フェリカ建築&デザイン専門学校

フェリカ建築&デザイン専門学校( - けんちくアンド - せんもんがっこう)は、群馬県前橋市南町2-38-2に所在する建築インテリア分野を専門に教授する日本の専修学校専門学校)である。文部科学省認定 職業実践課程設置校 国土交通省 建築士資格受験短縮認定校

フェリカ建築&デザイン専門学校 群馬県前橋市

■ 建築には4年制と2年制が設置されている。

○ 4年制の建築設計工学科 目標資格 一級建築士・一級施工管理技士

授業に実施住宅の設計を取り入れた全国で唯一の科である。実際に現存する土地に住宅をプラン、学生間にて討議、教授も入った講評会を数回行い当該年度の基本プランとする。その後軸組模型を製作したり教授から様々な考え方やディティールなどの教授指導を受けながら確認申請を作成し一級建築士の教授名で建築指導課に確認申請を提出し審査を受ける。実施設計図を約60枚程度描く。工事業者との打ち合わせ、現場の監理等ほぼ社会における一級建築士事務所と同様な体験履修を行う全国唯一の実践型教育を推進する専門学校である。

就職先 建築設計事務所・建設会社・ハウスメーカー・官公庁・工務店等

○ 2年制の建築科は建築科設計コースと現場監督コースがある。目標資格 一級建築士・二級建築士・一級施工管理技士

建築科設計コースは2年制の限られた時間の中で住宅、集合住宅、を中心に設計に必要なノウハウを学ぶコースである。

就職先 建築設計事務所・建設会社・ハウスメーカー・工務店等

建築科現場監督コースは一連の建築基礎を学びながら現場見学や測量器具などを使った実習授業を行い即戦力として活躍する人材の育成を目指している。

就職先 建設会社・ハウスメーカー・工務店等

■ インテリアには3年制と2年制を設置。 目標資格 一級建築士・二級建築士・インテリアプランナー・インテリアコーディネーター・商業施設士

○ 3年制のインテリア設計科空間デザインコース

インテリアと建築とを半々に学習するコースである。インテリの知識としてインテリア計画は勿論の事、マテリアル(床・壁・天井)、照明、家具、ウィンドートリートメントを深く学ぶ。建築的には住宅と店舗の設計に力を入れたカリキュラムになっている。

就職先 建築設計事務所・建築デザイン事務所・建設会社・ハウスメーカー・工務店等

○ インテリア設計インテリアコーディネーターコース  目標資格 二級建築士・インテリアコーディネーター

インテリアの知識と感性の育成に主を置いた教育を行っている。マテリアル(床・壁・天井)、照明、家具、ウィンドートリートメントを深く学ぶ。

就職先 建設会社・ハウスメーカー・工務店等

概要編集

1980年インテリアコーディネーター育成を目的とした学校「フェリカハウジングアカデミー」を現在理事長の仲川孝道がが創立。リカレントの先駆けとして建築を学びたい20歳以上の学生を募集し開校した。1983年、校名をフェリカテクニカルアカデミーに改称。仲川孝道が水上温泉の大穴地区に東京都の大規模会社の別荘の依頼を受け、設計・建設工事監理を行い完成させる。その際、群馬に2週間に一度の割合で訪県する。群馬県に建築の学校が無いことで群馬県に建築の学校を創立する事を決意。1989年、フェリカテクニカルアカデミー前橋校を現在の所在地である群馬県前橋市に設立。1996年学校法人としてフェリカ学園設立。同時にフェリカ建築&デザイン専門学校を設置する。
建築系の2学科、インテリア系の2学科、に加え、労働局からの依頼を受け求職者支援訓練を15年に渡り継続している。
建築インテリアに関する資格取得にも力を入れているが、それ以上に実践で活きる知識・技術の取得が重要であるというコンセプトを基に日々の教育が行われる。建築設計工学科(4年制)の3.4年次のカリキュラム、「応用実践課程」では、設計事務所さながらの実施設計を行っていることが大きな特徴といえる。

所在地編集

群馬県前橋市南町2-38-2 027-223-2100      

アクセス編集

開設学科編集

建築系編集

インテリア系編集

修了者に与えられる称号編集

取得可能な資格検定編集

試験資格が短縮される資格編集

在学中に受験可能な資格・検定編集

レジャーハウスFUTUROが設置編集

フィンランド建築家マッティ・スーロネン設計によるUFO型のレジャーハウス「FUTURO(フトゥロ)」が学内に設置してある。 世界中で存在が確認されているFUTUROはわずか18軒で、日本に向けて輸出されたのは2軒、そのうち原型をとどめて存在するのがこの群馬県前橋市のフェリカ建築&デザイン専門学校に設置してある「FUTURO」のみである。 建築インテリアの新しい可能性を追求し、学生の未来を照らしだすフェリカ建築&デザイン専門学校のシンボルとして存在している。

関連項目編集

外部リンク編集