メインメニューを開く
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はカルデロン第二姓(母方の)はイノホーサです。

フェリーペ・デ・ヘスス・カルデロン・イノホーサスペイン語: Felipe de Jesús Calderón Hinojosa, 1962年8月18日 - )は、メキシコ政治家。同国大統領(第56代)、国民行動党党首などを歴任した。

フェリペ・カルデロン
Felipe de Jesús Calderón Hinojosa
Felipe Calderon 20090130.jpg
ダボスで開催された世界経済フォーラム年次総会にて2009年1月30日

任期 2006年12月1日2012年11月30日

出生 (1962-08-18) 1962年8月18日(57歳)
モレリアミチョアカン
政党 国民行動党(PAN)
配偶者 マルガリータ・サバーラ

2006年7月2日の大統領選挙において、ライバルである民主革命党アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドールを激戦の末に微妙な票差で破り、同年12月1日より大統領に就任した。

メキシコ麻薬戦争の遂行編集

2006年に就任以来、アメリカ合衆国の捜査当局と協調しながら、麻薬の密造・密輸組織(カルテル)の撲滅に全力を挙げている。密輸組織側は、強硬姿勢に対し実力行使で反撃しており、2007年以降数千人の死者を出す状態となっている[1]。 大統領側も行政や警察組織を総動員し、密売組織からの恐喝癒着により行政機能しない場合には、警察幹部や州知事すらも逮捕するという不退転の姿勢で臨み、軍隊の投入も各都市で行われている[2]。アメリカとの共同作戦だけでも、2009年2月までに麻薬組織の幹部級を含めた約750人を逮捕、マネーロンダリングを試みた現金約5900万ドル、コカイン1万2000キロ、覚醒剤544キロ、MDMA130万錠などが押収されるという成果を収める一方[3]、軍や警察官の殺害が相次ぐほか、2009年8月には大統領暗殺計画が発覚[4]するなど自らの命を危険にさらす大きな代償も払っている。

脚注編集

関連項目編集