メインメニューを開く
アラスカクロンダイク・ゴールドラッシュにて、盆を使って選鉱するサワードウ(熟練金探求者)

ゴールドラッシュ英語: gold rush)とは、新しくが発見された地へ、金脈を探し当てて一攫千金を狙う採掘者が殺到することである。狭義では、1848年ごろにアメリカ合衆国カリフォルニア州で起きたカリフォルニア・ゴールドラッシュを指す。

一連のゴールドラッシュは世界のマネーサプライを急増させた。フランス銀行の発券高は1850年の4億5千万フランから1870年に15億5千万フランとなった。プロイセン銀行の方は1850年に1837万ターラーだったのが1870年には1億6326ターラーに達した。金準備の増加は中央銀行の再割引も促進した。イングランド銀行の場合、1847年10月の830万ポンドが1852年の第3・4半期平均で2180万ポンドに増えた。フランス銀行の場合は増加率が5倍近く、1847年の1億2260万フランから1852年の5億8480万フランにまで膨れた。

転じて、金に投機が集中すること、または比喩的に何らかの投機的なものに人気が殺到することも指す。

各地のゴールドラッシュ編集

オーストラリア編集

オーストラリアでのゴールドラッシュは、19世紀後半に複数回発生している。著名なものとしては1851年に発生したニューサウスウェールズ州ビクトリア州のもの[1]、1890年代の西オーストラリア州のものが上げられる[2][3]

ニュージーランド編集

ニュージーランドでは、1861年にオタゴ地方でゴールドラッシュが発生した[4]。1864年には、ウェスト・コースト地方でも発生している[5]

カナダ編集

カナダでは、1896年にクロンダイク地方でゴールドラッシュが発生した。

アメリカ合衆国編集

 
カリフォルニア・ゴールドラッシュ当時の採鉱者を運ぶ船の宣伝

アメリカ合衆国では、1799年にノースカロライナ州カバラス郡にある後のリード金鉱英語版で発生したものが最初のゴールドラッシュとされている[6]。30年後にはジョージア州でも発生、1848年には特に有名なカリフォルニア・ゴールドラッシュがこれに続いた。その後、アラスカ州で数回のゴールドラッシュ(ノームフェアバンクス)が発生している。

チリ編集

チリのティエラ・デル・フエゴでは、1883年からゴールドラッシュが発生しているが、1884年にビルヘネス岬で座礁したフランスの蒸気船アークティキ(Arctique)の救助に向かった部隊が、付近で金を発見した事によるとされることもある[7]

ブラジル編集

1690年のブラジル・ゴールドラッシュ英語版[8]アマゾン奥地に多くの採掘人(ガリンペイロ)が流入、2000年代以降も奥地の金鉱では一攫千金を夢見て過酷な生活・労働環境下で働く金鉱採掘人がいる[9]。詳しくはGarimpoを参照。

南アフリカ共和国編集

南アフリカ共和国では、1886年当時トランスヴァール共和国であったウィットウォーターズランドで金鉱が発生された。

その後1899年に、国内でダイヤモンドが見つかっていた当時のオレンジ自由国と同盟を組み

イギリス帝国(ケープ植民地)側と戦うボーア戦争へ向かった。

当時最新の方法であったマッカーサー=フォレスト法が、低品位金鉱石からの抽出に利用されていた[10]

出典編集

  1. ^ Wendy Lewis、Simon Balderstone、John Bowan (2006). Events That Shaped Australia. New Holland. ISBN 978-1-74110-492-9. 
  2. ^ The Rush for Gold”. 西オーストラリア博物館. 2019年3月8日閲覧。
  3. ^ WA's golden history”. Gold Industry Group (2017年4月13日). 2019年3月8日閲覧。
  4. ^ First major gold rush in Otago 23 May 1861”. ニュージーランド文化・遺産省. 2019年3月8日閲覧。
  5. ^ Carl Walrond (2006年6月2日). “4. West Coast”. Te Ara Encyclopedia of New Zealand. ニュージーランド政府. 2019年3月4日閲覧。
  6. ^ Rebecca Lewis. “The North Carolina Gold Rush”. Tar Heel Junior Historian 45, no. 2 (Spring 2006). ノースカロライナ歴史博物館. 2018年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月3日閲覧。
  7. ^ Martinic Beros, Mateo. Crónica de las Tierras del Canal Beagle. 1973. Editorial Francisco de Aguirre S.A. Pp. 55–65
  8. ^ “Gold rush”. ブリタニカ百科事典. (2008). http://www.britannica.com/eb/topic-237388/gold-rush 2008年8月31日閲覧。. 
  9. ^ “NHKスペシャル 大アマゾン最後の秘境・第2集「ガリンペイロ 黄金を求める男たち」”. NHK. (2016年5月8日). http://www.nhk.or.jp/special/amazon/series2/column/02.html 
  10. ^ Micheloud, François (2004年). “The Crime of 1873: Gold Inflation this time”. FX Micheloud Monetary History. François Micheloud: www.micheloud.com. 2006年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月4日閲覧。

関連項目編集