フェルディナント・アルブレヒト2世 (ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公)

フェルディナント・アルブレヒト2世ドイツ語: Ferdinand Albrecht II., 1680年5月29日 - 1735年9月2日)は、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公の一人で、ベーヴェルン公(在位:1687年 - 1735年)。オーストリアの軍人として活躍し、最晩年の1735年にヴォルフェンビュッテル侯になった。

フェルディナント・アルブレヒト2世
Ferdinand Albrecht II.
ブラウンシュヴァイク=リューネブルク
Ferdinand Albrecht II Braunschweig.jpg
在位 1687年 - 1735年

出生 (1680-05-29) 1680年5月29日
死去 (1735-09-02) 1735年9月2日(55歳没)
配偶者 アントイネッテ・アマーリエ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル
子女 一覧参照
家名 ブラウンシュヴァイク=ベーヴェルン家
父親 ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル=ベーヴェルン公フェルディナント・アルブレヒト1世
母親 クリスティーネ・フォン・ヘッセン=エシュヴェーゲ
テンプレートを表示

生涯編集

ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル=ベーヴェルン公フェルディナント・アルブレヒト1世の四男として生まれた。

スペイン継承戦争では神聖ローマ皇帝レオポルト1世側に就いて戦った。1704年に皇帝の副官に任じられ、1707年には少将に、1711年には准元帥となった。1716年から1718年の対オスマン帝国戦争では、オイゲン公の下でベオグラード包囲戦ペーターヴァルダインの戦いに参戦し、コマールノ(現スロバキアの町)の要塞の司令官を務めた。1733年には元帥となった。

従兄で舅でもあるルートヴィヒ・ルドルフが1735年3月に死去すると、フェルディナント・アルブレヒトはヴォルフェンビュッテル公国を相続し、元帥の職を辞したが、6か月後に自身も死去、ヴォルフェンビュッテルは長男のカール1世が、ベーヴェルンは弟のエルンスト・フェルディナントが相続した。

子女編集

1712年に、従兄であるブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公ルートヴィヒ・ルドルフの娘アントイネッテ・アマーリエと結婚した。2人の間の子供は次の通り。

爵位・家督
先代:
フェルディナント・アルブレヒト1世
ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル=ベーヴェルン公
1687年 - 1735年
次代:
エルンスト・フェルディナント
先代:
ルートヴィヒ・ルドルフ
ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル侯
1735年
次代:
カール1世