メインメニューを開く
ファレメ川(セネガル東部、Toumboura村付近)

ファレメ川(Falémé River)は、西アフリカの河川。ギニア北部の水源から北北東に流れ、ギニアとセネガルの国境を短い間流れたのちマリに入り、北に流れを転じてマリとセネガルの国境を流れ、セネガル東部のバケルの街の50㎞上流でセネガル川に流入する。

ファレメ川の長さは約650kmで、流域面積は28,900 km2である。この川の源流はギニアのフータ・ジャロン山地の北部、標高約800mの地点である[1]。この山地の降雨の大部分は西アフリカ・モンスーンによって5月から10月にもたらされ、なかでも8月に最も多くなる。そのためこの川の流れは非常に季節的なもので、9月に流量が最大となり、12月から6月にかけてはほとんど流れない。1904年から1984年にかけての年間平均河川流量は6.59 km3である[2]

ファレメ川の源流近くのセネガル領内には、鉄鉱石の鉱脈が存在する。近年、マリ国境に近いセネガルのDiabougou村で鉱が発見され、ゴールドラッシュが巻き起こった[3]

脚注編集