メインメニューを開く
ファウストボールの試合

ファウストボール: Faustball: Fistball)は、ドイツにおいて成熟した球技。「第二のオリンピック」と言われるワールドゲームズの公式競技である。5人の選手と、最大5人の控え選手の2チームで、ネット越しにボールを打ち合う。Faustとは、ドイツ語で「拳」を意味し[1]、英語圏ではフィストボールとも呼称される。男女別の世界ファウストボール選手権大会(一般、U-18)や、アジアパシフィックファウストボール選手権大会が開催されている。

歴史編集

ファウストボールというゲームがいつ始められたかは、はっきりとは分かっていない。しかし、その起源はヨーロッパの南部、おそらくイタリアにあると考えられている。紀元前3世紀の記録書には、拳で革のボールを打つゲームの発想の記載があり、恐らくファウストボールは世界で最も古いスポーツの一つである。240年に、ローマ皇帝ゴーディアンによって、このボールスポーツの試合の最初の記録が行われている。ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテも、彼の旅行記「イタリア紀行」にて、このスポーツについて言及している。

ゲオルグ・ウェーバーが、1870年にドイツにファウストボールを導入した。初期には主に体操選手によって行われ、1885年には ドレスデンにおいてのドイツ体操祭で初めてゲームが行われた。1894年にはウェーバーは、まだ現在のルールとは大きく異なるものの、ファウストボールをより競争力のあるスポーツにした。この間、ファウストボールはドイツ近隣諸国に広がり、また南米や西アフリカなどにおいても、ドイツの移民が普及した。1913年には、ドイツで初のドイツ選手権が行われた。体操からは離れ、1927年にはドイツで組織化されたファウストボールに、約12000のチームが参加した。ファウストボールの急速な普及とスキルの向上により、ルールは変更され、ゲームはよりダイナミックになった。

一方、日本でのファウストボールの歴史はまだ浅い。1997年8月に行われたワールドゲームズ・ラハティ大会で、JWGA(日本ワールドゲームズ協会)の有志がこの競技を目撃し、日本に伝えた。同年末に秋田県ファウストボール協会が設立され、翌1998年に日本ファウストボール協会と改称、国際スポーツ連盟にも加盟した。同協会は、1998年の第2回女子ファウストボール競技・世界選手権大会(オーストラリア)に日本代表視察団を派遣した。1999年の第10回男子ファウストボール世界選手権大会(スイス・オルテア)に初めて日本代表選手団を派遣した。2001年の第6回ワールドゲームズ(秋田市)では男子競技5位の成績を収めた。

ルール編集

ゲーム概要編集

ファウストボールは、2つのチームがバレーボールのように2つのハーフコートで対面するゲームである。中心線と網目状のネットが中央を区切っている。プレーヤーやボールが、ネットやネット両側の柱(ポスト)に触れると、ファールとなる。各チームは5人の選手で構成され、腕や拳でボールを打つ。

ボールタッチ編集

ボールは、プレーヤーがタッチする前にワンバウンドすることは許される。ツーバウンドすることはファールとなる。そして、1ターンにつき最大3人の異なるプレーヤーがボールにタッチすることができ、多くとも3人目のプレーヤーがボールを相手コートに返さなくてはならない。

ボールは腕や拳で打つ。すなわち手を開いて打つことや、腕以外の部分で打つことはファールである。

得点のカウント編集

一方のチームがファールをした場合、もう一方のチームの得点となる。ファールをしたチームがサーブ権を得る。1セットは11点先取制である。10点対10点となった場合には、一方のチームが2点をリードするか、または15点に達するまで延長される(15点対14点で終了できる)。勝利のために必要なセット数は、大会によって異なる。第1回ファウストボール・ブンデスリーガでは、5セット先取制であった。第2回ファウストボール・ブンデスリーガでは、3セット先取制であった。

ファール編集

以下のファールを犯すと、反対チームに得点が入る。

  • ボールまたはプレーヤーが、ネットまたはポストに触れる。
  • ボールがコート外で接地する。
  • ボールがツーバウンドする。
  • ボールが、ネットの下を横切って相手フィールドに入る。
  • チームの3人以上のプレーヤーがターン中にボールに触れる(3人目のプレーヤーは、反対側のハーフフィールドにボールを入れなくてはならない)。
  • 同一のプレーヤ―が、ターン内に2回ボールに触れる。複数回のボールタッチがある場合は、それぞれのプレーヤーが異なる必要がある。
  • サーバーが、サーブラインに触れるか、それを超える。
  • ボールが、上腕または前腕または拳以外の身体に触れる。また、手掌でボールに触れる。

ファウストボールコート編集

ファウストボールでは、コートサイズは50m×20m(ハーフコートあたり25m×20m)に設定されている。屋内の場合、40m×20mの小さめのコート(ハーフコートあたり20m×20m)となる。これはハンドボール場の通常のサイズに対応するので、通常は既存の外線が使用される。サービスラインは中心線から3mである。線はコート内に属し、ボールのオンラインはファールではない。

コートを分けるネットは、網状の赤色と白色のリボンである。2本のポストの間に張られ、その上端の高さは2m(男性)または1.90m(女性)である。U-12での高さは1.60mで、U-14での高さは1.80mとなっている。競技場には屋外エリア(後方8m、側面6m)が含まれているが、屋内ではその限りではない。

世界選手権歴代開催地と優勝国編集

男子編集

開催地 開催国 優勝
1 1968 リンツ   オーストリア   西ドイツ
2 1972 シュヴァインフルト   ドイツ   西ドイツ
3 1976 ノヴォ・アンブルゴ   ブラジル   西ドイツ
4 1979 ザンクト・ガレン   スイス   西ドイツ
5 1982 ハノーバー   ドイツ   西ドイツ
6 1986 ブエノスアイレス   アルゼンチン   西ドイツ
7 1990 フェクラブルック   オーストリア   西ドイツ
8 1992 ジャンキーウェ   チリ   ドイツ
9 1995 ウィントフック   ナミビア   ドイツ
10 1999 オルテア   スイス   ブラジル
11 2003 ポルトアレグレ   ブラジル   ブラジル
12 2007 オルデンブルグ   ドイツ   オーストリア
13 2011 パッシング   オーストリア   ドイツ
14 2015 コルドバ   アルゼンチン   ドイツ
15 2019 ヴィンタートゥール   スイス   ドイツ
16 2023 マンハイム   ドイツ

女子編集

開催地 開催国 優勝
1 1994 ブエノスアイレス   アルゼンチン   ドイツ
2 1998 フィラッハ/リンツ   オーストリア   ドイツ
3 2002 クリチバ   ブラジル   スイス
4 2006 ヨーナ   スイス   ドイツ
5 2010 サンティアゴ   チリ   ブラジル
6 2014 ドレスデン   ドイツ   ドイツ
7 2016 クリチバ   ブラジル   ドイツ
8 2018 リンツ   オーストリア   ドイツ
9 2020 ジャンキーウェ   チリ

アジアパシフィックファウストボール選手権歴代開催地と優勝国編集

男子編集

開催地 開催国 優勝
1 2014 ラホール   パキスタン   パキスタン
2 2018 メルボルン   オーストラリア   ニュージーランド

女子編集

開催地 開催国 優勝
1 2018 メルボルン   オーストラリア   ニュージーランド

ワールドゲームズ開催地と優勝国編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集