース・フォン・トリアー   デンマーク
2012年度 (第47回 愛、アムール
Amour
ミヒャエル・ハネケ   ドイツ  フランス  オーストリア
2013年度 (第48回 インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
Inside Llewyn Davis
コーエン兄弟   アメリカ合衆国
2014年度 (第49回 さらば、愛の言葉よ
Adieu au Langage
ジャン=リュック・ゴダール   フランス
2015年度 (第50回 スポットライト 世紀のスクープ
Spotlight
トム・マッカーシー   アメリカ合衆国
2016年度 (第51回 ムーンライト[2]
Moonlight
バリー・ジェンキンス   アメリカ合衆国
2017年度 (第52回 レディ・バード
Lady Bird
グレタ・ガーウィグ   アメリカ合衆国

脚注編集

  1. ^ Brooks, Xan (2010年1月4日). “US film critics laud The Hurt Locker”. The Guardian. 2014年3月23日閲覧。
  2. ^ “全米映画批評家協会賞は「ムーンライト」が作品賞&監督賞含む4冠”. 映画.com. (2017年1月10日). http://eiga.com/news/20170110/14/ 2017年1月12日閲覧。 

外部リンク編集