メインメニューを開く

フェアリーブリッジ (Fairy Bridge) はアメリカ合衆国で生産されたサラブレッドである。母スペシャル繁殖牝馬として活躍した。半弟ヌレイエフ、近親にエルコンドルパサーなどがいる。

フェアリーブリッジ
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1975年
死没 1991年
Bold Reason
Special
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Claiborne Farm
競走成績
生涯成績 2戦2勝
テンプレートを表示

競走馬時代編集

アイルランドで走り2戦2勝であるが、重賞での実績はない。

繁殖牝馬時代編集

繁殖牝馬として活動し始めたフェアリーブリッジは、競走馬時代を遥かに越える影響を競馬界に与えることになった。

競走馬の母として編集

サドラーズウェルズがイギリス・アイルランドでG1を計3勝、全弟テートギャラリー (Tate Gallery) もナショナルステークスを勝ち、2頭の産駒がG1を制した。

種牡馬の母として編集

サドラーズウェルズがイギリス・アイルランドのリーディングサイアーを合計14回獲得した。またサドラーズウェルズの全弟フェアリーキングフランスリーディングサイアーを獲得する活躍をした。さらにペルジノ (Perugino) もオーストラリアで活躍馬を送り出している。サドラーズウェルズ、フェアリーキングともに、後継種牡馬に恵まれており、さらにサドラーズウェルズはイギリス・アメリカでリーディングブルードメアサイアーも獲得するほどの成功を収めた。かくしてフェアリーブリッジの血脈は世界中に広がっていった。

日本への影響編集

日本へ輸入が決まっていたテートギャラリーは、輸送中に急死してしまい、リースされたペルジノも活躍馬は送り出せなかった。またサドラーズウェルズも日本での直子の活躍はサージュウェルズが唯一の重賞優勝であり、国内GIを制覇する産駒を出せたのはフェアリーキングただ1頭だけだった。しかし、サドラーズウェルズはブルードメアサイアーとして、フサイチコンコルドエルコンドルパサーなど、多数の活躍馬を輩出しており、またフサイチコンコルド、エルコンドルパサーともに種牡馬としても活躍馬を出すなど、代を経てフェアリーブリッジの影響は増している。 サドラーズウェルズの直系としては、オペラハウスから、テイエムオペラオーメイショウサムソンが出た。

血統表編集

フェアリーブリッジ血統ヘイルトゥリーズン系) (血統表の出典)

Bold Reason
1968 鹿毛
父の父
Hail to Reason
Turn-to Royal Charger
Source Sucree
Nothirdchance Blue Swords
Galla Colors
父の母
Lalun
Djeddah Djebel
Djezima
Be Faithful Bimelech
Boodroot

Special
1969 鹿毛
Forli Aristophanes Hyperion
Commotion
Trevisa Advocate
Veneta
母の母
Thong
Nantallah Nasrullah
Shimmer
Rough Shod Gold Bridge
Dalmary F-No.5-H


外部リンク編集