フィリップ・ハレ

彫版職人、出版人

フィリップス・ハレ[1]またはフィリップ・ハレ[2]オランダ語: Philip Galle、名は Philip、Philippe、Philips、 Filipなど様々な綴りが用いられる。 1537年 - 1612年3月)は、フランドル版画家出版人著作家

 フィリップ・ハレ
Philip Galle
1577 Philip Galle door Goltzius.jpg
ヘンドリック・ホルツィウス
「フィリップ・ハレの肖像」、1577年
原語名Philips Galle, Philip Galle
生誕1537年
ハールレム
死没1612年3月
アントウェルペン

略歴編集

ハールレム出身[3]。著述家で版画家のディルク・フォルケルツゾーン・コールンヘルト(Dirck Volkertsz. Coornhert: 1522–1590)の学生であったとされる。1557年からアントウェルペンの版画家、出版業者のヒエロニムス・コックの出版社から版画を出版するようになった後、1563年から自ら出版を手掛けるようになった。1570年にヒエロニムス・コックが亡くなった後、コックの未亡人が出版業を続けたが出版のペースは衰え、ハレの出版社が、ネーデルランドを代表する出版社に発展することになった。ピーテル・ブリューゲルマールテン・ファン・ヘームスケルクフランス・フロリスヤン・ファン・デル・ストラートといった画家の複製版画を出版した。

美術作品だけでなく、廉価版の地図やイタリアの数学者ァブリツィオ・モルデンテの著書も出版した。

息子のコルネリス(Cornelis Galle I: 1576–1650)も版画家になり、父親の工房を継いだ。孫のコルネリス(Cornelis Galle II: 1615-1678) も出版の仕事をした。

ハレの工房で働いた画家には、ヘンドリック・ホルツィウスやジャン・バティスト・バルベらがいた。

作品編集

脚注編集

[脚注の使い方]